SPORTS

HEADLINE

伊紙アンケートでは放出リストに・・・本田圭佑ミランでの4カ月半を激高&沈黙で振り返る

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)は18日、今季最終戦が行われ、ACミランの日本代表FW本田圭佑(27)はサッスオロ戦でベンチ入りしたが、出場機会はなかった。チームは2-1で勝ったが8位で終わり、来季欧州リーグ出場権も逃した。

サッスオロ戦で出番がなかった本田
サッスオロ戦で出番がなかった本田

1月にミランに移籍後、「救世主」として期待され、1月にカップ戦でイタリア初ゴールを挙げたものの、リーグ戦では出場14試合でわずか1ゴール。試合後、本田は約10分間、激高と沈黙を交えて振り返った。この悔しさをW杯でどう晴らすのか。

–イタリアに来てうまくいかなかったところは

本田圭佑

「まぁ…、うまくいかなかったことばかりだったと思うんですけど。それがわかったことが、うまくいったことかなという4カ月半だった」

–やりたいポジションでできないジレンマはあったか

「そうですね…。それは常にありましたけど(苦笑)。当然今、右(サイド)でやらされていることが何か意味があるというふうにとらえてはやっていましたね」

–セードルフ監督も『本田はイタリアで時間がかかる』といっていたが

「悪くいうべきかどうかわからないのですが、セリエAの特徴としては(ボールを)出したら動かないですね。おまえ、止まるのか!っていうのだらけでしたね」

–プロ入りしてこれだけ苦労したのは初めて

本田圭佑-CSKA時代

「(語気を強めて)そんなことないんじゃないですか!CSKAで僕がどれだけベンチに座ったか数えてみてください!グランパスでどれだけベンチに座ったか数えてみてください!(北京)五輪でどれだけうまくいかなかったか、オランダ半年で2部に落ちましたし、ガンバジュニアユースでユースにあがれなかったし」

–イタリアで一番学んだことは

「そうですね…。(1分近く沈黙後)いっぱいあるんですけど、やはり忍耐力が大切だと。口ではなく実践している4カ月でした」

–ザッケローニ監督にこの4カ月半をなんと表現しますか

「表現する必要はないんじゃないですか?監督、たぶん調べていると思いますんで、ピッチ上がすべてだと思うんで。僕が何かエクスキューズ言う必要もないですし」

–この4カ月半はW杯につながりますか

「もちろんです。右(サイド)をやったことも生きるでしょうし、できなかったという悔しさも生きるでしょうし、(W杯へ)すべてを生かすつもりです。僕らには野望がある。サプライズを起こしたい」[zakzak]
http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20140519/soc1405191531003-n1.htm

■クラブ公式チャンネルのインタビュー

「みなさんが自分に満足していないのは知っていますよ。みなさんが見たのは、(本当の)僕ではないんです。

ワールドカップ(W杯)に向けてすぐに気持ちを切り替えなければいけません。ミランのサポーターが来季の自分を待ってくれることを願っています」

「1ゴールしか決められなかったことには満足していません。でも、チームメートたちと仲良くなれたことはうれしく思っています。

ポジションについては、来季に向けて(クラレンス・)セードルフ監督と話し合いますよ。どこでプレーしたいかは、すでに彼に伝えてあります」

「これから日本に行って、W杯に向けてベストコンディションになれるように調整していきます。僕らには大きな野心があり、みんなを驚かせたいと思っていますよ。W杯でイタリアと対戦したいですね」

「来シーズンに向けて望むのは、チャンピオンズリーグの舞台に戻ること。今季は7位ですからね。でも、リーグ優勝も悪くないです」

■伊紙アンケート「高額年俸放出候補」の2位に

本田はいらない?
ミランは今シーズン優勝争いに絡むことなく低迷、イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は公式ホームページで「ACミランは誰を放出するべきか」との緊急アンケートを実施した。

高額年俸者を放出して来季補強費を捻出してほしい…との意図だが、対象はFWバロテッリ(23)、MFエルシャーラウィ(21)、MFモントリーボ(29)、DFデシリョ(21)のイタリア代表に本田を加えた5人。

1位になったのは51・6%でバロテッリ、2位が本田で39・4%。なんとイタリアと日本のエース2人で90%を超える不支持率だ。

残る3人はいずれも4%以下だけに、ミラニスタ(ミランサポーター)たちは、今季低迷の原因がエースの働きができなかったストライカーと、背番号「10」にあると考えていることが浮き彫りとなった。

本田は救世主として今年1月に加入したが、リーグ戦ではここまでわずか1ゴール。

250万ユーロ(約3億5000万円)の高額年俸に見合った成績を残せていない。まして昨年12月まで所属したCSKAモスクワが15日のロシア・プレミアリーグ最終節に勝って2連覇を決めた。

それも、本田がいなくなった後に、10連勝を達成する快進撃。CSKAのギネル会長は地元メディアから本田に優勝メダルを渡すか聞かれると「もちろん。彼がセリエAで優勝した時にね」と皮肉たっぷりにコメントしている。

ミランサポーターの歯ぎしりが聞こえてきそうだが、クラブ側としてもファンの声は無視できないところ。来季のチーム再編へ向け、果たしてどうなるのか?[東スポ]
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/267437/

【関連商品】

関連キーワード

コメント

  1. 12
    名無しさん 2014/05/23 21:18

    本田の発言とは裏腹にプレーは大人しかった肛門をクンカクンカしたい

  2. 11
    名無しさん 2014/05/21 15:06

    ミランに移籍すべきじゃないって人がたくさんいたけど、本当だったな。
    じゃどこなら活躍できたんだろ?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事