SCANDAL

石井竜也 被災地で献歌を捧げた夜に30歳年下のファンと不倫飛行…不倫出来婚から13年

sc20160317-5

3月11日に被災地石巻で行われた被災地復興を祈願する法要に出席し献歌を捧げた米米CLUBの石井竜也(56)。

しかしその夜、仙台市内の高級ホテルで20代半ばの女性・Yさんと密会していたことが発覚した。

Yさんは、身長170cm弱のスタイル抜群で、あびる優似の美女。女性は足に「石井竜也」とタトゥーを入れるほどの熱狂的なファンだった。

そして昨年12月、ファンクラブイベントに参加した際、石井の目に止まり、スタッフを通じて「石井さんがふたりで会いたがっている」と伝えられたところから親密になったという。

石井は既婚者であり、Yさんとは禁断の関係ということになるだろう。しかし、Yさんとは仙台の夜以前から逢瀬を重ねていたという。

今年1月末、石井はファンクラブのメンバーと石川・金沢に2泊3日の旅行イベントに出かけている。ディナーショーや2ショットの撮影会、美術館巡りを一緒にできるというファンイベントだ。

石井を知る音楽関係者はこう話す。

「もちろんYさんも参加していました。そこでも石井さんはYさんと会っていたようです。石井さんが夜に女性と会えるのは、地方でイベントがあるなど地方出張するときだけ。

というのも、都内にいるときは奥さんがスケジュールをかなり厳しく管理しているらしく、無断外泊なんてもってのほか。クレジットカードの利用明細も細かく把握されているほどですから」

石井はたまの地方出張ではなく、都内にあるYさんのマンションをたびたび、訪れるようになった。石井が彼女を訪ねるのはきまって昼間から夕方にかけて。夜には必ず家族が待つ自宅へと帰っていった。

「石井さんは自分がデザインしたシルバーのアクセサリーをYさんにプレゼントしたり、お互いのことを下の名前で呼び合っていて、30才年下の彼女に甘えることもあるそうです」(前出・音楽関係者)

ある3月の夕方、石井はオブジェのような大きな物を大切そうに抱え、Yさんのマンションに入っていった。1時間足らずで出てきた石井は手ぶら。Yさんにプレゼントを贈ったのかもしれない。

[引用/参照/全文:女性セブン2016年3月31・4月7日号]
http://www.news-postseven.com/archives/20160317_395060.html

廊下まで声が漏れていた不倫セックス

「ネット上で特に非難されているのは、『ふたりは翌日まで一歩も部屋を出ず、廊下に声が漏れるのもかまわずに、逢瀬を楽しんだ』という記述。不倫の証拠としては決定的な一文ですが、ここまで週刊誌記事でセックスを露骨に表現するのも珍しいだけに、波紋を呼んでいるようです」(スポーツ紙記者)

ネットユーザーの反応を見ても、「そんなに大声出してたんだ……」「そんな安いホテル使ってたのかな?」「その声を廊下で聞いていた記者もゲス」などと、ドン引きしているようだ。

[引用/参照/全文:http://dailynewsonline.jp/article/1104087/]

不倫隠し子の過去も
sc20160317-2
石井竜也にはカナダ人のマリーザさんと再婚、長女がいる。

1996年に元客室乗務員の女性と結婚したが、2002年に協議離婚。

2003年に石井のステージでダンサーを務めていたカナダ人のマリーザさんとの間に1歳の女児(サリーナさん)がいることが公となり、2004年に再婚していた。

sc20160317-1
シルク・ドゥ・ソレイユ公演のイベントにそろって登場した(左から)石井竜也と娘のサリーナさん、奥さんのマリーザさん[2016年2月3日]

“瞬速”白旗対応

報道をうけ石井は16日夜、公式サイトでこの件を全面謝罪。

「深く謝罪させていただきます。何卒、お許しくださるよう心からお願い申しあげます」ときっぱり認めた。「妻・マリーザに対しては申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です」とし、娘に対しても「私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です」と記した。

ベッキーら不倫疑惑報道が相次ぐ中、痛い事態。謝罪の言葉は「母親や妹、天国の父」にまで及び、「軽率かつ愚かな行動であったと、自分自身にも深く失望しております。今まで以上の作品を作ることでしか道はないと覚悟いたしております」と猛省し、「命をかけて邁進していく所存です」と出直しを誓った。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1617724.html]

sc20160317-3

ネットの反応

・ゲスとは対応が違うな
・昔からクズ男だったけど 相変わらずだなw
・これは見事な反省文だな 文句のつけようがない
・ゴーストライターやるなあ
・巨人と清原とホラッチョが騒動の隙を狙った
・わざわざHPでアピールするとかウソくさw
・被災地で不倫w
・ホテル代1人分しか払わないで一晩過ごしたのか
・もうオッサンだし、影響はなさそうだな
・被災地で法要の夜に不倫ってゲスよりゲスだな
・南野陽子へのDVも謝れよ あとどうせまたやるんだから 二度と浮気しないって言うなよ
・元嫁に不倫隠し子の事を明かさないで離婚して、慰謝料誤魔化した最低な男だと当時思ったな
・南野陽子が(※レストランで)余ったご飯を持って帰ろうとしたから、石井が『貧乏臭い』って言って喧嘩になって別れたんだっけ?
 >パンツを使い捨てする人だから…
・どいつもこいつも不倫しまくりやな
・56にもなってたのかよ おじいちゃんじゃん
sc20160317-4

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/03/17 15:43

    芸能界では、不倫や枕は日常茶飯事。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事