SPORTS

HEADLINE

田中将大の適応能力に敵将も「間違いなく本物」と絶賛も・・・タモロスは深刻!?

メジャー初登板で記念すべき日米通算100勝目を達成したヤンキース・田中将大投手(25)が、”ある症状”を抱えながらメジャー初勝利を挙げていたことがわかった。初登板した4日(同5日)のブルージェイズ戦では、序盤に3失点しながらも抜群の自己修整能力を見せ7回を投げ抜いた。そんな強い精神力を持っているはずの田中を襲っていたものとは――。

田中将大 メジャー初登板で100勝目を達成
田中将大 メジャー初登板で100勝目を達成

この日の田中は午前10時過ぎに球場入りすると、軽いトレーニングのあとブルペンで28球を投げて次回登板する9日(同10日)のオリオールズ戦に備えた。

デビュー戦で「8奪三振以上、無四球」を記録したヤ軍投手は49年ぶりで、メジャー全体でも2000年以降ではクエト(レッズ)、ストラスバーグ(ナショナルズ)に続いて3人目の快挙。本拠地ヤンキー・スタジアムでの初登板を前に田中フィーバーはとどまることを知らない。だが、その前に解消しなければならないことがある。それは最近、一般人だけでなく芸能人にも広くまん延している”タモロス”。実は田中もそれを感じている一人だったのだ。

笑っていいとも!

タモロスとは、タモリの司会で32年間続いた国民的人気番組「笑っていいとも!」が3月をもって終了したことによって起こる喪失感のこと。生まれる前から番組が放送されていた田中も、常に平日の正午に「いいとも」がテレビで流れているのが当たり前の状態で生活した。

田中自身も2010年の1月6日に「テレフォンショッキング」にゲストとして出演。指名を受けた当時のチームメートだった、マリナーズ・岩隈から「開幕投手は譲らないよ」のメッセージをもらったほか、20歳を過ぎても身長が伸びたことや、趣味のゴルフの話などで盛り上がった。

斎藤佑樹

また同番組出演後に新宿のスタジオアルタで取材に応じた際、田中は「いつまで”ハンカチ世代”って言われるんでしょう?坂本(巨人)に前田健(広島)、プロでも同じ年の選手に負けてはいけないと思っています。トップでいたいです」と発言。

秋のドラフトで早大・斎藤ら同世代の大学生選手が指名される年だったことを受けての世代最強宣言で、球界を代表するエースに成長する上で、ひとつのきっかけになる出来事だった。

笑っていいとも!田中将大-花輪

さらに今年1月に大ファンを公言している「ももいろクローバーZ」が出演した際には「ヤンキース・田中将大」として初めて花輪を贈るなど、一視聴者というだけでなく、なにかと縁のある番組だった。

そうした経緯もあって、アメリカでも「『いいとも』は、テレビで見ていましたよ」という田中。キャンプ中は日本の正午が夜の11時で、ちょうど就寝前のくつろぎの時間とあって、ネットなどを通じて”うきうきウオッチング”していた。ところが開幕と同時に番組が終了してしまったことで、喪失感とともに生活のルーティンにもちょっとした影響を与えたという。

3月31日の最終回では、”別れ”を惜しむかのように、放送開始の日本時間正午に合わせてツイッターで「笑っていいとも!」とつぶやくなど”タモロス”の兆候を見せていたとはいえ、まさかそれほど深刻な状態だったとは…。今では「(タモロスは)大丈夫です」と話す田中だが、前例のない症状だけに完全に回復できるかどうかは本人さえも不明なはず。果たして田中は新たに出現した壁を乗り越えられるのだろうか。[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/253311/

■敵将が絶賛した田中将大「間違いなく本物」

メジャー初登板、1億5500万ドル(約161億円)のルーキー・田中には計り知れない数々の重圧がかかっていた。

田中将大

そのプレッシャーとの戦いは、昨季24勝0敗の記録を達成した男でさえ、「マウンドに上がる前では緊張感というのがあって、マウンドに上がってからもゲームに入り切れていない感じがあった」と語ったように、平常心を保つのは容易なことではなかった。

序盤の不安定な投球は精神面から来るだけのものではなかった。田中は傾斜との戦いも強いられていたのだ。ブルージェイズの本拠地、ロジャース・センターのマウンドはメジャーの球場の中でも傾斜がきついことで知られている。

傾斜負けをし、ステイバックが効かずに体が本塁方向に流れるため、トップが作りきれずに横ぶりの投球フォームになってしまっていた。

だが、田中は3回から修正作業に入った。「自然と(試合に)入れていった部分。4回ぐらいからは集中力を高められた」と、落ち着きを取り戻したメンタルの部分も大きかったが、直球系の球を多めに投げ込むことでフォームの修正を計り、ステイバックが効いた本来の投球フォームを取り戻していった。田中はこのアジャストについて、胸を張ってこう答えた。

「それは今までの野球人生で積み重ねてきた経験というのがあったから、持ちこたえられたもの」

日本で培ってきた修正能力を、メジャーのマウンドでも見事に実践してみせた田中。まさにメジャー初勝利の要因はここにあったわけだが、両軍の指揮官も田中の適応能力の高さに感心していた。

ジョー・ジラルディ監督
ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「いい仕事をしてくれた。よく落ち着いてくれた。序盤は荒れていたが、よく自分を取り戻した。感情面をうまくコントロールし、成熟した投手だと感じた」と評価すれば、ブルージェイズのジョー・ギボンズ監督は「序盤はいくつかのミスがあり、我々はそれをとらえることができたが、田中はその状況を自ら建て直してみせた。間違いなく本物」と、最大限の賛辞を送った。[Sportiva]
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/mlb/2014/04/06/post_98/

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 9
    名無しさん 2014/04/09 7:51

    自己堅持欲じゃやくて自己顕示欲じゃない?
    スピリットとかどう見ても釣りだわ。

  2. 8
    名無しさん 2014/04/08 21:07

    タモロスの俺、参上!なクライマックス肛門をクンカクンカしたい

  3. 7
    名無しさん 2014/04/08 20:41

    ある意味、田中の一番の持ち球だよね。スピリットで良いんじゃないのか。。雄叫びあげて魂込めて投げるボール W 尚メジャーでは逆効果だがW W

  4. 6
    名無しさん 2014/04/08 20:37

    2は無知無能

  5. 5
    名無しさん 2014/04/08 19:43

    只今、母ちゃんのオムツを替えてます!
    臭せぇ~(*_*)

  6. 4
    名無しさん 2014/04/08 19:13

    >>2

    スピリットじゃなくてスプリットね。

    語るのはそれを覚えてからにして下さい。

  7. 3
    名無しさん 2014/04/08 16:49

    たった、一試合しか投げてないのに?

  8. 2
    名無しさん 2014/04/08 16:45

    スピリット(フォーク)の効果もあり、それなりに勝てるだろうけど、あのストレートじゃ好成績は続かない!
    メジャーの分析力は日本の野球の比ではないから!!

    斎藤佑樹はね、相変わらずの勘違いと自己堅持欲の強さで半価値の価値もない投手に成り下がってしまったよ♪
    ホント走らないモンね〜

  9. 1
    名無しさん 2014/04/08 16:25

    何が「深刻」なの?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事