SCANDAL

HEADLINE

【SMAP解散】報道での不自然さに情報操作疑惑も!?香取はスケープゴート!?内情が次から次へと・・・

sc20160817-1

8月14日にジャニーズ事務所がSMAPの解散を正式発表し、いろんな憶測が飛んでいますが、8月17日発売の『週刊新潮』では「SMAP解散の魑魅魍魎」として、木村拓哉が4人のクビを要求したと報じ、『週刊文春』には、わだかまりは15年前から存在したという記事が掲載されている。

木村「だったら4人をクビにして!」[週刊新潮]

12月31日をもって、SMAPが解散することが発表された。その舞台裏を6ページにわたって総力取材した8月17日発売の「週刊新潮」では、木村拓哉(43)が漏らした“本音”を明らかにしている。

今年の初めに発覚した独立騒動は、フジテレビの『SMAP×SMAP』でメンバーたちが生謝罪を行ったことで、一度は収束したかに見えた。が、以来、“裏切り者”の木村は4人から無視され続けたという。

「キムタクは、自分から歩み寄っているのに全く相手にされず、かなり頭にきていた。(スマスマ)担当プロデューサーに、こんなんじゃやってられないという抗議のメールを送っていますからね」(フジテレビ幹部)

詳しくは「週刊新潮」本誌に譲るが、騒動以後、グループの“活動休止”も検討された。それが解散に至った理由には、香取慎吾(39)らからの強い解散要求がある。

「それに対し、木村はジュリー副社長に『だったら4人はクビにしてください!』と懇願したそうです」(関係者)
17日発売の「週刊新潮」ではこのほか、木村だけが呼ばれたフジ社長の誕生日会や、他のメンバーの今後、そして元マネージャーの飯島女史と“芸能界のドン”との密会などについて詳報する。

[via:http://www.dailyshincho.jp/article/2016/08161700/?all=1]

「僕たちは15年前に壊れていた」[週刊文春]

今年大晦日をもって解散することを発表したSMAPだが、今年1月の分裂・独立騒動よりもずっと以前から「キムタク不信」の問題が存在したことを、複数のメンバーがジャニーズ事務所側に示唆していたことがわかった。

分裂・独立騒動が収束し、今後の活動などについて今年5月頃からメンバーたちは同社顧問の小杉理宇造氏と個別に面談したが、香取慎吾(39)と草なぎ剛(42)は、小杉氏に対して突き放すようにこう言ったという。

「昨日今日に始まったことではないんです。僕たちは15年前にもう壊れていたんです。でも、そこから10年やり続けた。それを理解してください」

当時、SMAPに起きた大きな事件といえば、木村拓哉(43)の電撃結婚だ。木村の結婚に誰よりも反対していたのが、SMAPの育ての親、飯島三智元マネジャーだった。

詳しい経緯については8月17日(水)発売の週刊文春が報じる。

[via:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6461]

解散を主張した香取と草なぎが首謀者!?

sc20160817-3

メンバー間の溝が埋まらない中、ジャニーズ事務所が来年以降のグループ活動休止という結論を出したのは先月下旬だった。

今月に入って木村、稲垣、草なぎ、香取の4人は、休業案をいったんは受け入れた。事務所はテレビ局上層部やスポンサーなどに「年内の活動をもって、しばらく休業します」と、内々に報告も済ませた。

しかし、スケジュールの都合で、中居には最終的な意思確認ができていなかった。

まとめ役である中居の気持ちを知ることは、グループとしての最終的な意思確認でもあるため、今月10日に他メンバーも集まることになった。しかしその場に木村の姿はなかった。

今月に入って休暇を取り、家族を伴ってメリー喜多川副社長(89)らとハワイに長期滞在していた。木村は既にその時点で休業案を受け入れており、駆けつける必要がないと判断したとみられる。

事務所関係者を交えた4人による話し合いをする中で事態は急転した。周囲は1~2年間の休業を想定していたが、香取が休業ではなく解散を強く主張。草なぎも解散を主張した。2人の気持ちを知った稲垣も同調した。

放送関係者によると、事務所関係者に「休業か解散か」の2択を迫られた中居は、3人の意思を尊重した上で「解散でいいと思う」と返答したという。

めったに主張してこなかった年下3人の意志の強さを感じ、グループ存続をあきらめた瞬間だった。巧みな話術と機転でグループをまとめてきた中居でも、解散を止めることはできなかった。

[via:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1695064.html]

キムタク不在の不自然

sc20160817-4

スポーツ紙が報じている「香取、草なぎが解散を言い張り、稲垣も賛成したため、多数決で解散が決まった」というのはまったく事実とちがうらしい。

「キムタクは10日の話し合いの席に欠席して、ハワイに行っていた。ジャニーズの息のかかった芸能マスコミは『香取、草なぎにその隙を狙って強引に解散に持ち込んだ』なんて報道をしているが、あの2人にそんな発言力があるはずがない

