SCANDAL

HEADLINE

RIP SLYME出演キャンセルで江夏詩織のSNSにクレーム!?叩かれるのは不倫相手という風習


江夏詩織が咥えてるのはiQOS

ヒップホップユニット・RIP SLYMEが、16日に幕張メッセで開催された音楽フェス『THE GREAT ROCK’N’ROLL SEKIGAHARA 2017』の出演を見合わせた。

キャンセルが発表されたのは、3日前の13日。RIP SLYME側は、理由を「メンバーの一員、SUにおける過日の報道を鑑みまして」としている。

また、出演者変更によるチケットの払い戻しは行われず、当日はピンチヒッターとして登場したパンクバンド・ニューロティカが、なぜかRIP SLYMEの楽曲「楽園ベイベー」をオーディエンスと共に合唱した。

SU(43)といえば、7日発売の「フライデー」(講談社)が、22歳下のモデル・江夏詩織(21)との不倫疑惑を報道。

SUには、2010年に“デキ婚”したシンガーソングライター・大塚愛と、その間に生まれた6歳の娘がいるが、何年も別居状態が続いているとも言われており、ファンはさほど驚いた様子を見せていない。

「RIP SLYMEはスポンサー案件も多いため、所属する田辺エージェンシーは報道を重く受け止め、しばらく目立った活動は控えることにしたようです。

ただ、SUはもともとバツイチの女好きキャラで、大塚とデキ婚を発表した際にも『長くは続かないだろう』と言われていた。そのため、ファンからは『報道気にしすぎ』『SUにとってノーダメージだろ』といった声が上がっています」(芸能記者)

とはいえ、不倫相手とされる江夏のSNSは大荒れ中。

インスタグラムのコメント欄には、

「大塚愛さんに謝って下さい」

「本当に最低」

「売名成功おめでとう!」

といった書き込みや、今回の出演見合わせを受け

「イベント出演見合わせじゃねーーーかよ!!!」

「SUさん出ないならチケット捨てるし」

といった怒りのコメントも見受けられる。

一方、大塚は9日、インスタグラムに自身の楽曲「日々、生きていれば」の一部を投稿。その歌詞は

「冷たい風にさえ 勝てそうにもない 

だけど何かのせいにするつもりもない 

誰かも羨んだり 妬んだりしても 

ここが晴れ渡って 笑えるわけじゃない 

それならおチビちゃん、この傘どうぞ

君が笑ってるなら それだけでいい」

夫や不倫相手を恨まず、娘と2人で前向きに生きていくという大塚のメッセージにも取れる。

「すでに心が離れていると報道されたSUと大塚ですが、不倫報道をきっかけにいよいよ離婚を発表するのではと言われている。

RIP SLYMEはこれから夏の野外フェスに引っ張りだことなるため、その前に事を片付けるのでは?」(同)

来月には、野外フェス『JAPAN JAM』への出演を控えているほか、ファンクラブ会員向けのツアーもスタートするRIP SLYME。

年の差不倫は、音楽活動にどこまで影響を及ぼすのだろうか?

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12956881/]

歌詞に不倫相手の名前が!

「昨年10月から今年2月まで開催したツアー『Dance Floor Massive V』のライブ会場限定で販売されたCD『Dance Floor Massive V』の中に『Check This Out』という曲があります。メンバーがそれぞれ作詞しているのですが、SUのパートでは

「水も弾くこの肌。やっと君を抱っこできた」

「来いよこっち行こう共に。俺のしおり通り」

という歌詞が出てくる。江夏の名前である“しおり”がズバリ入っているんです」(エンタメ誌ライター)

ネット上でも“もはや私信”“ゲスの極みラッパー”と言われたい放題のSUだが、さて、妻の大塚はこの報道にどんな審判を下すのか。

[via:http://asajo.jp/excerpt/27335]

不倫オンナの不遇

今回の騒動では江夏ばかりが一方的に叩かれている構図がある。ここ最近のタレントによる不倫や浮気騒動をみても、こうした傾向は非常に強い。

「昨年大きな話題となった、ゲスの極み乙女。川谷絵音(28)とベッキー(33)の不倫でも、当初は川谷にさほど影響はなく、ベッキーだけが休業に追いやられていた。

最近では、パンクロックバンド「Hi-STANDARD」の横山健(47)と不倫に及んだマギー(24)もネット上で叩かれています」(スポーツ紙記者)

たしかに不倫ではないが、嵐・松本潤(33)と4年もの二股交際を報じられたセクシー女優の葵つかさ(26)も、辛辣なコメントが相次いだことから追い詰められ、Twitterアカウントを削除する事態となっている。

「“女遊びは芸の肥やし”という風潮が依然あるのか、不倫を働いた男はさほど責められず、不倫だと知りながら近づいて関係を持ってしまった“間女”は、真っ先に叩かれるのがセオリー化してしまっています。

ただでさえ遊ばれているだけの不倫関係なのに、明るみに出てしまえば休業・引退のリスクをはらんでいるとあって、昨今の女性芸能人にとってはこのような男性は地雷でしかないでしょうね」(前出・記者)

結局は自業自得でしかないわけだが、男女間での不公平なリスクはこれからも付きまとうことになるだろう。

[via:http://dailynewsonline.jp/article/1301082/]

ネットの反応

・若い男はどんどん草食になって、オッサンはやりたい放題だなー
・渡辺謙といいコイツといい不倫がバレると逃げるって一番ダサい
・つまらんやつだな この程度で欠席とは小心者め
・こういう時こそ逃げずに堂々と出演しろよ
・歌詞にまで潜ませてたとなるとなあ
・くそだせえwww 不倫をネタにラップしろや
・ヒップホップやってて不倫で叩かれるのかw
・「俺らは嵐じゃないんだから良いんだよ」くらい言ってケロッとしてりゃいいのに
・不倫なんて所詮家庭内の問題なんだから、それで仕事休むのやめろよ
・フェスでは不倫相手のいるlovefilmと一緒にならないように調整しなきゃならんな
・ミュージシャンが女遊びバレた程度で自粛って・・・
・芸能リポーターが関西の番組で、別に本命の不倫相手がいるという情報もあると言ってた
・43歳のオッサンが若いモデルを抱けるチャンスがあるなら逃さないだろう しかもなかなかの美人
・べつにええやんこんなもん 淫行でもなかろうに
・松潤の相手はリアル友人に売名バラされて逃亡したんだから自業自得だろ
・大塚愛が騒がん限り旦那に矛先は向かん
・男が叩かれやすいジャンルと女が叩かれやすいジャンルがある
・しかも21のこれからって芸能人が…何でも知ってて素敵!みたいにおっさんに釣られちゃうんだろうけど沢尻エリカといいやっぱりもったいない
・独身女がわざわざ既婚の男を相手にするのは意味不明
 >嫁いるなら安心 いざって時には嫁を理由にして断ったり離れたりできるので遊ぶのにいいらしいよ?
・人のもの欲しがる女も相当数いる
・知らなきゃただの被害者なのにな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事