SPORTS

HEADLINE

阪神金本 刑事告訴された

17日発売の週刊誌2誌がそろって金本知憲外野手(43)に関するスキャンダラスな内容の記事を掲載したことが、波紋を呼んでいる。

金本知憲

金本本人と球団は全面否定した上で、法的措置を含めて発売元の出版社に抗議する方針。真夏のペナントレースの裏で強烈な”場外バトル”が勃発だ。

発端は「週刊新潮」と「週刊文春」(いずれも8月25日号)の記事。その内容は、金本の知人の投資会社社長が、投資のパートナーである金本と資産運用をめぐってトラブルとなり、出資金の返還を求めた金本にさまざまな脅しを受けたため、恐喝罪で警視庁に告訴するに至ったというもの。

記事の真偽次第では金本の名誉を著しく傷つけ、選手生命を脅かすものとなるだけに、金本も球団も黙っておらず、報道各社に向けてのプレスリリースなどで、発行元の文藝春秋、新潮社の両出版社に対して”徹底抗戦”する旨の声明を発表した。

報道各社の問い合わせに球団広報部は「金本選手に関する一部週刊誌の記事について、本人に事実確認をしましたが、全くの事実無根であり、記載されているようなことはございません。なお、金本選手からは法的措置を含め今後の対応については代理人弁護士に一任すると聞いております」と応対した。

金本知憲

当の金本は「シーズンを戦っている大事な時期に私個人のことでお騒がせしてしまい、申し訳ありません。一部週刊誌の私に関する記事については全く事実無根であり、いずれ真実がはっきりすると思います。記事に書いてあるようなやましいことは一切ないと自信を持って言えます。直ちに法的措置を含め断固たる対応を取りたいと思います。今後の対応は、代理人である弁護士に任せて試合に集中したいと思いますので、よろしくお願いします」とのコメントを出した。

南信男球団社長

金本に関する記事が出ることを13日に知って以降、事実確認などの調査をかけていたという南信男球団社長は「(記事のゲラは)見た。球団としても本人にも代理人の弁護士にも事実確認をしたが、事実無根である、不当な刑事告訴であるとの報告を受けている。トラブル自体はあったんでしょ。暴力団とのつながり?事実無根。むしろ金本君が被害者であると(いう認識)。名誉毀損により法的手段も?当然そうなると思う」と、単なる抗議を超えて法的に訴える姿勢を示すなど、チームの功労者の金本に対して全面的に擁護、支持に回る考えだ。

その金本は、騒ぎに動じる様子なく、この日16日の試合で「6番・レフト」で先発し、7回裏の第3打席まで出場。3打数1安打で、守備では浅い位置からながら本塁へのワンバウンドでのバックホーム返球も見せて肩の状態回復をアピールした。

ペナントレースで戦う5球団以外に、新たな敵と対峙することになった阪神。だが、金本としてはグラウンド外で”主役”になることだけは避けたいところだ。

[リアルライブ 週刊文春]

金本知憲の極秘情報はコチラ!!⇒

【関連商品】

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 17
    名無しさん 2011/08/24 14:20

    ちんすけと仲いいんだろ?ヤニキは

  2. 16
    名無しさん 2011/08/22 5:43

    チョンは金にきたねーからな。在日うぜぇー。

  3. 15
    名無しさん 2011/08/22 4:28

    事実ハッキリするまで何議論しても仕方ない。

  4. 14
    名無しさん 2011/08/19 11:48

    名字に 金 が付く人の元には在日みたいだよ!

  5. 13
    名無しさん 2011/08/19 10:42

    それは金村義明の「在日魂」ですよ

  6. 12
    名無しさん 2011/08/19 4:42

    金本は早く引退してください、投手が可哀相です

  7. 11
    名無しさん 2011/08/19 1:03

    この世から飲酒運転なくしたい

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事