SPORTS

HEADLINE

羽生結弦と同級生の交際&婚約報道に女性ファン悲鳴も…ガセ扱い?

s20160106-7
フィギュアスケートの羽生結弦選手(21才)が高校の同級生・A子さん(21才)と結婚するかもしれない──。

そんな情報が舞い込んできた。A子さんとは、一体どんな女性なのか。どのように愛を育んだのか。

ふたりの出会いは6年前。高校に入学した2010年4月のことだった。ふたりはスポーツの名門校として知られる東北高校(宮城・仙台市)出身。ともに運動選手が選抜されて集まるスポーツコースに在籍していた。同級生が語る。

三十数人のクラスの中、女子生徒は4~5人。その中の1人がA子さんだった。陸上競技で活躍する彼女は活発で明るく、身長は160cm弱と小柄で、表情豊かな愛らしい顔立ち。

「いきものがかりのボーカル女性似です」と同級生は言う。女性アスリートらしくサバサバとした性格で、面倒見がよく、男友達も多い。

「羽生と親しい人や身内は“ゆづ”って呼ぶんだけど、A子だけが“ゆづる”って呼んでいるんですよね。ふたりが特別に親しいんだなというのは、高校の同級生たちはみんな知っていました。まさかつきあっているとは当時は思っていなかったけど…」(同級生)

2年生で別々のクラスになったが、3年生になると再び同じクラスに。ところが、その夏、羽生はブライアン・オーサー・コーチに師事するため、練習拠点をカナダ・バンクーバーに移した。

「A子は授業のノートを写真メールで撮って彼に送ってあげたり、羽生くんがカナダに行っても頻繁に連絡はとっていましたよ。彼女もインターハイに出たり、陸上界ではわりと名の通った選手で部活は忙しかったから、すごいなぁと思った。

なんか、親友というか姉弟というかそんな感じでした」(別の同級生)

高校卒業後、羽生は早稲田大学に進学するも、相変わらず生活の拠点はカナダ。A子さんもスポーツを続けるために東京の大学に進学した。それでもふたりの仲は変わらず続いていた。その距離が縮まったのは、今シーズン前、昨年春のことだった。

「羽生くんが彼女に真剣に告白したそうです。羽生くんは高校以来A子さんにずっと恋心を抱いていたんです。それまではちゃんと交際しようとかそういう感じではなかった。

でも、大学生になっていろいろ大人になって…お互い恋愛話なんかもするうちに異性として意識するようになった」(羽生の知人)

平昌五輪後に結婚?

成田空港からほど近いホテルでわずかな時間を惜しむようにデートしていたこともあった。

「仙台の地元でデートするとバレてしまうし、羽生くんはとにかく忙しいので空港から近い千葉デートを重ねていました。時計を気にしながらのデートだったようですが、ほんの少しの時間でもふたりで過ごしたかったんでしょう。

交際スタートからは間もないものの、今までの信頼関係があったから男女の仲になってからは一気に距離が縮まった。夏頃にはふたりで結婚について話し合っていました」(前出・知人)

羽生はA子さんにプロポーズした。彼女の答えもOK。しかし、まだ大学生で二十才そこそこのふたり。即座に結婚は認められなかった。

「羽生のお母さんは厳しいことでも知られています。高校時代は恋愛自体も禁止だった。でも、A子さんのことはお母さんに真剣に話したんです。何度も何度も。そうしたら、お母さんもようやく納得してくれてA子さんを会わせたそうです。

ただし、入籍や挙式は2018年の平昌五輪を終えてからという約束をしたんでしょう。そんなこともあって、彼のやる気が今シーズンは一層出ている気がします」(フィギュア関係者)

そんな決意を裏づけるように、羽生は昨年8月、平昌五輪を区切りに引退し、プロに転向する意向を明らかにした。2年後のことで、そのときには羽生はまだ23才。少し先走った「引退宣言」だったが、一途なA子さんへの思いからだったのかもしれない。

「羽生だって一度も女の子とつきあったことがないというわけではありません。21才の男子とすれば女性と交際したいというのは当然のこと。実はフィギュア界では羽生と村上佳菜子(21才)の交際が暗黙に語られていました。

村上とは小学3年生の時に合宿で出会って以来、世界のトップスケーターになるまで苦楽を共にしてきた仲。

羽生がソチ五輪で金メダルを取った時、リンク脇で村上が羽生に抱きついたことに“えっ?”と驚いたファンもいると思いますが、ふたりの仲は、フィギュア関係者なら誰でも知っていることです。

でも、村上とは昨年の春前に別れたと噂されていました。彼女の成績不信が理由かと思っていましたが、今考えれば、A子さんがいたからだったんですね」(前出・フィギュア関係者)

[引用/参照/全文:http://www.news-postseven.com/archives/20160106_375836.html]

s20160106-4

羽生&相手女性に直撃取材!

