SCANDAL

HEADLINE

指原莉乃から山本彩に乗り換え!?セクハラ疑惑の芸プロ幹部が手を出したメンバーとは・・・

AKB48や関連グループへの“セクハラ行為”が問題視されている、芸能プロ幹部・S氏。運営側も、彼の言動には頭を悩ませているというが、それでも現場から外されない“大きな理由”があるようだ。

「S氏は、主にバラエティ番組のキャスティングを行っていて、実際に深い関係を築いているテレビ局幹部が何人もいます。その威光もあって、まったく関係ない音楽番組の現場などにも、我が物顔で出入りしているんです」(芸能プロ関係者)

そうして出入りする楽屋などで、一部AKBメンバーにセクハラ行為を働いているという。しかしその一方で、有力メンバーに対しては、「決して手を出さない」(週刊誌記者)との証言も。

「その代表格が、HKT48・指原莉乃です。広い人脈を持つS氏と総選挙トップの指原は、互いの権力を利用し合う“太い関係”を築いています。運営がS氏に逆らえないのは、“指原パワー”が影響しているんです」(週刊誌記者)

しかし、この“蜜月関係”に、最近では不穏な空気が流れ始めているのだとか。

「ここ最近になって、『S氏がNMB48・山本彩に急接近している』という情報が、マスコミ関係者の間でささかれているんです。

山本は、昨年の『NHK紅白歌合戦』で実施された『紅白選抜』で1位を獲得し、総選挙連続首位の指原を抜いたことが、大きな話題を呼びました。

そこで、S氏は指原のみならず、山本にも取り入ることで、さらに自分の地位を向上させようと画策したのでしょう」(同)

こうしたS氏の動きは、“乗り換え”ではなく、むしろ“二股”に近いようだ。

「指原は指原で、S氏の動きを敏感にキャッチしたそう。そこでS氏は食事会をセッティングして、本人に『自分は指原派』だと言い繕ったといいます。やはり現状AKBは、“指原天下”といっていいですから、S氏もすぐさまフォローをしたのでしょう」(同)

S氏の“グループ二大巨頭”との交流は、今後さらに関係者内で波紋を呼ぶことになりそうだ。

[via:http://www.cyzowoman.com/2017/04/post_135639.html]

S氏が手を出したAKB
人気メンバーたちとは?
[2016年1月]

“AKB48利権”の一部を持ったことにより、各メンバーに対して不届きを働く人物が、業界関係者の間で問題視されているという。

大手プロ・ケイダッシュの縁故入社によって業界入りしたというS氏は、現役有名メンバーと“セフレ関係”を結んでいるという情報までささやかれているというが、果たして真相は――?

AKBをバラエティ番組にキャスティングする際、強い影響力を持つというS氏。

SMAP独立騒動にあたっては、退社が決定的となった飯島三智マネジャーと強いパイプを築いていたというが、

「SMAPのジャニーズ残留が決まり、飯島さんが使えなくなった途端、S氏はジュリー(藤島ジュリー景子副社長)さんに擦り寄っています。とにかく権力のある人間が好きなのでしょう」(芸能プロ関係者)という。

そんなS氏だが、AKBグループの有名メンバー・Wとの“親密関係”も、業界では知られた話なのだという。Wは、かつて人気読者モデルの男性とのお泊まりが報じられ、近頃では“脱ぎ仕事”も多いメンバーだ。

「S氏は、本当にひっきりなしに女性に手を出していますよ。元デザイナーの卒業生S、肉体改造に成功したMなど、S氏との“深夜密会”が目撃されるメンバーは数知れず。

中でも前出のWは、自分のプラスになるなら過剰な接待も厭わないようで、『WとSは肉体関係を持っている』という情報がかなり出回っています」(テレビ局関係者)

さらに、S氏の現在のターゲットは、「Wほどの知名度はありませんが、同じグループ所属のSに、しつこく言い寄っている様子が何度も目撃されています。

Sは昨年の総選挙で、同グループ内ではWに次ぐ票を獲得した期待のメンバーで、現在高校生だけに、所属事務所は大激怒していましたよ」(同)。

ファンのみならず、業界関係者からも批判の声が上がるS氏の悪行。しかし、秋元康プロデューサーをはじめ、S氏に信頼を置く大物も多数存在することから、業界から追放される事態には至っていないようだ。

「かつて博多に左遷された人気メンバーのSなど、一部の子に対しては、『この店の支払いは全部俺のツケにしていい』などと、甘い蜜も吸わせていることから、『利用してやろう』と彼に近づくメンバーもいるんです。

“モテ男”かと思われるかもしれませんが、外見はバナナマン・日村勇紀似で、決してイケメンというわけではなく、そのうえ相手の身分次第で発言を180度変えるなど、とにかく嫌われる要素が満載。

『S氏の案件なら、絶対にやらない』と断言するテレビ局関係者も存在します」(同)  

こうした横暴ぶりから「ヤツを業界から追放しろ!」という怪文書が、関係各所に出回ったこともあるというS氏。追放の兆候はまだみられないだけに、彼の次なる“餌食”が生まれてしまわないことを祈るばかりだ。

[via:http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3815921&media_id=61]

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事