SPORTS

HEADLINE

韓国戦の敗因はコレか!?キャバクラで激しいスキンシップの乱痴気騒ぎ台湾紙にスッパ抜かれる

世界野球WBSCプレミア12で、日本は19日の韓国戦に惜敗し、屈辱の3位決定戦行きとなった。スポーツ紙や野球ファンたちの間ではさまざまな敗因が指摘されているが、選手たちの“夜遊び”もそのひとつだった可能性が浮上している。

s201501128-1

11月12日、台湾桃園スタジアムで行われたドミニカ戦を4対2で制した日本。その晩、勝利に浮かれたのか、一部の日本代表選手が台北の夜の街で乱痴気騒ぎをしている姿を台湾メディアに一斉に報じられた。

名前が挙がっているのは、大野雄大(中日ドラゴンズ)、坂本勇人(読売ジャイアンツ)、前田健太(広島東洋カープ)、秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ)の4人。

s201501128-2

ドミニカ戦を終えた12日夜10時40分頃、宿泊先のホテルに代表選手らが帰還し、エントランス付近には彼らを一目見ようと集まった地元ファンがあふれ返っていた。

それから約1時間後、問題の4人の選手は二手に分かれてタクシーに乗り込み、台北でも有数の割烹料理店「凜割烹」へと向かった。

一行は深夜1時ごろまで同店で食事をした後、台北の中心地にあるナイトクラブ「WAVE」へ移動。報道によれば、同店は4人が訪れる6時間前に、Facebookで彼らの来店を告知。店のイベントのような扱いだったという。

店の前では6~7人の台湾美女らが彼らを出迎え、さらに用意されたVIP席では、胸の谷間と太ももがあらわになったセクシー衣装の美女たちがひとりひとりにあてがわれた。

WAVE AngeLという専属ダンサー

WAVE AngeLという専属ダンサー

彼女たちの激しいスキンシップに、4人はデレデレ。明け方4時に店が営業を終了するまで、2時間ほど楽しんだ選手たちだが、店から出てきたのは坂本と大野だけだった。

特に大野は完全に出来上がっており、手に酒の入ったボトルを持ったまま路上で大暴れ。大声で笑ったかと思うと急に叫び、ボトルの酒を地面に振りまきながらその場でぐるぐると回り始めたという。

s201501128-5

また、坂本もタバコをポイ捨てする姿をとらえられており、台湾誌「壹週刊」は「そのさまは、彼が内野を守備しているときの流れるような動作を連想させた。

彼は日本代表の野球選手であることを忘れ、町を清潔に保つ日本人の心も忘れた。ボトルを路上に投げ捨て、台湾に来て路上にゴミを捨てるとともにメンツも捨てた」と、非難している。

一方、前田と秋山はどこへ消えたのか?

同誌記者が店員に尋ねると、2人は早くに店を離れたとのこと。「もしかして、女の子をお持ち帰りしたんじゃないのか?」と聞くと、店員は含み笑いを浮かべながら、それ以上何も答えなかったという。

s201501128-3

19日の韓国戦では、秋山と坂本がスターティングメンバーとして出場。3対0で迎えた8回裏、1番秋山は1アウト1塁2塁の追加点のチャンスでセンターフライ、続く坂本も空振り三振に倒れた。

ここで流れが変わり、9回表に韓国の猛打を浴び逆転を許すと、そのまま逃げ切られる形でゲームセットとなった。

1週間前の夜の疲れが2人の出場選手に残っていたとは考えにくいが、大会期間中にしてはちょっとハメを外しすぎたか。選手たちのこうした気の緩みが、韓国戦の敗因のひとつだった可能性は否めない。

さらに、親日的な台湾の人々の日本に対するイメージを失墜させた責任も、日本の代表たる彼らは負わなければならないだろう。

[引用/参照/全文:http://www.cyzo.com/2015/11/post_25038.html]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 5
    名無しさん 2015/11/29 16:39

    アカサカさん3複500円当たりました。ありがとう!

  2. 4
    名無しさん 2015/11/29 8:23

    例外続きの秋のG1戦線。
    自分は金船で

  3. 3
    名無しさん 2015/11/29 2:30

    俺も8-11-12のボックスで決めた。

  4. 2
    アカサカサカア 2015/11/28 17:41

    プレミア12なんかやる意味はなかった。益々野球離れを促しただけ。小久保監督ってのも??って事で競馬JC!海外馬がイマイチではあるが最近のJCにしては良い馬が来た。本命は1。距離を言われてるがそんなに惨敗は無いかなとの意味での本命。3複で。8、10、11、12、15、17。お金余裕あれば6まで。勝つのは1、8、11かなとは思うね。

  5. 1
    2015/11/28 17:13

    プロ野球もJリーグ並みにチャラ男が多くなったものだ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事