SPORTS

HEADLINE

口は災い元!?タレント気質が障害に!?ソフトバンク新監督・工藤公康が内定しないワケ

福岡ソフトバンクホークスと阪神タイガースの、日本一をかけた日本シリーズの火蓋が切って落とされた。3年ぶりの日本一を目指すソフトバンクに対し、1985年以来29年ぶりの日本一を目指す阪神。

その勝敗が気になるのはもちろんだが、クライマックスシリーズ前に秋山幸二監督が辞任を発表したことで、ソフトバンクの次期監督も話題になっている。

工藤公康ダイエーホークス時代
すでに同球団(当時ダイエーホークス)OBの工藤公康氏で一本化され、日本シリーズ終了後に発表されるとの報道もあるが、まだまだ本決まりというわけではないようだ。あるスポーツ記者はこう証言する。

「工藤氏は、西武、ダイエー、巨人の3球団をエースとして日本一に導き、通算224勝をあげるなど投手としての実績は十分。その経験と実力をかわれ、2011年に横浜を買収したDeNAから監督要請を受けたのですが、就任直前になってご破算になったのは記憶に新しいところです。

原因は、高田GMとの選手補強やコーチ人事などにかんする意見の食い違いと言われていますが、そればかりではありません。当時の工藤氏は、まだ正式決定していないにもかかわらず、まるで監督のように報道陣への対応を繰り返していました。その姿をDeNA首脳陣が問題視したことも、白紙撤回となった大きな要因なんです」

〝口は災い元〟とはまさにこのこと。そして今回も、その口が大きな障害になっている可能性があるのだとか。前出記者がこう続ける。


工藤公康 王貞治監督

「工藤氏は、現在ソフトバンクの会長をつとめる王貞治さんが監督のときに、ジャイアンツに移籍しているのですが、〝王さんは引き留めようともしてくれなかった〟と批判したことがあったんです。

王さん本人は気にしていないようですが、球団内部では、会長を批判した人間を監督にしていいのかとの声も多い。また、秋山監督はどちらかといえば口下手で男気溢れるイメージがありますが、工藤氏はやはり口が先をいくタレント気質。

そのため、王監督と秋山監督が築いてきた、野球の本質を磨いてファンを魅了するソフトバンクのカラーが、一気に崩壊してしまうことも危惧されているようなんです」

工藤公康ダイエーホークス時代
そんな事情を知ってか知らずか、工藤氏はキャスターをつとめる『報道ステーション』(テレビ朝日系)に主演した際、司会の古舘伊知郎氏に監督就任をにおわせるようなフリをされ、言葉を詰まらせるという一幕もあった。

3年前の失敗を繰り返すまいとの自覚からなのかは定かではないが、〝口〟を意識しているのは明らかといえよう。果たして、工藤監督は無事に誕生するのだろうか。

[引用/参照:http://dmm-news.com/article/895086/]

【関連商品】

関連商品

コメント

  1. 3
    名無しさん 2014/10/28 11:53

    福岡で工藤となるとヤクザ球団みたいだな!

  2. 2
    名無しさん 2014/10/27 22:40

    福岡のファンは工藤を受け入れるのか?福岡を捨てて金を取ってOB面。まあーファンにはハガキやらなんやらお詫び行御したらしいが。。 本当は小久保がやるべき!巨珍に入ったのは事情が違うしね! 侍なんかクダラナイお遊びなんだから、兼務出来るんじゃないの。

  3. 1
    名無しさん 2014/10/27 20:11

    口は災いの元だよね♪○イヤルズの日本人もデカい口たたいてレギュラー剥奪されたからね♪

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事