SCANDAL

HEADLINE

大沢樹生が濱松恵との火遊び撮られたwネタ元は長井秀和!?炎上タレントと密会不倫の危険度

ガラスの40代バレンタインの火遊び

「彼女、女優さんなんだよ」

バレンタインデーの前夜、2月13日。都内のある駅前には、知人に女性を紹介する、俳優・大沢樹生(48)の姿があった。

紙袋を持って微笑む女性は、数多くの芸能人と浮き名を流してきた「炎上女優」濱松恵(35)。3人は、寿司屋に入り2時間ほど会食。

店を出てお開きかと思いきや、大沢と濱松は2人きりに。寄り添うようにタクシーに乗り込み、そのまま都内のマンションへ向かい、裏口から入っていった。さてこの2人、どんな関係にあるのか。

「2人が会うマンションは、大沢さんの事務所です。いつもそこで会っていると濱松さんは言っていました。初めて2人で食事に行ったのは2018年の正月明け。

それから、何回もデートに行く仲になっていました。バレンタインデーの前には、『プレゼントを用意したの』とはしゃいでいましたね」(濱松の友人)

日付が変わろうとする時間に、マンションの裏口から出てきた2人。濱松の手には、紙袋はなかった。

大沢は既婚者だ。1994年に光GENJIを脱退後、女優・喜多嶋舞と結婚するが、2005年に離婚。間に生まれた長男との父子関係をめぐり、喜多嶋と繰り広げた裁判は話題を呼んだ。

その後2008年に一般人の女性と再婚し、2014年に娘を授かっている。最近は、家族で仲よく遊ぶ様子をブログに投稿している。

本誌は2月5日にも2人の逢瀬を目撃している。小一時間ほどバーで一緒に飲み、別々にマンションへ向かっていった。先にバーから出た大沢は、何度も後ろを振り返る警戒ぶりである。部屋の明かりは、ついたり消えたりを繰り返していた。

大沢の事務所に問い合わせると、「(5日と13日は)事務所で弊社社員などを含め4人で打ち合わせをしておりました」「男女の関係など断じてございません」と回答を寄せた。

濱松の事務所は、「プライベートは本人にまかせておりますが、大沢さんの事務所と同様の見解です」と答えた。

『ガラスの十代』を歌った大沢も、あと1年もすれば50代。火遊びは、ほどほどに。

[via:週刊FLASH 2018年3月13日号]
https://smart-flash.jp/showbiz/34912

濱松恵と密会不倫の危険度

大沢は妻帯者とあって、事実ならばまたもや芸能人の“ゲス不倫”ということになるが、問題はそれだけではない。

お相手の女性が“炎上女優”の名をほしいままにしてきた濱松恵(35)であることだ。濱松は過去に交際した有名人をSNSやメディアに明かしてきただけに、対応を誤れば“大ケガ”する可能性もある。《中略》

相手が数々の有名男性と浮名を流してきた濱松だけに、真相が気になるところ。

大沢の所属事務所に記事の件について問い合わせたところ、マネジャーが

「記事は全くの事実無根。不倫などしていません。濱松さんとは大沢が企画する映画の出演交渉で私も何度かお会いしてますし、フラッシュに掲載されている写真の現場に私も同席していました」

と不倫を完全否定した。

濱松サイドも「大沢さんが映画製作もされているので、濱松が女優としていろいろ相談していたのは事実ですが、不倫関係は一切ありません」と否定した。

しかし、2人の逢瀬を偶然目撃したという芸能関係者が存在した。

「1月下旬か2月上旬に2人が赤ちょうちんのかかった庶民的な居酒屋でデートしているのを目撃しました。最初は大沢に気づいたんですが、一緒にいる女性を見てすぐにピンときましたね。

濱松とは過去に偶然接点があったので、あの特徴的な声を聞いてすぐ思い出しましたよ(苦笑)」

個室がある店ではなく、庶民的な店で堂々とデートをしていたのは意外だ。その上で前出の関係者は「2人はバレンタインデーの話題で盛り上がってましたね。

濱松が『オモチャをプレゼントしちゃおっかなあ』と大沢に言っていたので、私と一緒に飲んでた人は『大人のオモチャじゃない!?』と色めき立ってました」と、2人が怪しいトークを繰り広げていたと暴露した。

一方、大沢を知る芸能関係者は「最近は大沢が今の奥さんとあまりうまくいってないという話を聞いている。そんな状況で男に関しては百戦錬磨の濱松と出会ったのは不運だったのでは…」と大沢を擁護した。

大沢も濱松もともに不倫関係を否定しているが、事務所とはいえ深夜にマンションで2人で過ごしているのはあまりにも不自然だ。

また、濱松が過去の交際を暴露トークするのは有名。それだけに、仮に濱松との不倫が事実だったとき、大沢はウソの上塗りで“傷口”が広がる可能性が高い。早急な対応が求められそうだ。

[via:東スポ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/933088/

濱松恵の言い分

今回の報道に関し、当事者の濱松が日刊ゲンダイに答えた。

「まずは誤解を生じるような行動をしたことはおわび申し上げます。大沢さんは尊敬する先輩で、映画を製作されていたりするので、私も女優として、より勉強したいと思い、お話を伺っていました。

私はマスクなどで変装もしないし、お酒を飲むと声が大きくなるから見つかりやすいのは確か。そのくらい後ろめたいことがないから逃げも隠れもしないんです。

それにしても……写真を撮られていたのは本当に気づきませんでした。

エグスプロージョンのおばらよしおさんと産婦人科から出てきたときも写真誌に真正面から撮られたけど、『正面に誰かいました?』って思うほどでしたから毎回わかりません。

飲食店で芸人さんたちと飲んでいるときに、店の人にリアルタイムでツイートされたこともあるし、疑い始めたら周りにいる人が全てパパラッチじゃないかって疑心暗鬼になります。

でも隠し事をして生きたくないのが私のポリシーなので、いつもは気にしないと割り切っています。

大沢さんにバレンタインのプレゼントを買ったって友人が語っているみたいですけど、この話はお笑い芸人の長井秀和さんにしか話してないんですよ。ってことはネタ元は長井さん?

しかも、長井さんにもプレゼントあげてるのに……灯台もと暗しかも。同じ号に載った高橋一生さんは堀越高校芸能コースの先輩なんです。ある意味、夢の共演かな(笑い)。

それにしても週刊誌の方は、ほっといて欲しいです! 何かあったら自分から言いますから」

だそうである。

[via:日刊ゲンダイ]
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/933088/

大沢樹生の言い分

「濱松さんは友人です。寿司屋には数人で行きましたし、2人ではない。事務所には、社員もいました。いまどき、ありえないです。絶対に2人で会っていません。」

[via:週刊FLASH 2018年3月13日号]

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/03/01 2:12

    ブログ見たけど 言葉遣いが下品すぎる

  2. 1
    名無しさん 2018/02/28 21:11

    この女に手を出す男はアホとしか思えない。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事