SPORTS

HEADLINE

【観戦してた各界著名人画像有】パッキャオvsメイウェザー戦の高額チケット購入も招待客装うビジュアル系歌手とは!?

世紀の一戦として大きな注目を集めた、プロボクシングのフロイド・メイウェザー・ジュニア(米国)とマニー・パッキャオ(フィリピン)の試合会場には、世界中のセレブたちが集結したが、その”入り方”で格が分かれた。

5月2日のラスベガス、会場はMGMグランドのメインアリーナで約1万7,000人を収容したが、公式チケット価格は最低でも1,500ドル(約18万円)。リングサイドは1万ドル(約120万円)と設定されたものの、公式販売はされず、わずか500枚程度が割り当てられたのみだった。



パッキャオvsメイウェザー戦 ジェイZ&ビヨンセ
ジェイZ&ビヨンセ



そのためプラチナペーパーと化し、転売屋の間では4,000万円の値を付けたところもあったという。日本からの観戦ツアーは、最低額のチケットを含んだ4泊5日のパックが128万円で販売されていた。

結局、会場内は有名人かボクシング関係者ばかりとなったのだが、観戦に訪れたセレブはレオナルド・ディカプリオやウィル・スミスといった大物俳優などで、LAの芸能記者エイドリアン・ゲイル氏によると「彼らは大手ファッションブランドから”同社の服を着て行くこと”を条件に、高額チケットを無償で手に入れた」という。



パッキャオvsメイウェザー戦 ロバート・デ・ニーロ
ロバート・デ・ニーロ



「ボクシングの熱狂的ファンとして知られる人気俳優のマーク・ウォールバーグやラッパーのパフ・ダディは、この試合のためのプロモーション仕事を請け負って試合前のVTRにも登場したおかげで、会場内をVIP待遇で行き来できていましたが、こういったセレブは、ほんの一握り。ほかはボクシングプロモーターやテレビ局などの有力関係者を除けば、多くの有名人が転売された高額チケットを買っていたんです」(ゲイル氏)



パッキャオvsメイウェザー戦 パリス・ヒルトン
パリス・ヒルトン



実際、会場にいたある外国人スポーツ選手は、取材を受けた際「チケットの購入額以外の質問にしてくれ」と言ったほど。

日本のタレントでは、ボクシングファンの人気芸人、くりぃむしちゅー・上田晋也と千原ジュニアが生観戦。明石家さんまは、千原が100万円ほど支払って”後方の席”を買ったと暴露していたが、これは日本のボクシング関係者が好意で譲ったものと判明した。



パッキャオvsメイウェザー戦 くりぃむしちゅー上田晋也
前座の試合映像にくりぃむしちゅー上田晋也



「上田さんや千原さんはボクシング番組に出演したりで、日頃から関係者と付き合いがありますから手配してもらったんです。ただし招待券はほぼ存在しないので、手数料を含め、少し上乗せした額を関係者に渡したそうです」

こう話すのは現地観戦したボクシング関係者で、同じルートでは有名な元水泳選手や元野球選手も観戦。ただし、ボクシング業界との付き合いが深くないため、こちらは「もう少し高めの金額を払い、譲ってもらった」という話だ。



パッキャオvsメイウェザー戦 マイケル・ジョーダン
マイケル・ジョーダン



「実は、彼らは当初、一般の観戦ツアーに申し込んでいたんですが、座席は最後尾だった。それで『もっと前の席があれば買います』といって、探していたそうですよ」(同)

つまりは二重にチケットを購入。そんな顛末があまりカッコよくないからか、観戦したこと自体を公にはしていない。

ただ、最もカッコ悪いのは、こうして転売チケットの購入を公にしていながら、招待客を装っている者だ。

「見栄で招待客として悠々と来場したように見せたいのが心情でしょうが、実際には有力な関係者に『金は定価の何倍でも出すから』と必死にチケットを求めていた」と関係者。



パッキャオvsメイウェザー戦 GACKT
GACKT



そのひとりがビジュアル系の男性歌手で、本人は「招待された」としているものの、実際には関係者から高額チケットを購入。それも、ほかのタレントらと比べ、はるかに高い額を出したという。