。だいたい、普通だったら、木村が欠席しているうちに、勝手に解散を決めるなんて、ジャニーズ事務所が認めるはずがないでしょう。それがすんなり決まって、翌日の役員会で承諾が得られたというのは、明らかに不自然」(前出・スポーツ紙ジャニーズ担当)

これは明らかに、2人が解散を言い出すのをジャニーズ側が歓迎していたということだろう。

それどころか、ジャニーズは最初から香取、草なぎを追い込み、2人に解散を言い出すよう仕向けたという可能性もある。香取に近いジャニーズ関係者は憤懣やるかたないという様子でこう話す。

「その可能性は十分ある。ジャニーズとしては今の状態が続くと、どんどん木村のイメージが悪くなる。思い切って解散させたいが、解散ということになったらなったで、木村のせいになる。

それを避けるために、香取や草なぎに解散を言い出させたんじゃないでしょうか。木村は、あの日、そういう展開になることを知って、あらかじめハワイに行ってたんじゃないか、という気もしますね。

しかも、メリーさんやジュリーさんもハワイに合流しているわけでしょう。完全に仕組まれたとしか思えない」

[via:http://lite-ra.com/2016/08/post-2499.html]

ジャニーズの情報操作!?

sc20160817-5

スポーツ紙でのSMAP解散ニュースは解散の責任をもっぱら中居正広、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎の4人におしつけるものばかりだ。

当然だろう。ジャニーズ事務所が明らかにその方向で御用マスコミを誘導していたからだ。

発表の前、ジャニーズ事務所が「14日午前1時解禁」を条件にスポーツ紙やテレビ局に撒いた文書にはこんな文言が書かれていた。

〈事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、協議を進めてまいりました。

しかしながら、議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させていただいた経緯がございました〉

つまり、事務所は一丸となって存続に努力し、音楽特番やコンサート出演を準備していたが、「メンバー数名」のわがままでそれができなくなったと説明していたのである。

この責任転嫁の姿勢は、メンバーのコメントからもうかがえた。

SMAPの他のメンバーは全員、解散にいたってしまったことについて「ファンに申し訳ない」と謝罪していたが、唯一、ジャニーズ側に立っている木村拓哉だけはむしろ自分を正当化し、4人を批判するような内容のコメントを出したのだ。

「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。

沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

しかも、ジャニーズ事務所は、オフレコのブリーフィングではもっと露骨に木村以外の4人のせいだと決めつけていたという。

「事務所はジャニー(喜多川社長)さんがメンバー1人につき2回の面談をし、5人全員との面談も2回行って、デビュー25周年のコンサート開催を説得したが、中居、香取、草なぎからは同意を得られなかった、

とくに香取が絶対に木村と一緒に仕事をしたくないと強硬だった、などと説明していました。

ジャニーさんが『こんな年の僕が頼んでるんだから』と懇願していたのに、聞かなかった、と。

解散についても、香取、草なぎ、稲垣の3人、とくに香取の意思が強かったとして、かなり悪し様に批判していました」(スポーツ紙ジャニーズ担当)

実際、スポーツ紙の紙面を見ると、全紙、この情報に丸乗りしていた。たとえば、「スポーツニッポン」はジャニー社長の説得を拒否した4人をこう批判していた。

〈事務所トップの言葉に耳を貸さないのに、事務所には「残りたい」という態度に、メンバーの間に確執があることを理解していたスタッフも「わがままが過ぎる。さすがにひどい」と漏らすほどだった。〉

スポーツ紙が報じるストーリー

sc20160817-2

さらに、これらのスポーツ紙が強調していたのが、SMAP存続の最大の障害が香取慎吾だったということだ。

〈特に、以前からI氏を人一倍慕っていた香取は、分裂騒動以降木村との溝が深く、解散希望の意思が固かったという。〉(日刊スポーツ)

〈「休むなら解散したい」と強く希望したのは香取。関係者は「元マネジャーの女性と一緒につくり上げられないSMAPは、もはやSMAPではないという思いに突き動かされたとしか考えられない」と推し量る。〉(スポニチ)

〈香取にとって、小学生のころから母親のように面倒を見てくれたIさんを木村が裏切ったように映ったのかもしれない。香取は、木村との会話を一切しない状況が続いたという。〉(サンケイスポーツ)

ようするに、木村を拒否する香取のわがままがSMAP解散の決定打になったというストーリーだ

しかし、内向的な香取は自分ひとりの脱退を言い出すことはあっても、グループの解散を言い出すようなキャラクターではない。

香取をスケープゴートに

だが、解散が決定的になると、ジャニーズは木村のイメージを守るために、ある作戦に出た。それが前述した香取をスケープゴートに仕立てるという作戦だ。

「中居はいろんな番組をもっていて、大物芸能人の人脈があるから、へたに批判記事を書くと反撃を食らう可能性がある。

そこで、芸能界にもほとんど友人がおらず、もっとも飯島マネージャーに近かった香取をスケープゴートにしたんです。香取が木村に対して感情的になってコンサートを拒否、解散が決まったというシナリオです」