大晦日の正午、仙台駅で羽生に直撃した。羽生は紅白歌合戦のゲスト審査員を務めるため、新幹線に乗り、東京に向かうところだった。

──おめでとうございます。A子さんにプロポーズされたそうですね。

羽生は驚いたような表情を浮かべ、その足を早めた。「A子さんとは…」「知らないです」。一度はそう言ったが、「…(彼女とは)高校が一緒だっただけです」と言い直す。そして、軽く会釈をすると、新幹線に乗り込んでいった。

さらにA子さんの実家で、彼女に話を聞いた。

──羽生選手と結婚前提で交際されていると聞きました。

「私は高校時代の同級生で、仲のいい友達です」

陸上選手らしく日に焼けた小麦色の肌に、ツヤのあるロングの黒髪。女性セブンの取材を予期していたのか、A子さんは笑顔を浮かべながら、ハキハキとした声で答える。

──高校卒業後も連絡をずっと取り合っている。

「はい。私が大学に入ってすごく悩んでいる時期に彼に励ましてもらったりしましたし、たしかに“いい関係”ではありますね。周りから勘違いされるぐらい仲はいいです。

でも、私は男っぽいから、あっち(羽生)は男友達っていう感じで思ってると思うんです。でもゆづるは女々しいから、どっちにしろ同性の友達みたいな(笑い)」

──2015年の春先から交際を始めた?

「いえいえ。たしかに春にも会いましたが、あくまでも友達としてです」

ちなみに、仙台の地元ではすぐバレてしまうということで、成田空港からほど近いホテルなどでデートをしていたとの情報もある。

──成田空港の近辺で?

「え? 成田? あ、言~わない。じゃあ成田ってことで(笑い)」

 交際や結婚については否定を続けるが、隠しきれない羽生への思いが漏れ伝わる。

「交際してませんよ(笑い)。彼って、お母さんが“すごく厳しい”って言ってましたし、恋愛なんてできないんじゃないですか? でも、ゆづるを支えるお母さんには感謝しなきゃダメっていつも言ってるんです」

「仕事を詰め込んでいたらしくて、LINEに“つら~い”ってメッセージが入ってて」

「彼には“(交際を疑われるから)ふたりで会えないね。ゆづるは危険人物だ(笑い)”って言い合ってます」

「ゆづるがあんなに笑うのは見たことがなかった。マスコミのゆづる像みたいなのができ上がってて…テレビで見るとがんばってるなって思う」

羽生がこれほどまでに“素”を出せる相手は、A子さんだけなのかもしれない。

「アスリートはメンタルがすごく大事。ゆづるを惑わせないような形で報じてほしい」。A子さんは最後にそう言って彼を気づかった。前述の通り、羽生に直接話を聞くと「急いでいるから」「(彼女は)高校が一緒だった」と繰り返すのみだった。

[引用/参照/全文:女性セブン2016年1月21日号]

女性セブンのスクープはガセ?
s20160106-1
羽生結弦選手と女性が交際しているかについて、女性セブンの記事では、直接的な証拠は示されず、同級生や知人などの話として書かれているだけだ。

そのためか、羽生選手の熱愛報道に触れたメディアはわずかしかなく、サンケイスポーツは1月5日付記事で関係者の否定的な話も紹介した。

記事によると、羽生選手が所属している全日空スケート部の関係者は、「結婚はもちろん、彼女がいるという話も初耳」「どうして、そういう煙が立つんでしょうか」と疑問を呈していた。

ワイドショーもいくつかが取り上げた程度で、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」では、サンスポの関係者コメントを紹介していた。

s20160106-3

ネット上でも、「一言も付き合ってると言ってない」「ゲスいなw そっとしておいてやれよ」などと女性セブンの報道について疑問の声が出ていた。

日本スケート連盟では、「プライベートのことですので、その件については、何も話すことはありません」と広報担当者が取材に答えた。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/01/05254811.html]

女性セブンに有力な情報源

「セブン」は、これまでも有田とローラの結婚情報や、錦織圭の浮気→婚約破棄→別女性への乗り換え疑惑など、一見“ガセ”とも思える記事を掲載してきた。だが、それらは決してガセではなかった。

今回も同様、多くの関係者やファン、マスコミは“ガセ”扱いし、また“世界”の羽生に気を使ってか、ほとんど後追いもされていない。

だが、今回の記事も「セブン」が今年初売りのトップ特集で、しかもディテールだけは妙に詳しい記事を掲載したということは、何らかの確証を持っていると考える方が普通だろう。逆に、何の確証もなくここまで書き飛ばすとは考えにくい。

しかも「セブン」は昨年11月、羽生に関する記事を掲載しているのだが、そこでは「羽生は恋の噂が立つだけで振り回されてしまう」「恋愛は絶対ダメ」と母親やコーチから恋愛禁止令が出されていることが書かれている。

今回のような結婚情報はおろか、Aさんの存在すら記されていないのだ。

つまり、「セブン」はこの間に有力な情報源をゲットして詳細情報を知ることになった。その情報源の意図がどうであれ、だ。

[引用/参照/全文:http://www.cyzowoman.com/2016/01/post_18522.html]

羽生ファンの反応

・えー! 今年1番のびっくり
・断じて信じないぞ。許さん
・別れろ!
・結婚話なんてでっち上げや! きっと
・羽生くん結婚しても大丈夫とか言ってたくせに、いざ報道でて嘘だと分かってても凹む自分のメンタル
・屍になってる
・羽生さんが結婚したらやっぱり一週間は寝込むかも…
・羽生結弦が結婚したら、もうほんとに生きてけないかも
・羽生結弦は永遠のチェリーなんだよ
・ゆづは私のものよ!
・元々結婚したいって言ってたしゆずに振り回されるのは慣れてる プライベートはA子が支えればいい スケートと音楽はファンが支えるから それがゆずとファンの陰陽師だから
s20160106-6
 >陰陽師って何だよ そこはエターナルにしとけ

ネットの反応

・女がペラペラ喋りすぎてなんか胡散臭いw
・「いきものがかりのボーカル女性似です」・・・
 >カワウソ似?
s20160106-5

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事