SCANDAL

HEADLINE

ベッキー騒動の余波!?布袋を略奪した今井美樹の卑劣な嫌がらせが話題に

デビュー30周年という節目の昨年、9年ぶりに2回目の紅白出場を果たした今井美樹。そのリハーサルから本番の間、夫でギタリストの布袋寅泰が見守っていたことも微笑ましいエピソードとして報じられた。

sc20160223-1

しかし、なぜかここにきて今井の周辺がざわついている。理由は、過去に今井が行った前妻への卑劣な嫌がらせが、ネット上で再び掘り起こされたからだ。

sc20160223-2取り沙汰されているのは、布袋の元妻でミュージシャンの山下久美子の著書「ある愛の詩」(幻冬舎)の中に書かれている記述。

著書によれば、今井は当時夫婦だった布袋と山下が住んでいた家に電話をし「布袋さんまだ来ないのですが…あ、今来ましたガチャ」と電話を掛けたり、離婚届が入った封筒がポストに投函されていた、といった内容だ。

これに対しネット上では

「いや~ビックリ! 全然知らなかったです。最低な人間~。もう2度と曲を聴きたくない」
「歌が大好きだったから、なんかガッカリ」
「友達のふりをして近づいて虎視眈々と略奪‥‥恐ろしい」
「CM降板してほしい。ベッキーよりタチ悪い」
「これだけ略奪だと知られているのに、CMとかにも起用されてるんだね」
「よくよく読んで考えたらベッキーより酷い気がします」
「略奪婚した後も芸能活動して、CM出て、恥ずかしくないんだろうか」
「仮に不倫されてもその程度。ベッキー並みに叩かれればよかったのに当時はネット社会じゃなかったから残念」
「今井美樹、前に『出会いの形は関係ない』とかテレビで力説してまわりをドン引きさせてた 」
「昔はなにもしらず『プライド』を普通に良い曲だと思ってた・・・」

など厳しい意見が殺到した。しかし、今井と布袋の結婚は17年も前のこと。それがなぜ再浮上したのか?

芸能ジャーナリストは「ベッキー騒動の余波」という。

「ネットニュースの記者がベッキー騒動を調べようと“芸能界 略奪愛”などのキーワードを入れて検索していたら、今井と布袋の過去が出てきたのでしょう。せっかく9年ぶりにCMに登場できた今井にとっては、とんだとばっちりです」

sc20160223-3

思わぬ余波を生んだベッキー騒動。過去に不貞を働いた他の有名人たちも、今ごろ戦々恐々としているかも知れない。

[引用/参照/全文:http://asajo.jp/excerpt/7132]

ベッキー復帰は今井美樹を見習え?

現在はロンドンに移住している2人だが、不倫・略奪を経ての「訳アリ」カップル。友人・山下久美子(57)の夫だった布袋と愛人関係になり、1997年に離婚した後、1999年に再婚している。

歌手、美しい50代としてのメディアイメージが強い今井だが、ネット女子からは「不倫・略奪」のイメージは未だ消えていないよう。

さらに、布袋が作詞作曲を担当した今井の代表曲『PRIDE』は、女性たちから根強い支持がある。しかし、その歌詞「あなたへの愛こそが私のプライド」が不倫・略奪をした女の心情と考えると、なんとも恐ろしいものがあるのではないだろうか。

改めて2人のスキャンダルを考えたネット女子からは、今井の行動はベッキーよりも酷いという声が多く寄せられていた。そしてその中には、ベッキーが今井のように芸能界で活動するためのヒントとなるコメントも。

「ベッキーの希望の星!!」
「ベッキーが布袋を不倫略奪婚したら、視聴者は許すよ」
「残念ながら、不倫略奪も、何十年も連れ添えば本物になるのかも」
「偉そうに恋愛語ったり、紅白出たり、面の皮厚すぎだもん」
「(今井は)今は堂々としてるよね・・・ 」

