SPORTS

HEADLINE

カカ、長友も実力を認めた!ACミランの入団会見で見せた本田圭佑の余裕!

日本代表MF本田圭佑(27)は8日、イタリア・ミラノで行われたACミランの入団会見に出席した。

本田圭佑 ACミランの入団会見
本田圭佑 ACミランの入団会見

チームのエンブレムが刺しゅうされたスーツ着用の本田は、ガリアーニ副会長と2人でステージに登場。いつもの落ち着いた様子で、スタッフの指示に穏やかな表情。右手に赤いベルトの時計を着用した本田は、ガリアーニ副会長から「ようこそ」、と声をかけられると、少し照れたように「サンキュー」と応えた。

本田圭佑 ACミランの入団会見

報道陣からの質問に余裕の表情で受け答えした。サンシーロの印象について報道陣から質問があると、第一声は「とても興奮している。毎日がとても幸せ、私の夢がかなった。自分が何物であるかを、ピッチで示したい。私のキャリアがここで終わるかどうか、ただ、これがスタート」と英語であいさつした。

ACミランでの目標について報道陣から質問を受けると「チャンピオンになりたい。CLで勝つこと」と答えた。また、ACミランの過去の選手について聞かれると「子どものころから毎週見ていた。セリエAは日本では最も有名なリーグ。ただ、1人の名前を挙げろと言われても、たくさんいるから」と、特定の選手名には触れなかった。

ポジションについて報道陣から聞かれると「どのポジションでもできるが、トップ下をやりたい」と、即答した。

今回の移籍について、数あるクラブの中から、なぜACミランを選んだのかと聞かれ「心の中のリトルホンダに、どこのクラブでやりたいと聞いたら、リトルホンダはACミランって答えたから、ここにいる」と、余裕の表情で質問に応じた。[日刊スポーツ]
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140108-1241315.html

■会見内容まとめ

【昨年のコンフェデレーションズカップではイタリアと対戦した。もしW杯で対戦したら】コンフェデ杯では負けた。まずは1次グループを勝ち上がってからだが、W杯ではイタリアと対戦して勝ちたいと思う。

【なぜいつもサングラスをかけているのか】これまで1000回以上聞かれて、常にこう答えている。「天気、太陽が気になるとかではなく単なるファッションです」と。

【サムライ精神をミランにもたらすと言われている】ボクはサムライに会ったことがない(笑い)。日本男児はあきらめない強い精神を持っている。そして、規律を重んじる。それは自分も常に大切にしているし、こういうのがサムライ魂なのでは。

【イタリア語の勉強】あいさつもできないくらい。でも思った以上に英語を話せる人が多い。カカやバロテッリも英語ペラペラだった。覚える必要があるのかな?というのを感じている(笑い)。[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/222162/

■本田をカカ絶賛「頭いい」

カカ

超名門でスタートを切る本田に、そのミランでの通算得点を歴代10位の101点としたカカから、試合後の会見で早くも大きな期待が寄せられた。

カカ私たちも彼が入ってくれてうれしい。我々に手を貸してくれるだろう。技術も高く、ボールさばきもうまい。いい面をたくさん持っている。間違いなく我々の力になってくれる。

単なるリップサービスとは思えない口ぶり。「代表で対戦したこともあるしね」と、本田の力をピッチレベルで感じ取った上での発言だった。

ほぼ同時刻にローマでのラツィオ戦を終えた盟友、インテルミラノDF長友からもエールが届いた。

長友佑都

長友:サッカーでは確実に通用すると前から思っている。そこの部分は問題ない。ただ、イタリアはサポーターの情熱と、メディアもいい時は持ち上げてくれるけど悪い時は本当に世界でも一番厳しいんじゃないかというほどたたかれる。彼はそれで動じることはないと思うけど。

あとはピッチで本田が力を証明できるかどうか、その1点にかかっている。[日刊スポーツ]
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140108-1241008.html

■超肉食女子の女性取締役が懸念材料!?

「本田は”真面目で夜遊びしないヤツ”で通っています。他の欧州組の日本人選手は”金髪娘に入れ込んでいる”とか”若い日本人留学生と合コン三昧”といった話も聞きますが、本田がオンナで失敗するようなことはないでしょう」(サッカー専門誌記者)

バルバラ

ところが、そんな本田の唯一の懸念材料がバルバラだという。彼女は、ミランの名誉会長を務めるベルルスコーニ元イタリア首相の次女で才色兼備。

「彼女は仕事も出来るが、とにかく肉食系というか、気に入った選手がいるとすぐにモノにしてしまうのです。かつてミランで背番号10を背負った元オランダ代表セードルフとの仲は有名だし、昨年までブラジル代表MFパトと超ラブラブ状態でした。パトはバルバラとの不倫が原因で離婚までしています。ミラノには、『ホンダがバルバラの毒牙にかからなければいいが……』と本気で心配する関係者もいるのです」(現地サッカー関係者)[日刊ゲンダイ]
http://gendai.net/articles/view/sports/147079/2

【関連商品】


関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/01/10 4:39

    大和魂を見せてやれ

  2. 2
    名無しさん 2014/01/09 20:25

    本田のリトル本田がいる肛門をクンカクンカしたい

  3. 1
    名無しさん 2014/01/09 18:07

    本当にバルサからオファーあったんだろうか…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事