SPORTS

HEADLINE

カブレラ母国で「死亡説」!緊急帰国

ソフトバンクのアレックス・カブレラ(39)の帰国は母国ベネズエラのテレビで流された大震災による死亡説が原因だと知人に語っている。

米フロリダに住む母親が体調を崩したための見舞いとされていたが、実は親族に”幽霊ではない足がある…”を実証する帰国だった!?

カブレラ

東日本大震災後、日本国内だけではなく諸外国でも数々の風評で被害を受けた人も多い。その1人と主張するのがカブレラだ。震災後、母国のテレビで地震・津波でカブレラ死亡との一報がフロリダの親族の耳に届いたそうだ。

即座に親族、友人から安否の確認がカブレラの周辺に届き無事が確認された。ただ一報で悲嘆にくれていた母親は姿を見るまでは-と納得せず、カブレラは職場離脱を選択した。

「彼は母親からプレゼントされたダイヤのネックレスを肌身離さず着けているように親思い。帰国は当然でしょう」とはカブレラの知人。

開幕が延期されたおかげで3月22日から約2週間、たっぷりと親孝行を済ませ、心身ともにリフレッシュしてきた。

「今年はオリックスからの移籍1年目でキャンプから張り切っていたので、ちょうどいい息抜きになったんじゃないかな」とはソフトバンク関係者。

日本球界11年。バッティング術同様に手抜きも達者なだけにカブレラ=風評被害者説は鵜呑みにできないか。

ともあれ再来日後のカブレラはご機嫌で、開幕戦前は遠征先の神戸でオリックス時代からの馴染みの理髪店で散髪。その後、知人やオリックスの外国人選手と大阪市内のブラジル料理店で会食を楽しんだ。


カブレラ
カブレラ

また、試合当日の12日、元同僚で打撃指導を行っていたバルディリスに打撃練習用のバットを2本プレゼントした(ちなみにカブレラ効果か和田から1号ソロ)。「久しぶりの(オリックスの)仲間と会えて嬉しいヨ。ボクは元気、元気」とカブレラ。

この日はノーヒットに終わったものの、独り歩きした死亡説もさらりと流したカブレラが今季ソフトバンクの4番を務める。

[sports.goo]

アレックス・カブレラの極秘情報はコチラ!!⇒

関連商品

コメント

  1. 5
    名無しさん 2011/04/15 10:00

    ソフトバンクの四番じゃないやろ…

  2. 4
    名無しさん 2011/04/15 4:58

    幽霊に足がないのって日本だけじゃ・・・

  3. 3
    名無しさん 2011/04/15 4:14

    >>1ちょいちょいちょい!

  4. 2
    名無しさん 2011/04/14 22:40

    なら打てよ!!

  5. 1
    名無しさん 2011/04/14 13:29

    ハムの諸見里に似てる気が…

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事