SPORTS

HEADLINE

ほとんど報じられなかったサッカーW杯をめぐる韓国とイングランドの密約【世界10大誤審動画付】

巨額マネーが動くスポーツイベントでは招致に絡んだ密約がつきものだ。

2018年と2022年のサッカーW杯で、それぞれロシアとカタールに開催地が決まったことをめぐってFIFA(国際サッカー連盟)の汚職・不正疑惑が取り沙汰されている。

が、アメリカの司法当局がFIFAの捜査に本格着手する以前の昨年11月末、韓国とイングランドの密約が暴露されて大騒ぎになったことは、なぜか日本の新聞ではほとんど報じられなかった。

英国紙「サンデータイムズ」など複数の英メディアは、イングランドサッカー協会(FA)関係者の証言として、大韓サッカー協会名誉会長の鄭夢準(チョンモンジュン)氏とイングランドのジェフ・トンプソン氏(いずれも当時FIFA副会長)の間で、票を取り交わす密約があったことを報じた。

s20150826-1

韓国が2018年招致でイングランドに投票する代わり、2022年招致を目指す韓国にイングランドが投票するという取引だったとし、さらに韓国側は投票日前日にデビッド・キャメロン英首相と密会してイングランドへの投票を約束していたという。

それが暴露されたのは「韓国が我々に投票しなかったから」(FA関係者)。韓国はロシアに投票していたのだ。その裏切りにキレたイギリスに密約を明かされるというお粗末な展開だった。

名指しされた鄭氏は自身の公式ホームページで「事実無根」と反論したが、FIFAは開催地選定に絡む様々な不正疑惑について、いったんは「嫌疑なし」とした昨年の調査結果を見直す考えを明らかにしている。

サッカージャーナリストの財徳健治氏はこう指摘する。

「FIFAのブラッター会長は、会長選でのアフリカ票欲しさに南ア開催を決めたとされています。トップからしてそんな体質だから、こっそり票を融通し合うのはよくあることと言えます。

とはいえ表沙汰になることはなかった。2002年のW杯招致では、日本に遅れを取った韓国が当時の欧州連盟幹部に泣きついて日韓共催に漕ぎつけたとされます。

逆にイングランドにすれば、“我が国で開催したい時はわかっているよね”という腹でした。しかし韓国に恩を仇で返され、腹に据えかねて暴露したのでしょう」

韓国の裏切り体質によってこの密約は明らかになったが、まだまだ隠された取引はありそうだ。

[引用/参照:http://www.news-postseven.com/archives/20150824_340532.html]

サッカーW杯世界10大誤審

サッカーのワールドカップで開催国が決勝トーナメントに進出しなかったことはなく(2006年まで)、そのため予選リーグで少々開催国に有利な笛が吹かれることは黙認されるとサッカー界ではいわれる。一方、決勝トーナメントではその特権は認められないとも──。

FIFA公認の「FIFA創立100周年記念DVD」(2006年発売)に「サッカーW杯世界10大誤審」という特典映像がある。

1位はマラドーナの「神の手ゴール」。6位と7位には日韓大会決勝トーナメント1回戦の韓国対イタリア、8位と9位に準々決勝の韓国対スペインでの誤審が入っている。

1位 神の手ゴール
1986年 メキシコ大会 準々決勝 アルゼンチンvsイングランド
アルゼンチン、マラドーナの神の手ゴール

2位 相手倒し決定機阻止!しかしノーファール
1984年アメリカ大会 ベスト16 ドイツvsベルギー
ウェーバーがペナルティエリア内でドイツDFテクルに倒されるもノーファール。

3位 普通のヘディングがファールに
2002年 日韓大会 ベスト16 ブラジルvsベルギー
ベルギー代表ウィルモッツが素晴らしいヘディングを決めるも、ファールの判定に。

4位 ゴール決めるも試合終了でノーゴール
1978年 アルゼンチン大会 1次リーグ ブラジルvsスウェーデン
ブラジル、ジーコがヘディングゴールを決めるも主審は試合終了後のゴールとして認めず。
1対1の引き分けに。

5位 ゴールを決めるもオフサイド判定
1982年 スペイン大会 1次リーグ カメルーンvsペルー
カメルーン、ロジェ・ミラがゴールを決めるもオフサイドでノーゴール。

6位&7位 謎の退場
2002年 日韓大会 ベスト16 韓国vsイタリア
6位 イタリア、トンマージがゴールデンゴールを決めるもオフサイドでノーゴール。
7位 イタリア、トッティがシミュレーションを取られ警告を受け退場。

8位&9位 消された得点
2002年 日韓大会 準々決勝 韓国vsスペイン
8位 スペイン、モリエンテスがヘディングシュートを決めるもファールを取られノーゴール。
9位 スペイン、モリエンテスがゴールを決めるも、その直前のホアキンのクロスがゴールラインを割っていたとしてノーゴールに。

10位 退場!しかし出場停止ならず
1962年チリ大会 準決勝 ブラジルvsチリ
ブラジル代表ガリンシャは膝蹴りを相手DFに見舞ったとして退場。決勝は出場停止なのだが、ブラジル関係者および、チリ大統領の介入により出場停止が消滅、決勝へ出場となる。

[引用/参照:http://rubeusu-trend.com/1089/]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2015/09/01 13:36

    韓国の暴挙をもっと日本人と世界中に知ってもらうべき。

  2. 2
    名無しさん 2015/08/29 19:23

    韓国はスポーツするな

  3. 1
    2015/08/27 13:32

    韓国クソすぎるw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事