実際、香取のコンサート拒否は、7月28日発売の「女性セブン」(小学館)で「聞こえてきた『香取の乱』の絶望的な話」なるタイトルで解散報道の数週間前に記事なっていた。

周知のように、「女性セブン」は女性週刊誌の中でもっともジャニーズに近い御用メディア。ジャニーズの許可なしにこんな記事をやることはありえない。

「今から思うと、すでにこの時点で活動休止か解散の発表が決まっていたんでしょう。

それを想定して、キムタクに責任が向かないよう、香取のせいになるよう地ならしをするため『セブン』に情報をリークしたということでしょうね」(ジャニーズ事務所に詳しい芸能関係者)

こうしてみると、今、スポーツ紙が書いているような、4人がコンサートを拒否したとか、香取のせいで解散になったという報道がいかに恣意的かがわかるだろう。

解散の決定打は!?

「そもそも、一連の騒動は木村が裏切って頓挫したわけです。その結果、飯島マネージャーは事務所を追われることになった。そして、4人も芸能界追放の危機にさえおちいっていた。

普通なら、木村が4人に謝罪をするというのが普通で、彼らも残留を決意したときは木村がそういう行動を取ってくれるだろうと期待したようなんです。

ところが、木村は一切謝罪せず、逆に、公開謝罪で不遜な態度を見せ、中居にとってかわってリーダー然と振る舞い始めた。それで、香取、草なぎが激怒し、一気に関係が険悪になっていったんです」(前出・香取に近いジャニーズ関係者)

実は中居は、内心、腹を立てながらも、SMAP存続のために、4人に謝罪をするよう木村に働きかけていたという。「このままだと、SMAPが空中分解してしまうから、内々でいいから、謝ったほうがいい」と。

ところが、木村はそれを拒否し、それどころか、ジャニーズ事務所は再び木村の仕切りをごり押ししてきた。これが解散の決定打になったというのだ。

『27時間テレビ』(フジテレビ)で中居がさんまのツッコミに「木村に聞いてくださいよ」と返したことが話題になったが、この中居の発言はまさに、SMAPは解散しないと言いながら崩壊をうながすような行動しかしない木村の姿勢のことを揶揄したものだったようだ。

[via:http://lite-ra.com/2016/08/post-2496.html]

もうジャニーズの手に負えない!?

今回の決断は、今のSMAPには首長が存在しないのが大きな事由とも言える。

学校でいう担任、会社でいう部長というレベルのリーダーを失った状態のまま半年が過ぎたころ、まとめる長がいない環境でそれぞれが大人である以上の考えや行動を取る事となったら、解散という結果も容易に想像できる。

つまり、飯島さんというチーフを失ったSMAPは運転手のいない暴走車両と化したわけで、道路や信号、標識といった存在であるジャニーズ事務所とジャニーさんを見失ったイメージに思える。かじ取りがいない船なら衝突や座礁も時間の問題であっただろう。

娘のジュリーからすればほとんど携わってないSMAPの面倒を押し付けられてもどうすることも出来なかったのが正直なところ。

SMAPクラスなら業務上の管理であれば事務所でも可能だが、メンバー個々の精神面でのケア、世話となれば飯島さんの抜けた穴は簡単には埋められるはずもない。

ジャニーさんは少年を育てて輝かせるプロではあるが、オジサンをどうこうする趣味がないだろう。

一桁代から十代の少年たちをプロデュースさせたら間違いなく世界一のテクニシャンではあるが、30代を超えたアイドルたちに何の興味が湧くのだろうか……。

[via:http://n-knuckles.com/media/johnnys/news002297.html]

関連キーワード

コメント

  1. 6
    名無しさん 2016/08/18 12:01

    木村以外、ジャーニズから出ていけよ!

  2. 5
    名無しさん 2016/08/18 1:49

    木村以外はSMAPが好きって感じだったけど、木村は逆な感じだった。
    木村最低。

  3. 4
    名無しさん 2016/08/17 22:41

    最後のコメントはジャニーさんは美少年好きねホモだと言いたいのかね!w

  4. 3
    名無しさん 2016/08/17 21:59

    ただ一言・・キムタクは最低だ!!

  5. 2
    名無しさん 2016/08/17 16:29

    元SMAPの俺が言うのもなんだけど、木村は生意気なんだよな。香取と草彅は結構いい奴らなんだよ。
    解散は致し方ない面もあるんだなぁ。

  6. 1
    名無しさん 2016/08/17 14:29

    邪似頭

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事