SPORTS

HEADLINE

元バレー日本代表 大友愛のぶっちゃけトークに大ブーイング「性格悪すぎ!」の声

元バレーボール女子日本代表・大友愛が性格の悪さをモロに露呈し、お茶の間の不快指数を上昇させてしまった。

1月23日に放送されたトークバラエティ番組「ジョブチューン」(TBS系)は、「引退した今だからぶっちゃけます!SP」と題して、各界を引退したアスリート達がスタジオに大集結。

s20160204-1

そこに大友も出演して現役時代では言えなかったエピソードをぶっちゃけたのだが、それがまさかの悪口のオンパレード。

まず、現役時代に当時女子バレー代表監督だった柳本晶一のお酒好きが受け入れられず、柳本に直接「あなたのこと信用できないので(代表)辞めます」と告げたという衝撃告白を披露。

「柳本監督がすごくお酒が好きってことを私がどうしても受け入れられなくて、練習終わってから毎晩飲みに行って朝練に来たり来なかったりっていうのがお酒の影響なんじゃないかっていうふうに思っててそれが納得いかなくて、だんだん練習している時にムカついてきた」。

その場はそれで収まったということだったが、以降は海外遠征でもユニフォームを着させてもらえず、ビデオ係を任される日々が続いたという。

「大友はそのことに腹を立て、陰で不満をグチグチ言っていたようですが、アクシデントもあってその陰口が監督の耳に入ってしまい、気まずさからその後1年間全日本の合宿に参加しなかったとか。

さらに、大友は、当時の代表メンバーだった栗原恵と大山加奈を実力が伴っていないのに、メディアが盛大に持ち上げていることにも相当ムカついていたとも語っていました」(テレビ誌ライター)

s20160204-2
チーム競技で若い2人だけが取り上げられる報道に「どーしてそんなに『メグカナ』なんだとムカついていた」ことを明かした。

最後に彼女は一言、「(当時は)若かったので尖っていたかもしれません」と付け加えていたが、その敵意をむき出しのコメントの数々に、視聴者からは「いやいや、完全に性格が悪いだけだろ!」と総ツッコミが入る始末。

ネット上には「現役から大嫌いでした」「女の悪さが凝縮されている」「あたかも自分が正しいかのように言ってるが、何も正しくない」と、彼女の言動を非難する声があふれかえった。

「大友は風呂場でV字に開脚したヤバい写真が表に出たこともあり、だらしない私生活にいい印象を抱いているバレーファンは少なかったですね。

選手としても、重要な場面でのサーブミスが非常に多く、プレイ中にふてくされる場面をカメラに抜かれることが何度もあった。ビデオ係にされたのも自業自得だったと思いますね」(スポーツライター)

番組のコンセプトどおりの“活躍”を見せた大友に制作側は大満足かもしれないが、聞いても笑えない口撃は、視聴者からは完全にブロックされてしまったようだ。

[引用/参照/全文:http://www.asagei.com/51803]

s20160204-6それでもアテネ五輪前に柳本監督から再び「全日本に戻ってこないか」と声をかけてもらったという大友氏。

「私は気まずいなと思いながら練習をしていたんですけど、監督は“愛ちゃん、今日は機嫌いいか?”とか“今日は怒ってないか?”って歩み寄ってくれて本当に感謝しています」と話した。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11098900/]

ネットの反応

・昔から性格の悪さが顔からあふれでてる
・ブスだし性格も悪いけど実力はあったよ
・理想の女王様タイプ いじめてほしい
・このぐらい言ってくれないとつまらないのでは
・ブスで性格も悪いけどセンタープレイヤーとしては当時他に実力ある奴いなかった
・ブスだけど体はエロかったなーw
・ところで風呂場の写真って?
s20160204-3
s20160204-4
・代表監督に直接信用出来ないってなかなかのエピソードだな
・女スポーツの監督は競技以外の無意味な事にも気を使わなくちゃいけないから大変だな
・おれは大友愛を支持するわ
・当時 SEXの隠し撮り?? ってプロ級のフェラ動画もあったけど あれって本人だったの??
大友愛!?ハメ撮り流出
大友愛!?ハメ撮り流出
・トーク番組でそこまで話すのはサービス精神旺盛なんじゃね?
・当時、写真集出版には盛大に笑わせてもらった。
s20160204-5

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/02/04 21:50

    当時サイン会では1番人気でメグカナよりも人が並んでたんですよ。
    メグカナが実力的にイマイチだったのは、その後の活躍を見れば明確です。
    高校生ってことで期待されたけど、ただの早熟プレーヤーで延びなかったですね。
    そこえ行くと木村沙織は本物の大器でしたね。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事