ネット女子のコメントを見てみると、略奪女の烙印が消えない今井が活躍しているのは「何十年も連れ添うこと」と「堂々としていること」で、バッシングをはね返しているのではないか、と考えているようだ。

[引用/参照/全文:http://www.ca-girlstalk.jp/news_topic/56646]

布袋寅泰と山下久美子離婚について

結婚した時の布袋といえばあまり知られてないが若干24歳であった。

BOOWYの活動時期で言えば、2ndシングル『BAD FEELING』を発売した頃。駆け出しバンドマンとの結婚生活は壮絶であったようだ。

sc20160223-4

思えば、私たちはいちばんエナジーを持て余している時期に結婚生活を始めてしまったのかもしれない。特に若い彼に至っては、そのその嫉妬心においても尋常ではなかった。

「レッドシューズ」で呑んでいたときに、昔のボーイフレンドが入ってきたというだけで喧嘩になったり、たまたま居合わせた吉川が仲裁に入ると、今度は彼らが殴り合いを始めたりする始末だった。

まるで地軸がぎしぎしと軋みながらずれていく感じがあった。それが何なのか、気づくまでに時間はかからなかった。

私のコンサートのはずなのに、明らかにギタリスト布袋寅泰目当てで来るファンが増え始めたのだ。サポートの位置にいるはずの彼が、いつのまにか私と同列かそれ以上になり始めてる。それは私にとって予想外の驚異だった。

不安にかられた。すると彼に対して素直に向き合えなくなり、どこか屈折に近い感情を持ち始めた。たとえば、BOOWYがチャートのトップにランクインしたことですら、素直に喜べなかった。

[引用/参照/全文:ある愛の詩/山下 久美子]

ギタリストの布袋寅泰と歌手の今井美樹のそれは、芸能史に残るといわれているほどの略奪愛だった。もともと布袋は、今井と結婚する前には歌手の山下久美子と結婚をしていた。

「今井は山下の大ファンだと近づいて仲良くなり、いつのまにか山下の夫だった布袋と不倫していたんですから……。女性誌の格好のネタになりましたよ」と、当時を知るワイドショー関係者は語る。

1985年に結婚した布袋と山下は、芸能界ではおしどり夫婦として知られていた。それをファンを公言し、山下を慕っていた今井に略奪されてしまうことになるとは……

sc20160223-5

1992年12月山下久美子と喧嘩をし、壁を殴り骨折し布袋はツアー延期している。この頃には、2人の間では度々喧嘩があったと思われます。

これ以降2人の関係は悪化の一途をたどり、94年6月リリースのギタリズム4の製作と称し、1年間(93年)イギリスに布袋は単身赴任(事実上の別居)をしています。

布袋と今井の不倫関係は、1992年に布袋が今井のプロデュースをしてから始まる。「山下のファンだった今井が『泥棒猫』になったようなもんですからね。山下はつらかったと思います」と関係者。

最終的に布袋は、1997年11月に山下と離婚。そして1999年6月今井と再婚して2002年に長女を出産した。

バブル期に大変人気があった女優であり、多くの女性から彼女の生き方に支持を受けていた。

自分の友人であり大ファンだと言っていた歌手の山下久美子に自分の恋の相談(布袋との不倫)をしながら、なんと山下久美子の夫の布袋を奪った形で結婚。多くの女性から失望と怒りの非難を浴びた。

[引用/参照/全文:http://ameblo.jp/ryakudatuaiy/entry-11655992604.html]

コメント

  1. 1
    灘南 2016/02/23 15:37

    顔でかすぎ

    いい加減布袋崇めるのやめよーや

    顔でかすぎ

    明らかに布袋がクズだから話がもつれるんだろ?
    顔でかすぎ

    町田の件も高岡の件も。
    顔でかすぎ

    暴威は好きだけど布袋はマジ嫌いや

    顔でかすぎ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事