SCANDAL

HEADLINE

コムアイ 今度はアイルランド人の新恋人披露!FRIDAYの直撃を自宅に招いて取材受けるw

日本昔話をラップ調にして歌ったり、ステージで鹿を解体したり、カメラマン・二階堂ふみの被写体となってセクシーな写真集を発行してみたりと、我が道を行き続ける『水曜日のカンパネラ』のヴォーカルを務めるコムアイ(26)。

最近出演したバラエティー番組では、「曙橋(※新宿区)のローソンの上」と自宅住所をバラし、外国人の新恋人ができたとぶっちゃけた…って、あれ? 本誌が2年前にスクープしたイラストレーター兼翻訳家の彼とは破局したってこと!?

取材を進めると、確かに彼女には7歳年上のイケメンの恋人ができていた。馴れ初めを聞くべく、ガウディ建築風のコムアイ邸を訪ねると、彼女は記者をこう誘うのだった。「…お家に来ます?」。

コンビニに行く途中、後ろから抱き締められてこの表情!外国人と遠距離恋愛をしたことはあるが、ガッチリ付き合うのは今回が初とのこと

7月半ばのある夜。都内のマンションから段ボールとゴミ袋を持ったカップルが出てきた。

辮髪(べんぱつ)みたいな長い三つ編み、前面のみ穴がボコボコあいた個性的なパンツ、フッサフサなファーがついたサンダルという出で立ちの女性は『水曜日のカンパネラ』のコムアイ(26)。すぐ隣に長身のイケメンが寄り添っている。

ゴミを捨て終わると、二人の距離は一気に縮まって――イケメンが背後からコムアイをギュッと抱き寄せた。その後、二人はお互いの腰と肩に腕を回したり、手をつないだり、イチャイチャしながらコンビニへ向かう。



「コムアイは6月末に出演したバラエティ番組で突然、アイルランド人のカレ氏がいると告白。ちょっとした騒ぎになりました。

新恋人の名はデイヴィッド・オライリー。CGアニメやゲーム制作に長(た)けた知る人ぞ知るアーティストです。」(ゲームメーカー幹部)

FRIDAY本誌が見た限り、週の半分以上は”愛の巣”で過ごしていたコムアイ。

オライリー氏とはすでに相当、深い仲になっているようだ。話を聞くべく、コムアイの自宅マンションを訪ねると、なんと引っ越しのための片付けの真っ最中だった。

――最近、バラエティ番組でオライリーさんのことを……。

コムアイ「(テレビで交際について)先に言ってしまえば、取材に来ないだろうって思ったのに~。アッハッハッハ」

――オライリーさんの家へ引っ越しされるんですか?

コムアイ「いや、あそこじゃなくて……って、デイヴィッドの家を知ってるんですか!? 写真あるんですか!? 全然、気づかなかったんだけど!」

ここでコムアイに「お家に来ます?」と誘われ、彼女の部屋での一問一答となった。ここで同棲していたイラストレーター兼翻訳家の元彼とは、「結構前に別れました」という。

――オライリーさんとは、いつからお付き合いされているんですか?

「去年の冬、忘年会で知り合って、それから2ヵ月後くらいにまた会う機会があって、そっからですね」

――英語はペラペラなんですか?

「なんか、ちょっとずつ(会話)できるようになってきました!」

慶応卒の才媛は、そう謙遜するのだった。因みに、オライリー氏は全く日本語が喋れないらしい。

「会話が通じないかなと思ったんですけど、興味のある話題とかは近いんで…。デヴィッドはアーティストの先輩みたいなところがあって、真面目なこととかも相談できて、学校の先生みたいなところもある」。

コムアイの誕生日(※7月22日)には粋なサプライズがあったそうだ。

「朝、ドアを開けたら、外に“ハッピーバースデー”というデコレーション文字が飾られていてびっくりしました。夜は都内にある“INUA”というレストランに連れていってもらいました」。

1人3万円は下らない、デンマークの名店『noma』の姉妹店である。因みに、現時点で結婚は「全然考えていない」という。

「歌が面白くて、今。パフォーマンスやライブが良くなっているなって思うんですよ。海外でやっても面白い。何か、どんどん成長している気がする」。愛し合い、高め合えているなら、彼は最高のパートナーなのだろう。

7月27日発売のFRIDAY最新号では、ふたりの馴れ初めなど、コムアイの家で行ったインタビューの詳細が掲載されている。またFRIDAYデジタルでは、コムアイ直撃ムービーを公開している。

[via:FRIDAYデジタル]
http://news.livedoor.com/article/detail/15071678/

お相手はCGアニメやゲーム制作の世界では知る人ぞ知るアーティストでアイルランド人のデイヴィッド・オライリー氏。コムアイより7つ上の33歳。週の半分以上は一緒に過ごす仲だという。

記者の直撃取材にも「去年の冬、忘年会で知り合って、それから2カ月後くらいにまた会う機会があって、そっからですね」と答えている。

[via:アサ芸プラス]
https://www.asagei.com/excerpt/109244

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事