SPORTS

【なでしこ】岩清水ベンチで号泣のワケ&宮間 代表引退の可能性も

研究されていた。前半3分、CKで意表を突くグランダーパスを入れられた日本女子代表(なでしこジャパン)は、前半16分までに4失点を許す。

手を打たざるを得なくなったなでしこは、同33分に失点に繋がるミスを犯したDF岩清水梓を下げてMF澤穂希を投入。ベンチに下がった岩清水は人目をはばからず号泣した。

W杯 カナダ 岩清水 号泣

2-5で敗れ、夢が散ったなでしこ。試合後の選手らの目は涙であふれていた。責任を感じるGK海堀あゆみにFW大儀見優季が駆け寄り、肩を抱く。涙にくれるDF有吉佐織にはDF近賀ゆかりらが駆け寄り、慰め続けていた。

[引用/参照:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00774752-gekisaka-socc]

守備の要のDF岩清水梓は精彩を欠いた。前半3分のCKの場面ではロイドをつかまえきれずに先制を許し、14分には中途半端になったクリアボールをホリデーにたたき込まれた。33分に交代でベンチに下がると、頭を抱えてむせび泣いた。

岩清水は「立ち上がりの失点は自分のせいで、チームに申し訳ない。ロイドが来るのは分かっていたのに、予想以上のスピードだった」と目を赤くした。

前回大会の決勝は延長終了間際に退場処分を受け、優勝の瞬間をピッチで味わえなかった。「最後に笛が鳴って喜べる時には、みんなと一緒にピッチの上で迎えられたらいい」と意気込んでいたが、望みはかなわなかった。

[引用/参照:http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1502742.html]

□ 組織力崩壊招いた岩清水交代

「その岩清水をなぜ代えたのか?」という疑問の声は少なくない。なでしこリーグの関係者が言う。

「経験の浅い若い選手やいつまでもミスを引きずるタイプなら、あの場面の交代もあるでしょう。1、2失点目も岩清水のマークが緩かったのは事実だし、クリアミスも痛かった。

でも、なでしこのポゼッションサッカーは、経験豊富な岩清水を中心とした堅守がベースになっている。DFリーダーの岩清水がいるからこそ、両SBは果敢にオーバーラップできるし、数的不利になってもDFラインは崩れない。その岩清水をベンチに下げれば、なでしこの組織力は半減どころの騒ぎではない」

W杯 カナダ 岩清水交代で組織力崩壊?

さらに関係者はこう続ける。

「守りの要である岩清水に代わって起用された澤がボランチに入ったことで、CBにはボランチの阪口が回り、宇津木との絶妙なコンビネーションも崩壊した。

今大会で初めて先制され、立て続けに失点した時、一番落ち着かなければならない指揮官が、最も動揺していたように見えた」

[引用/参照:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/161480]

□ 宮間 代表引退の可能性も

なでしこジャパンのMF宮間あや(30=岡山湯郷)の世界大会出場は03年のW杯から6大会目。来年のリオデジャネイロ五輪、4年後のW杯フランス大会、35歳で迎える20年東京五輪まで主力であり続けられる選手だ。

だが、「また優勝を目指す新たな旅が始まったといえるか?」と聞かれ、慎重に言葉を選んだ。

なでしこ宮間 代表引退の可能性も
「日本女子代表としてチームとしてはそうだと思う。個人としてのことはゆっくり考えたい。チームって作り上げるのは難しい。東京五輪もありますし、いろんな方向性や選択肢もあると思う。ゆっくりやっていければいいかなと思っています」。

今後の日本代表の強化を見据え、日本代表の活動から退くことも頭にあるようだ。

準々決勝に向けた6月25日の練習後「宮間さんも澤さんと同じように最後のW杯の覚悟で戦っているの?」と問うと「今は、もう大会に入ってしまったので、そのことは考えないようにしています。1戦1戦戦い抜くだけ」と話した。

[引用/参照:http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1503059.html]

【関連画像】

W杯カナダ エロ目線
エロ目線で振り返るW杯カナダ 汗で濡れて乳首透け&ポチの女子サッカー選手たち


なでしこジャパン 川澄奈穂美のユニフォームが引っ張られ…鮫島彩のパンツが完全に透け透けにw

【関連商品】



コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事