SCANDAL

HEADLINE

三浦春馬からアプローチ!世界で活躍する人気ダンサーと真剣交際報道

sc20160923-1

俳優の三浦春馬(26)が世界的に注目されているダンサー・菅原小春(24)と真剣交際していることが22日、明らかになった。

関係者によると、2人は昨年、知人を介して知り合った。今年8月に菅原のレギュラーラジオ番組、J-WAVE「SUGAR WATER」(金曜・後11時半)にゲスト出演したのをきっかけに急接近。

sc20160923-2

番組共演以降、2人は変装もせず、体を寄せ合うなど仲むつまじい姿が目撃されていたという。

三浦の所属事務所は「プライベートなことは本人に任せています」と否定しなかった。

ブロードウェーミュージカル「キンキーブーツ」ではドラァグクイーン(女装パフォーマー)を演じるなど活動の幅を広げる三浦。菅原の優れた表現力に魅了され、猛アプローチが実ったようだ。

sc20160923-3

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000086-sph-ent]

お相手は

菅原は独創的なダンスが注目を集め、世界中の人気アーティストからオファーが絶えない売れっ子だ。

米人気歌手リアーナのバックダンサーを務めたほか、米歌手スティービー・ワンダーと共演したTDKのCMでも認知度をさらに上げた。SMAP、安室奈美恵らのバックダンサーを務めた経験もある。

少女時代、倖田来未らを担当したこともあるなど、振り付けのオファーも殺到している。170センチのスレンダーなスタイルとエキゾチックな美貌も印象的。モデル、広告の仕事などの依頼も多い。

春馬からアプローチ

菅原は歌手三浦大知(29)が昨年2月に発売した「Unlock」のPVに出演。春馬がスタイリストの勧めで同PVを見たという。

独創的なパフォーマンスに「こんなスキルを持った方にいつかお会いしたい」と思い、知人などを介して菅原を紹介してもらったと明かした。

さらに、今年2月に菅原の公演を観賞。「お芝居に悩んでいた時に、小春さんの踊りにインスピレーションをもらって、うまくいった感じがあったので、本当に感謝している」などと話していた。

[via:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-09220023/]

過去には蒼井優と

「三浦といえば、2013年9月に女優の蒼井優との熱愛が発覚。蒼井は同居するためにマンションを購入しローンまで組んだ俳優の鈴木浩介に別れを告げ三浦に乗り換えた。

“魔性の女”と言われる蒼井だけに、三浦もうまく手玉に取られ、それがトラウマになったのか女性関係はまったくなかったが、菅原に影響を受け自ら積極的にアプローチして交際に至ったようだ」(芸能記者)

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12051712/]

三浦春馬
(みうら・はるま)1990年4月5日、茨城県生まれ。
97年NHK連続テレビ小説「あぐり」でデビュー。連続ドラマはTBS系「ブラッディ・マンデイ」フジテレビ系「ラストシンデレラ」「僕のいた時間」など、映画は「恋空」「進撃の巨人」前後編など多数。趣味はサッカー、料理など。178センチ。血液型AB。

菅原小春
(すがわら・こはる)1992年2月14日、千葉県生まれ。
10歳でダンススタジオに入り、本格的にレッスンを開始。10代の時から数々のダンスコンテストで優勝する。高校卒業後の10年に渡米。ロスで独特のダンススタイルを確立する。日本を拠点に、世界数十カ国でダンスのワークショップも開催。170センチ。血液型A。
sc20160923-4

ネットの反応

・なんかすごく顔が似てるんだが?
・そのへんの女優とはレベルが違う
・おかまかと思った
・小春に女を感じる事は無かった
・二人とも名前に春が入ってるんだな。
・蓮舫加えたら何かトリオ組めそう
・ブスではないむしろ綺麗な顔だと思う ただキツイ顔だしあの髪型だから男ウケはしないけど
・才能に惚れるタイプなんか。春馬を見直した(笑)
・詳しくないけど独特なダンスだな
・菅原は情熱大陸の時に出てた外人の彼氏と別れたんか。
・ってかTDKの女24かよw勝ってに40代近いBBAだと思っとったわw
・身の程を知れっていうwww 三浦とか言う大根役者もどきが
・ググって画像見たら、成宮に見えるんだけど・・・
・小春のダンスの良さが分からない私はセンスが無いんだろうな…
・彼女をゲット出来ておめでとう。
・なかなかの斜め上行った感ある
・顔が二人とも似てる やはり自分に似タイプに好感を持つようにできてるんだな
・井森美幸のダンスに惚れる人はいないのか

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事