SPORTS

HEADLINE

【ハリルJAPAN】チュニジア戦スタメン期待も、終わってみれば主役はいつもの・・・

チュニジア戦最大の焦点は、ハリルホジッチ新監督はいったいどんなサッカーをする人物なのか?だったはずだ。

アギーレの時も、ザッケローニの時もそうだった。代表チームの新外国人監督の戦術、サッカーゲームの戦い方に目を傾けることは、もはや慣例になっている。

布陣は4-2-3-1。サッカーそのものも攻撃的な部類に入るが、そうした意味での衝撃は、今回まったくと言っていいほどなかった。従来と大きく異なる点は、見えてこなかった。

強いて特徴を挙げるなら、この試合に、いわゆるベストメンバーを編成して臨まなかったことにある。スタメンは、アジアカップとは7人変わっていた。



ハリルホジッチと宇佐美


「できるだけ多くの選手を見てみたいので、これまであまり使われてこなかった選手を多く選んだ」と、ハリルホジッチは言った。

就任記者会見では、「3月の試合は従来のメンバー中心」「その後は、試合ごとに選手が入れ代わる可能性が高い」と述べたが、フタを開ければ、初っ端から、彼はいろいろな選手を試そうとした。

その結果、どういうことが起きたか。こちらの目まで選手に向くことになった。新監督ではなく選手。ハリルホジッチと同じ目線で、新生日本代表を見つめることになった。

主役は、気づけば交代していた。どの選手がどれくらいやれるのか。それは我々にも興味深いテーマとして映ったのだ。

試合後の会見に臨んだハリルホジッチは、満足げな表情で雄弁に語った。しかし、こちらはそれに必ずしも同意できなかった。同じ目線を傾けていたにもかかわらず、彼のような満足感を得ることができなかった。

日本代表が可能性の高いサッカーをし始めたのは、後半15分以降。すなわち、本田圭佑と香川真司がピッチに交代選手として送り込まれてからだ。



本田圭佑と香川真司



先制点が生まれたのは後半33分。得点者はその6分前に、交代出場した岡崎慎司で、アシストは本田だった。その本田にパスを送ったのも香川だった。

それは、ハリルホジッチにとっても、我々日本人にとっても、すでに十分知っている選手がボールに絡んだことで生まれたゴールだった。

新鮮さはゼロ。香川のシュートを相手GKがはじき、それを本田がプッシュしたことで生まれた後半38分の追加点も同様。この試合のテーマ、すなわち「新戦力の発掘」に照らせば、決して喜べないゴールだった。

ザッケローニ、そしてアジアカップにお馴染みのメンバーで臨んだアギーレに対し、我々は、「もっと新戦力を使え」と異を唱えた。目先の勝利を欲するあまりテストを怠るその姿勢を「保身」だと言って非難した。

そこのところをすべて解除して戦おうとするハリルホジッチのやり方は、そうした意味で大歓迎だった。チュニジア戦のスタメンを見たこちらは、これまで動かなかったものが、動きはじめそうな好感触を得た。

だが終わってみれば、結局、何も動かなかった。主役はやっぱり、本田であり、香川であり、岡崎だった。



本田圭佑の追加点



選手がアップデートされていない日本の悩ましい現状を再認識させられることになった。試合後、期待に胸を膨らませているようにみえたハリルホジッチとは、まったく別の思いを抱くことになった。

4年前と変化なし。畑には、新しい芽がほとんど芽吹いていない。大袈裟に言えばそうなる。

唯一、明るい希望を抱かせたのは後半44分のシーン。後半27分に交代出場を果たした宇佐美貴史が、香川からスルーパスを右足で流し込もうとした瞬間だ。

シュートは無情にも右ポストを叩き、ゴールはならなかったが、新生日本代表の門出にふさわしい胸の透くようなプレイだった。

とはいえ、宇佐美は現在22歳。まもなく23歳を迎える。2018年には26歳になっている彼を、期待の若手と言って、もてはやすわけにはいかない。

ハリルホジッチは、31日のウズベキスタン戦でも「新しい選手を起用するつもりだ」と語ったが、新しい選手が若いわけでは決してない。

日本の問題はそこにある。長谷部が33歳になり、本田、岡崎が32歳になる2018年までに、下の世代から何人若手が育ってくるか。それこそが、ハリルホジッチが成功するか否かのポイントになる。

ハリルホジッチでも、かなり苦しいのではないか。青息吐息になるのではないか。本田、岡崎、香川の活躍で、初戦を何とか勝利で飾ることができたその船出を見せられると、選手の空洞化は想像以上。3年3カ月後が大いに心配になるのである。

[引用/参照:http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2015/03/28/japan/]

□ 海外の反応

試合開始前

・ハリルホジッチはきちんと考えている スタメンから日本の攻撃の仕方を完全に変えたいのが見て取れるわ

・一方では4-3-3、他方では4-2-3-1と報道されているが いずれにせよ、ハリルホジッチのデビュー戦は驚くほど奇妙なメンバーだ

・変な感じにワクワクされるスタメンだ・・・高齢の選手がいない

・興味深いスタメンをハリルホジッチは出してきたが あまり深読みしないことにする。火曜日のウズベキスタン戦では恐らく全く異なるメンバーを使ってくるだろうからね。

前半

・清武は散髪する必要があるな

・(スタジアムの)雰囲気は本当に素晴らしいな ワールドカップの試合か何かかと思わせるぐらいだ 日本のファン、あなた達は素晴らしい

・うまく入れ替わった。永井の上手いトラップ。 (清武の)クロスも良かった

・30分経過したが守備面の愚かなミスはまだない 槙野が怪しいのがあり、権田のミスキックがあったが今のところオッケーだ!

・チュニジアは難しい相手ではないけどアギーレの時の日本代表の全試合よりもハリルホジッチの方がいいね

・藤春がこんなに速いなんて思わなかった

後半

・武藤の突破がファウルで潰された チュニジアのディフェンダーにはイエローカード

・宇佐美入って来いよ

・スター達が入る!

・香川と本田を神みたいに扱っているよ

・うわあああ、川又がシュートをしくじった 今日は山口が初めて素晴らしいパス

・香川と本田が入ったことでチーム全体の士気が上がっている

・宇佐美の素晴らしいヒールキックは沢山リプレイされるだろうな!

・香川と岡崎が上手いプレーをして本田がセービングを詰めた!

・香川の上手いパワフルなシュート 不調の時とは大きな違いだ

・本当のきっかけは吉田の縦パス。でもハイライトではそのポイントから見せないと思う。日本代表=本田と香川だからね

・内田が今日で27歳だなんてまだ信じられない 彼は小さい高校生みたいに可愛いのに

・香川の最高のスルーパスから宇佐美のシュートはポストの内側

試合後

・日本の快勝だったが、大物(香川、本田、岡崎)が違いを生み出した 宇佐美も使えるみたいだったしね

・ミランでの本田は本当に酷いが、日本代表では驚くほど素晴らしい 誰の責任だろう?インザーギか本田か?

・宇佐美が試合を変えた、この男は大きなポテンシャルを秘めている

・本田が宇佐美を代表チームに温かく迎え入れる



【関連商品】



関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事