「テレビ関係者を通じて手配を求めてきた際『金はいくらでも出すから、招待客ということにしてくれ』と、上から目線の態度で注文してきたんです。これを不快に思った関係者が高額で吹っかけたところ、交渉の末に購入。

そんな場合でも、普通は電話か現地でお礼の一言でもあるのが常識ですけど、この歌手は大物ぶってそういうのも一切なし。実際はタレントの中でも高額でチケットを入手したので、”格下”なんですけどね(笑)。

さらに後日、この歌手は知人の女性タレントに非売品の大会グッズの画像を送って『招待客にだけ渡された』と自慢していたそうです。でも、そのグッズは、会場となったホテルグループのテレビ視聴者に無料で配布されたものなんです」(同)

なんとも見栄っ張りな歌手の小っ恥ずかしい話だが、それだけこの試合に価値があったということか。海外では1万円前後する有料テレビ視聴料が、日本のWOWOWでは2,000円前後の月額視聴料でそのまま楽しめたため、得なのは明らかに日本のテレビ観戦者だったが。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/10089272/]

□ ネットの声

・募金詐欺の金でランボルギーニを買って最近ぶつけてしまった人の事ですか?

・招待されていくより、何百万・何千万と支払って見に行く方がすげーって思うんだけど

・アガシとグラフがリングサイドにいたな。

パッキャオvsメイウェザー戦 シュテフィ・グラフ&アンドレ・アガシ
シュテフィ・グラフ&アンドレ・アガシ


・格付けでも。1問30万ぐらい払ってるかも。

・学童さんてパッキャオの友達の知り合いの知り合いなんだろ?凄いよね

・Twitterに会場の写真をあげない時点でわかってました

・すっかりセレブ風芸人が板に付いちゃったな

・吹かしてたガクトも当然だが上田とか千原とかも馬鹿だろw

□ GACKT「世紀の一戦」招待されリングサイドで観戦

ミュージシャンのGACKTが2日(3日)に米ネバダ州ラスベガスで行われたWBC、WBA、WBO世界ウエルター級統一戦、フロイド・メイウェザー対マニー・パッキャオ戦のリングサイド席に招待され、観戦した。



パッキャオvsメイウェザー戦 GACKT
GACKT



GACKTは滞在中のヨーロッパから日本経由でアメリカへ向かう途中、ブログマガジンの記事をアップ(一部をブログにも公開)し、移動理由について「ベガスに行くんだよ。ラスベガス。招待されたんだよ。パッキャオとメイウェザーの試合に」と明かした。

そしてGACKTはパッキャオとメイウェザーがいかにすごいボクサーであるかを説明。ついでに「ボクも小さい頃、ボクシングをやらされてたから 試合を見ると、『コイツのテクニックは半端ないなぁ…。ヤバいなぁ…踏み込みのタイミングが…』とかって玄人目線になってしまうんだよ」と、自身のボクシング経験を打ち明けた。

テコンドーの有段者であることは知られているGACKTだが、今回の記事では「過去にやってきた武道に、空手、ボクシングがある」ことまで明かした。

そして今回の観戦のいきさつについて「ボクの仲間がパッキャオと仲が良くて、6月には彼に会う予定だったから なおさらこの試合は生で見ておきたいって思ってたら、タイミングよく招待された」と来月、パッキャオと対面予定があることを説明した。



パッキャオvsメイウェザー戦 GACKT
GACKT



今回の試合は、ネット上でリングサイド席に4200万円の値がつくなど世紀の対決と言われ、結果は3-0の判定でメイウェザーが勝った。

[引用/参照:http://news.livedoor.com/article/detail/10077417/]

・この記事は嘘なんだな?

・読むとこっちが恥ずかしい気持ちになるw

【関連商品】



関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2015/05/11 19:15

    すげぇ

  2. 2
    名無しさん 2015/05/10 17:51

    このGACKTの写真見た時、8.6秒バズーカーの田中シングルかと思った。

  3. 1
    名無しさん 2015/05/09 12:20

    かっこわりーなー

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事