SPORTS

HEADLINE

【画像】清原緊急入院の原因は酒!?異常なキャバクラ豪遊・・・引退後の荒んだ私生活

週刊文春が報じた薬物疑惑報道をきっかけに別居を始めた清原和博(46)と亜希(45)の大物夫婦。小学6年生と3年生の2人の息子も、妻と行動をともにした。持病の糖尿病治療には規則正しい生活が欠かせないが、夫はひとりで暮らす高級マンションに帰る日々だ。

清原和博|亜希
清原和博|亜希

清原和博

「刃物を持って追いかけ回した」「朝5時くらいから、家が壊れるかと思うほど壁がどんどん叩かれる」――週刊誌は、危機的な夫婦関係をうかがわせる真偽不明のエピソードを報じている。これに対して清原は、写真誌フライデーのインタビューに応じ、「声を荒らげたこともない。まして刃物なんか……あり得んよ」と否定した。

幼い頃に両親が離婚した妻と、祖父が祖母に手を上げる場面を見ていた夫。幼少期の2人のトラウマが、最後の決断を踏みとどまらせているのかもしれない。

「亜希さんが家を出たのは、離婚を前提にしたものではありません。夫の騒ぎに子供まで巻き込まれるのを嫌ってのこと。ほとぼりが冷めれば、また4人で生活するつもりのようです。ただ、清原さんは右足と左肩のあたりに竜の入れ墨を入れている。それだけは何としても消させると話していました。少なくとも下の子供が中学を卒業するまでは、離婚しない考えのようです」(マスコミ関係者)

清原和博と息子

清原は子煩悩で、野球チームに入った息子の練習風景をのぞくため、グラウンドまで足を運んでいた。練習試合ともなると、相手チームの監督にヤジを飛ばすほど熱が入るという。夫婦2人で試合に駆け付ける姿も目撃されていた。

だが、騒動の影響で息子は野球を控えるようになり、清原の応援も見られなくなったという。

「糖尿病の清原さんは、カロリー制限した食事を決まった時間に取り、インスリンを投与しなければならない。でも、ひとりでいるとつい酒を飲んでしまうそうです。銀座のクラブ通いも続けている。寂しいのでしょう。最近も、ものすごく若い茶髪の女性を連れて歩く姿を六本木で見かけましたよ」(テレビ関係者)

よりが戻る前に、体がダメになってしまいそうだ。[日刊ゲンダイ]
http://gendai.net/articles/view/geino/149971

■清原の異常なキャバクラ豪遊

08年に引退した直後に出演したテレビ番組で、「今までで一晩に飲み屋で使った最高額は500万円や。ドラム缶2本分は飲んだったわ」と豪語していたが、あながち大げさではない。「夜の三冠王」と揶揄(やゆ)された西武時代はもちろん、巨人時代にもこんなことがあった――。

キャンプの練習休日前夜、マネジャーとおぼしき男性と2人で宮崎市内のキャバクラに現れた清原は、横に座ったホステスに”一目ぼれ”。「おまえをきょう1日で店のナンバーワンにしたる」と言って、飲んだドンペリが白8本にロゼ3本の計11本。

1時間6000円でハウスボトルが飲み放題という庶民的なこの店で、「たった3時間いて六十数万円を使ったのは後にも先にも清原さんただひとり」(当時の店の関係者)だった。

「ナンバーワン」に見送られキャバクラを出る清原
「ナンバーワン」に見送られキャバクラを出る清原

4日後に同じ店を訪れた際は、ドンペリ14本を瞬く間に空にし、70万円超の料金をカードで一括払い。本人は意気揚々だったが、巨人関係者は眉をひそめることしきりだった。

この05年は、肉体改造を始めた年。「野球人生をかけ、泥水をすする覚悟で臨む」と決意を示しながら、この体たらくだった。引退後の私生活がどんなものだったか、推して知るべしだろう。薬物か糖尿病かはともかく、今回の報道を見た球界の関係者の多くが、「体を壊さない方がおかしい」と、同情するより呆れたのも当然だった。[日刊ゲンダイ]
http://gendai.net/articles/view/sports/148650

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 11
    名無しさん 2014/05/08 20:25

    清原の秋山のヌルヌル隠蔽に加担した男気の無い肛門をクンカクンカしたい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事