SCANDAL

HEADLINE

西野カナがマネージャーと半同棲報道 業界ではご法度の禁断愛だが過去の事例を紐解くと・・・

o20161129-1

11月下旬のとある日の午後、本誌は「恋愛ソングのカリスマ」西野カナ(27)の初ロマンスをついに捉えた。自らが書くラブリーな歌詞のように、西野は男性とガッチリと腕を絡めて帰宅した。

「西野は自身の担当マネージャーAとつき合っている。小柄だが目ヂカラの強い市川海老蔵似のイケメンで、西野は彼にかなりメロメロのようだ。交際は一部のファンの間ですでに噂になっている」(レコード会社関係者)

若い女性の素直な気持ちを歌った等身大の歌詞が、10代から20代に圧倒的な支持を得ている西野。お相手は歌手でも俳優でもはたまたスポーツ選手でもなく、人知れず「禁断の恋」に走っていた。

この日はペアルックでジョギングデートに出かけた2人。帰り道でカップ麺やお菓子を買い込んで、楽しげに談笑しながらマンションの中へと入っていった。

そのまま西野の部屋で夜を過ごすと、翌朝、Aさんはここから所属事務所に出社したのだ。

この日以外にも、夜に「帰宅」し、朝出社するAさんの姿を本誌は目撃している。

西野とAさんの交際について所属事務所に問い合わせたが、締切りまでに回答はなかった。

「とにかく、優しすぎるってくらいの男(ひと)が好き」と語っていた西野がついに出会った理想のカレシ。今後の展開はどうなる?

[via:週刊FLASH 2016年12月13日号]
http://jisin.jp/serial/エンタメ/エンタメ/26597

業界ではご法度

西野は昨年夏に現在の自宅マンションに引っ越して来たが、西野が不在でも男性が1人で出入りすることがあり、半ば同棲状態だというのだが…。

「マネージャーとタレントの交際は業界ではご法度。多くの場合、マネージャーが配置転換されてそのまま破局するというパターンが多い。

ただ、CDが売れないこのご時世にあって、西野は音楽配信やコンサートの動員でかなり稼いでいて、ある程度のわがままは通用する。

破局によって仕事へのモチベーションが低下する可能性もあるので、事務所が公認の可能性もありそうだ」(芸能プロ関係者)

西野は今年の「日本レコード大賞」では大賞候補の10歌手に名前を連ね、大晦日には「紅白歌合戦」に出場。年末までに、男性との交際についてその口から何らかのコメントが出されそうだ。

「西野の父親は中部地方の経済界では名の知られた大物。そのため、なかなか彼氏ができなかったと言われているが、マネージャーならばいつも行動を共にしているだけに、父親も交際にゴーサインを出しているかもしれない」(芸能記者)

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12347344/]

三代目JSB今市と噂も

西野カナの熱愛報道は初。

o20161129-2数年前からおそろいの指輪をつけているなどして「三代目J Soul Brothers」の今市隆二との熱愛が双方のファンの間で噂されていたが、少なくとも現在、彼女が親密な関係を保っているのは、一番身近な男性であるマネージャーのようだ。

マネージャーならば、西野カナの取扱説明書も熟知しているだろう。この報道を受けて、「おめでとう!」と祝福する声がweb上には多く書き込まれた。

マネージャーが“商品”であるタレントに手を出すのはご法度で禁断の恋だという見方もあるが、しかしタレントとマネージャーが恋愛、さらに結婚に発展した例は多々ある。

タレントとマネージャーの恋愛事情

たとえばファンキー加藤は元マネージャーの女性と結婚(その後、不倫相手の妊娠・出産という大事件が起こったが)。

俳優の長塚京三は最初の妻と離婚してから30年近く独身だったが、7年前に同い年の女性マネージャーと再婚、八代亜紀は40代のとき、ずっとマネージャーとして支えてくれた所属事務所社長の男性と結婚している。

アグネス・チャンの夫も彼女のマネージャーで、現在は個人事務所の社長を務めている。夫婦二人三脚というパターンだ。

同時に、うまくいかない例もまた多い。

o20161129-3

加藤夏希は元カレであり元マネージャーである年上男性を私的横領の疑いで訴え、5年以上も闘いは続いた。

V6長野博との結婚を発表したばかりの白石美帆も、10年前に事務所マネージャーとの「お泊まり愛」を撮られたことがある。

o20161129-4沢田亜矢子はマネージャーだった松野行秀と結婚したが、泥沼離婚騒動に発展し、裁判で夫婦のセックスビデオが提出されるという最悪の事態に。

2003年に10年交際した男性マネジャーと結婚した磯野貴理子は、夫の不倫や嫁姑問題に悩み09年に離婚。ただ、いずれも「マネージャーだったからうまくいかなくなった」というわけではないだろう。

今からちょうど10年前の2006年、当時19歳だった石原さとみが初めての熱愛を写真つきで報じられた相手も、担当マネージャーの男性だった。交際発覚を機に、男性は彼女のマネジメントから外れたという。

事務所は否定

西野カナの場合は、果たしてどうなるのか。恋人関係ではない異性のタレントとマネージャーという関係性であれば、腕を絡めて歩いたり、何日も家に泊まったりはしないだろう。

だが、所属事務所はこの交際を否定し「業務上一緒の時間が多いですが、記事の内容にあるような関係ではございません」とのコメントを出している。

西野はもう27歳、アイドル売りをしているわけでもないし、「大人同士のことなので」と認めることも出来たはずだ。しかしそうしなかったということは、“別れさせる”前提で話が進んでいるのかもしれない。

会いたくても会えない……西野はせつない想いに浸ることになってしまうのだろうか。

[via:http://mess-y.com/archives/38141]

ネットの反応

・海老蔵最低だな
・こんな私だけど笑って許してね
・マネージャーだもん、優しいよ。
・何で同性のジャーマネ付けないんだよ
・よく見りゃブス
 >だから今まで浮いた噂が無かったんだ
・勝手にレズと思ってた
・うはー商品に手を出すってすげーな
・自社製品を自ら使って確かめるのはよくあること。
・なるほど取扱説明書をよく読んだ彼氏か
・小柄な海老蔵ってどうなのw
 >小えび
・マネジャーと同棲ならほぼずっと一緒だから会いたくて会いたくて震える事もないな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事