SPORTS

HEADLINE

中日・井端弘和の退団は落合GMとの冷え込んだ関係が原因か!?

<大減俸、失踪騒ぎの末に自由契約>

突然の発表だった。4日、中日の井端弘和(38)の退団が決まった。

井端弘和

井端は10月末、球団との下交渉で今季1億9000万円から、減額制限(40%)を大幅に超える約90%減の2300万円の提示を受け、交渉が決裂。1日の秋季キャンプから一切、公に姿を見せず、すでにロッカーの荷物整理を済ませていたという。周囲との連絡も断ち、失踪か!?ともいわれた井端は「今後のことは何も考えていません」とコメントした。

落合博満

中日は今オフから落合GMが就任。井端にとって落合GMは、監督就任1年目からレギュラーとして起用してくれた”恩師”にあたる。今季は故障で低迷したが、来季の復活へ土台が整ったとみるファンもいただろう。

「いや、井端と落合さんとの関係は、以前から冷え込んでいた」と、話すのは中日OB。

荒木雅博

「井端は当初、落合さんに可愛がられていた。ある年、優勝旅行を辞退した井端を連れて行くため、落合さんがわざわざ井端の実家に電話して、説得をしたこともある。しかし落合政権末期には、荒木と入れ替えで二塁にコンバートされ、フェニックスリーグで中堅を守らされたこともある。序列があった遠征先への飛行機の座席を、自分より格下の若手よりも後ろに指示されたこともあるなど、落合監督には不満を抱いていたようだ」

こんな声もある。

「井端は高木前監督が就任してすぐに、遊撃への復帰を直訴した。落合GMとすれば、二塁コンバートは選手寿命を延ばせるという意図もあった。井端の行動は自らのやり方を否定したことになる。面白いはずがありません」(別の中日OB)

それにしても、中日の功労者である井端が退団に追い込まれるのは、よほどのことだ。

「井端は来年で39歳になるにせよ、野球への姿勢にも問題があったのでは」と、さる放送関係者がこう続ける。

谷繁監督

「今年の井端は、CS争いの最中に二軍落ちを直訴し、右足首と右肘を手術した。周りからは、<自分だけイチ抜けして、来年の準備かよ>という冷ややかな声も出た。谷繁監督が戦う集団をつくろうとする中、自己中心的なところがある井端が、必要不可欠な存在でなくなったとしても不思議ではない。谷繁監督も、井端を本当に必要としていたら、全力で引き留めただろう」

自由契約となった井端を巡っては今後、複数球団が獲得調査に乗り出すとみられている。球界では「二塁手を補強したい巨人が興味を示している」との声も聞かれる。

[日刊ゲンダイ]
http://gendai.net/articles/view/sports/145675

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 11
    名無しさん 2013/11/13 20:40

    WBCで活躍したとき周りに『神』なんて呼ばれてたから天狗にでもなったか?

    確かに腕は認めるが元々が貰いすぎ

    ただあの下げ方は明らかに異常

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事