SPORTS

HEADLINE

斎藤佑股間をイジる癖

「さまざまな効果が得られる」と専門家

「また、イジってるよ……」

斎藤佑樹

関係者が日本ハムの斎藤佑樹を見ながら、ポツリとつぶやいた。この関係者によると、斎藤にはあるクセがあるという。

「斎藤は、何かあると股間を触るんです。練習中でもマウンドでも、よくイジってますよ。早実高時代からですね。『みっともないからやめろ』と言われたこともあったようですが、斎藤本人は『触ると落ち着くんです』と言っているようです」

たしかに、斎藤をよく観察していると、手をアソコに当てている姿が目立つ。一軍に合流したこの日(28日)も、芝草投手コーチからのアドバイスにうなずきながら、自然と右手が股間の方に伸びていた。ただ収まりが悪いだけなのか?

「スポーツ心理学の教科書には載っていませんが……。一種のおまじないのようなものでしょう」

と分析するのは、心理学者の鹿屋体育大学教授・児玉光雄氏だ。

斎藤佑樹
斎藤佑樹

「股間に限らず、特定の部位を触ることをルーティンにして集中力を高めたり、安心感を得られるという効果はあります。例えばイチロー選手は、打席でバットを構える動作のときに、必ずバックスクリーンのある一点を見るという。斎藤選手にとっては、それがたまたま股間ということなのだと思います」

また、メンタルトレーナーの高畑好秀氏は、「股間を触るという行為はさまざまな効果が得られる」と、こう続ける。

高畑好秀

「股間は体の中心部にある。その股間に触れることで、重心を体の中心点に置くという意識づけができる。打者に『股間を挟むように打て』という指導があるくらい、野球選手、スポーツ選手にとって大事な部分ですからね。また、緊張した気持ちを落ち着かせる効果もある。緊張すると、下腹部が縮小する。これをほぐすということ。一般的には子供が緊張して股間を触ったり、恐怖を感じたときに股間を握ってもらうと落ち着くということがあります」

専門家に言わせれば、「どんどん触った方がいい」といったところだろう。

その斎藤はこの日、ブルペンで約40球を投げるなど、29日の先発登板に向けて汗を流した。「内容はまあまあ。いつも通りです」と話した斎藤は、梨田監督から「頑張ってくれ」と声を掛けられたという。梨田監督も「求めすぎてもダメだし、ある程度やってくれれば。結果がすべてなんだけど、あとは成り行きに任せて投げてくれればいい」と期待を寄せた。

5月8日以来となる復帰登板では、投球だけでなく股間にも注目

[ゲンダイ]

斎藤佑樹の極秘情報はコチラ!!⇒

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 60
    名無しさん 2011/08/01 3:38

    自分のイジってんだし、いんじゃねえの?

  2. 59
    名無しさん 2011/07/07 0:08

    お前のどこが野球を知ってるんだ?ww

  3. 58
    名無しさん 2011/07/06 1:58

    カラテカの矢部だっけ?その人も股間触るクセが…ww

  4. 57
    名無しさん 2011/07/04 11:23

    もう斎藤佑樹ネタはいいよ

  5. 56
    名無しさん 2011/07/04 8:36

    インキンタムシ

  6. 55
    名無しさん 2011/07/03 21:53

    ダルもこんな野郎、中田ほど可愛がってねえだろ

  7. 54
    名無しさん 2011/07/03 12:48

    ゆとり教育とか馬鹿な事を実行したら終了なんだと今さら気付いても遅い点 爆

  8. 53
    名無しさん 2011/07/03 12:37

    www

    えーと
    活躍してるのってイチローくらいじゃんww
    後は全滅ww
    研究されてないヤツは1、2年程度はそこそこやれるけど新人限定しか活躍出来ない時点で終わってるww
    メジャー脱落者が日本のプロ野球でレギュラーになってるの見てなんも感じないんだろ?
    三流以下の野球見てギャーギャー騒いでるの見たら
    これ以上レベル上がる事ないと断言できるww

    連邦の言葉が日本人の本質
    別に一番目指してない

    負け組ww

  9. 52
    名無しさん 2011/07/03 12:07

  10. 51
    名無しさん 2011/07/03 9:54

    触りたい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事