SPORTS

HEADLINE

楽天・松井裕樹が2軍落ちの試練・・・ 星野監督「もう(1軍で)投げることはない」

注目度No.1だった楽天の松井裕樹がついに1軍ベンチから外された。

松井裕樹
松井裕樹

ストライクが入らないという投手にとって致命的な理由だ。まさに天国から地獄へ…。

星野監督

2軍落ちとなった登板は2014年4月23日の西武戦。開幕から3連敗を喫し、星野監督から「ラストチャンス」と宣告されたマウンドだった。ところが、1回表に5四球という信じられない立ち上がり。その後、味方打線が得点を重ねて勝ち越しても、すぐ失点する乱調ぶりで、5回8四球という「ノーコン」ぶりにベンチもあきれかえった。

なんとか初勝利を、と我慢してきた試合後の星野監督はむしろ悲しそうだった。

「早く1勝を、と思って勝ち投手の権利である5回まで投げさせたんだけれどね。ダメだったな」

いきなり四球を連発した松井は、おそらく自分を見失ったのだろう。とにかくストライクを投げなくては、との思いが強かったのか、全く余裕が感じられなかった。

「前回と比べ改善できた部分もあった。ボール自体の感触は悪くなかった…」

強がりとも思えるコメントを残したが、行き場所を無くしたような自信喪失の表情だった。

森雄大
翌日、首脳陣は松井の代わりに昨年のドラフト1位森雄大を1軍に登録した。その日先発した森は、プロ初勝利を挙げている。プロの世界は厳しい。

「もう(1軍で)投げることはない」

星野監督から恐れていた言葉が出た。

「投手としてのABCを学んでもらう」

2軍での厳しい練習が待っている。もう、お客さん扱いはしない、という現実である。松井にとって初めて実力の世界を実感することになる。

松井裕樹

松井の制球力については、おおよそ見当はついていた。下半身が硬いから投げ終わったあとが一定しない。つまり上半身だけで投げているからコントロールがあやしくなる。高校時代は球威と大きな変化球だけで抑えられたが、プロはそれにコントロールがなければ通用しない。

それと走者が出ると、「盗塁自由販売」といえるセットポジションの未熟さがあった。左投手なのに走者を留める基本動作ができていない。それは甲子園で投げているときから分かっていた。

星野監督の指摘はそのことなのである。

「星野監督がそんなことを見逃すはずはない。キャンプでとっくに見抜いていただろう。これで本来の楽天に戻って試合ができる」

多くの専門家はこう見ている。人気先行の選手はこれまで何人もいた。本人もつらいが、周囲も神経を使う。

松井の開幕1軍は入団時の約束だったのだろう。ルーキーでもっとも話題となっていただけに、球団も営業面を考えてそれを望んだことは想像に難くない。

2012年夏の甲子園で、1試合で10連続を含む22奪三振という記録を打ち立て、松井は一躍注目された。しかし、気になったのはその後の秋からの内容だ。神奈川県の秋季大会では早々と敗れ、翌年のセンバツはなくなった。

さらに昨年夏は予選敗退。あれだけの力を持ちながら昨年は一度も甲子園に出られなかった。「勝負運のない投手なのか」という気がしてならなかった。

松井を預かった2軍の投手コーチも緊張することだろう。なにしろ金の卵だ。話題の投手といえば、日本ハムの斎藤佑樹も2軍に落ちた。4月は「ユウキの悲劇」といったところである。[j-cast]
http://www.j-cast.com/2014/04/26203248.html

■松井裕樹を潰しにかかる雑草新人

「高卒一軍入りは松井だけ。ここだけの話、松井のフィールディング、けん制はまだ一軍レベルではありません。そういう欠点をわかった上で一軍入りさせたのは『実戦の中で育てていく』という星野監督流の愛情でしょう」(ベテラン記者)

失敗も将来の糧となる。だが、敵となるのは相手打線だけではない。今季、開幕一軍入りを果たした新人は少なくないが、松井以外は大学、社会人を経験したオトナたちばかりだ。

「開幕で4番を務めた井上晴哉(千葉ロッテ)、途中出場ながら開幕戦でマスクをかぶった小林誠司(巨人)、同じく捕手の梅野隆太郎(阪神)、ローテーション入りを果たしそうな吉田一将(オリックス)…。彼らは高校時代は無名に近く、大学や社会人で鍛えられてプロ入りしました。泥臭さというか、芯の太さがあって、一度や二度の失敗でもめげないたくましさが感じられます」(同)

オリックス

社会人ナンバー1投手だった吉田一将は、甲子園を経験しているが、グラウンドには立っていない。東海大学進学後も、同級生に菅野智之(巨人)がいたため、大舞台を経験していない。大多数の新人はこうした『無名時代の屈辱』をバネに努力を積み重ねてきただけに、エリートに対する敵愾心も並大抵ではない。

「どの新人も『松井には負けたくない』の思いが強いでしょう」(関係者)

星野監督は松井と『野村克也-田中将大』の師弟関係を踏襲したい気持ちがあるようだ。となれば、松井を”雑草新人たち”の標的にしない策を講じるべきかもしれない。[週刊実話]
http://wjn.jp/article/detail/9658325/

【関連商品】



関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 10
    名無しさん 2014/04/29 12:24

    松井秀喜が国民栄誉賞をとったのが未だ納得いかん?

  2. 9
    名無しさん 2014/04/29 11:36

    まあ、監督によって育成方針の違いがあるからなあ
    ノムさんなら間違いなく2軍からスタートさせてた
    仙さんは逆に「ボコボコにされてもいいからまずは行ってみろ」って人なんだろうな
    どちらが正解かはわからないけど、松井には頑張ってほしい
    某監督曰く「勝利は栄養、敗北は薬。どう吸収するかが飛躍の鍵」
    頑張れルーキーたち!

  3. 8
    名無しさん 2014/04/29 1:56

    松井のアイッな肛門をクンカクンカしたい

  4. 7
    名無しさん 2014/04/29 0:36

    「盗塁自由販売」
    こんな言葉初めて聞いたわ
    浸透しないだろうな

  5. 6
    名無しさん 2014/04/28 20:39

    ↓そりゃ中1日で発射してりゃ膝なんかガクガクだろーな

  6. 5
    名無しさん 2014/04/28 20:29

    先約が先だけど… あまり言いたくないが、あのフォームではコントロール悪くて当然。 もっと下半身に筋力が付けば別だろうけどさ… 良い投手だからハンカチの二の舞は避けて欲しい。

  7. 4
    名無しさん 2014/04/28 19:21

    高校で名前あげてもプロでは通用しないって事か

    同じ松井でも秀喜とは大違いw

  8. 3
    名無しさん 2014/04/28 19:00

    コイツ寮で婦人もののホカホカパンティをスーハースーハーしてんだろ

  9. 2
    名無しさん 2014/04/28 18:38

    まだ給料は安いのだから2~3年掛けて育てればいいと思うね。

  10. 1
    名無しさん 2014/04/28 17:26

    気が付いたら、サイドスローのワンポイントになってたら笑ってしまうかも。
    改めて藤浪と大谷は凄いんやな。
    ただ藤浪もコントロールが悪いのと90球過ぎるとバテる体力を何とかしないと、勝ち星がなかなか付かなくなる恐れがある。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事