SPORTS

オリックス中島の生まれちゃった婚にモデル相沢紗世に同情殺到も踏み切れなかったワケとは・・・

相沢紗世に同情殺到「ろくな男じゃない!」

オリックス・バファローズの中島裕之が、カリスマモデルの相沢紗世と、極秘入籍していたことが報道された。二人は4年前から交際が始まり、9月下旬の女児出産に合わせて婚姻届を提出したという。

s201501019-4

ただ、この事実を報じた週刊文春の記事によれば、当初「中島が優柔不断すぎて結婚できない」(中島の知人)状態が続いていたそうで、そうこうするうちに相沢が妊娠、出産。

ここまでの事態になって、ようやく中島も入籍を決意したというのだ。

この中島の対応に、ネット上では「出産してから結婚って優柔不断どころじゃないよ!」「クズすぎる!もっといい人いたのでは?」「ろくな男じゃないね」と散々な書き込みが続いている。

「かねてより噂のあった二人ですが、そもそもの出会いは女性ファッション誌での対談でした。その際に相沢が『わたし野球大好きなんです!』と現場で猛アピール。これがキッカケで、友人を介しながら交際がはじまったそうです」(女性誌ライター)

これまで相沢は、自身のブログでも一切「妊娠」「結婚」を匂わすような発言もせず、今回の報道まで秘密を貫き通してきた。ただ、夏前あたりには一部の野球ファンの間で「妊娠説」が囁かれていたのも事実だ。

「おかげで相沢さんは野球ファンから“さげまん”呼ばわりされていました。長い交際期間を経ていたにも関わらず結婚も渋られて、さらにはそんな言われよう。華やかなモデル時代を知る者からすれば、なんか悲惨すぎますよ」(前出・女性誌ライター)

かねてより相沢を応援してきたファンたちも「美人でスタイルも完璧。あとは玉の輿にでも乗ればまさしく“憧れの女性”だったのに、今回の微妙な結婚で台無し」「“残念美人”になってしまった」と肩を落としている。

せっかくの美貌にも関わらず“自己評価”が低いがために、傍から見ると微妙なところに収まってしまうのが“残念美人”と言うそうだが、相沢にはそんな烙印を、ぜひとも幸せな結婚生活で返上してもらいたいものだ。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/45310]

結婚に踏み切れなかった真相とは?

「2人が知り合ったのは、11年の雑誌の対談から。すぐに意気投合した2人は半同棲のような生活を送っていたといいます。中島も当初、『結婚を前提に』と話して交際をスタートしただけに球界関係者の間でも2人の関係は周知の事実でした」(球界関係者)

ところが、結婚話は一向に進展しなかった。結局、「デキ婚」でようやく中島も結婚を決意。第一子となる長女の誕生を待って入籍したほどだった。

「中島は交際1年後にメジャー挑戦を表明。その時に『活躍したら結婚』と話していたのを相沢は待っていた。ところが、入団したアスレチックスではいきなりスプリングトレーニングで故障。そのまま3Aに降格。

s201501019-3

しかも翌シーズンには、さらに下の2Aにまで落とされた。そこでようやく日本球界復帰を果たしたが、中島本人にとっては結婚どころか選手生命の危機ともいえる状況でした」(前出・球界関係者)

そして今季になっても成績は2割7分とかつての平均打率3割を考えれば、今ひとつ。本人もモヤモヤしているさなかに見事、“命中”となった。

「当初、相沢も妊娠を喜んだものの中島が野球で正念場を迎えていただけに親しいモデル仲間以外にはほとんど言わなかった。

ただ、最終的におなかが大きくなって周囲にも隠しきれなくなりました。中島の出産後の入籍に非難の声も上がっていますが、2人の間では了解済みだったようです」(芸能記者)

最後まで“内助の功”に甘えてきた中島。次は夜のバットでなく、昼のバットでお返しする番だろう。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/excerpt/45351]

球界一のモテ男→クズ男

「西武時代は『球界一のモテ男』として圧倒的な女性人気を得ていた中島のモテモテぶりは尋常じゃなかった。しかし、オンナ関係の報道が表に出ることはありませんでした。

相沢紗世との交際もウワサの域を出ず、本当に純粋でオクテな男なのでは、と思っていたんですが……。

s201501019-2

この一件でイメージは地に落ちてしまいましたね。野球でも期待されたような結果を残せてはいませんし、来季は観客から、この件に絡めたヤジが飛ぶかもしれません」(芸能記者)

「モテ男」から「クズ野郎」に急降下してしまった中島。プロ野球選手の“女性トラブル”は枚挙に暇がないが、今回はトラブルではなくめでたいはずの「結婚」なのだから、少し気の毒な気がしないでもない。

「今回ばかりは仕方がないですね。特に相沢は美人モデルとして男性の隠れファンも多かったですし、過去の熱愛も中田英寿とのデート疑惑くらい。30代後半まで独身でいることをファンも不思議がっていました。

自身のブログで、甥っ子に中島が以前所属したMLBのオークランド・アスレチックスのユニフォームを着せていたりと交際をうかがわせる行動もあったんですが、実際のところ中島にずいぶんと振り回されていたんでしょうね。中島も、少々のバッシングには耐えるべきでは」(同)

こういう時、人間の“素”が出るということだろうか。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2015/10/post_24418.html]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事