SPORTS

HEADLINE

高木京が涙の謝罪で野球賭博の恐ろしさ浮き彫りに・・・黒幕の飲食店経営者B氏とは?

野球賭博の恐ろしさ浮き彫り

野球賭博への関与が明らかになり、8日付で謹慎処分となった巨人・高木京介投手(26)が9日、東京・大手町の球団事務所で記者会見を開き、涙ながらに謝罪した。

s20160311-0

自らの口で賭博に手を染めた経緯や、昨年10月に福田、笠原、松本竜の3投手による野球賭博問題が発覚した際に真実を話せなかった理由を説明。

約15分間の会見では、安易に始めた野球賭博の闇の深さ、恐ろしさが浮き彫りになった。

自ら球団に申し出て、謝罪会見の場を設けた。

高木京は一人で立ったまま口を開き、わびた。「野球賭博に関与してしまい、巨人軍の関係者の皆さん、選手の皆さん、そして小学校から野球をやってきて、携わっていただいた方を裏切ってしまい、本当に申し訳ありませんでした」。

約5秒間、深々と頭を下げた。

一連の野球賭博問題で選手が記者会見するのは初めて。語られたのは、野球賭博の生々しい実態だった。

昨年10月の問題発覚後には、高木京が笠原元投手を通して賭けを行っていた飲食店経営のB氏が突如、自宅にやってきた。

車中で「君は大丈夫」と言われた。「福田さんが発覚したことで、びくびくしていたのですが、そこでいい人だと思い込んでしまった」。B氏を信用し、球団の調査にも無関係を装ったことを明かした。

B氏からは「NPBの偉い人にも警察の偉い人にも通じている」と知人を紹介され、「何か君が持っている(スキャンダル)情報はないか」と求められたこともあった。高木京は「何もありません」と答えた。

普段はストイックに野球に取り組む実直な男。胸中は不安でいっぱいだった。そんな中、B氏とその友人と新宿の飲食店で会い、「笠原に名義を貸しただけ」という口裏合わせを約束した。

だが、2月のキャンプ中、有害行為防止の講習を受けてB氏との関係を断つと決断。連絡しないよう求めたが、何度も電話が来た。「今はすごく怖いというか、恐ろしい人だと思います」と率直に恐怖心を口にした。

[引用/参照/全文:http://www.hochi.co.jp/giants/20160310-OHT1T50023.html]

地に堕ちた巨人

「巨人は前回、笠原が裏カジノに出入りしていることを隠蔽した。今回も週刊誌の取材を受けたから調査したわけで、野球賭博への関与は3人だけで幕引きにしようとしたのです。

事件の根底にあるのは球界は巨人を中心に回っている、自分たちは何をやっても許されるという巨人の傲慢体質ですよ」

今回、巨人の高木京介(26)が新たに野球賭博に関与していた事実が露呈した報を受け、セ・リーグのある球団幹部がこう言った。

古くは江川獲得の「空白の一日」、桑田との密約疑惑、1リーグ構想のゴリ押し、ドラフト候補生に対する栄養費問題……。今回の野球賭博事件にしても、巨人が起こした一連の騒動の延長線上にあると指摘するのだ。

「野球界を統括するコミッショナーにしても、巨人の影響下にあると言っても過言ではない。だから巨人が何か事件を起こしても、だいたいは処分が甘くなる。

野球界にいる人間なら分かり切ったことでも、しかし、それを口に出して言うことはしない。寄らば大樹、巨人人気にオンブにダッコという意識が強く、言いたくても言えないのが実情です。

そんな背景があるからこそ、巨人は増長する。自分たちは何をやっても構わない、許されるという意識はますます強くなるのだと思いますね」(前出の幹部)

清原問題に続き球界に大ダメージ

「4人目の賭博選手」の発覚はファンのみならず、他の11球団も怒り心頭だ。

昨年の巨人の野球賭博騒動を受け、他の11球団もチーム内に関与者がいないか、独自に調査を行った。それがどこまで厳密だったかは定かでないが、現時点で他球団から賭博選手は出ていない。彼らにしてみれば、巨人の野球賭博騒動は迷惑このうえないのだ。

あるパ球団の選手は昨年の騒動後、こう話していた。

「いろいろな人に『おまえは野球賭博はやってないよな?』と言われるんですよ。飲み屋で僕が野球選手だと気付いた酔っぱらいに、絡まれたこともある。本当にウンザリしますよ」

そうした好奇の目や誹謗中傷が収まってきた矢先の4人目だ。再び、無関係の選手が肩身の狭い思いをするのは避けられない。

ただでさえ、巨人は自らがまいたタネとも言える清原騒動のツケを払い終わっていない。覚醒剤取締法違反で逮捕された清原は、巨人時代から違法薬物に手を染めていた可能性が高いからだ。

キャンプ中、パの某球団フロント幹部は、「こっちは何とかお客さんを球場に呼ぼうと頑張っているのに、清原みたいなのが出てきたんじゃたまらないよ」とボヤいていた。

その上、野球賭博まで蒸し返されれば、球界が受けるダメージは計り知れない。

巨人の傲慢な態度に業を煮やし、さすがに近年はソッポを向く球団も出てきた。野球賭博のずさんな聞き取り調査の結果は、彼らの更なる怒りを買う。巨人の影響力はいよいよ地に落ちることになる。

[引用/参照/全文:http://news.livedoor.com/article/detail/11277478/]

高木京介の会見翌日、飲食店開業

笠原将生元投手(25)が3月10日、地元の福岡に飲食店をオープンした。

s20160311-1「オープンする店は海鮮を売りにした高級居酒屋ですが、実はくだんのB(NPB調査委に野球賭博常習者と認定されている飲食店経営者)が都内でまったく同じ形態の飲食店をやっているのです。

店の屋号の読みも一緒。笠原が出す店は、いわばBののれん分けです。笠原はBから物心両面で支援を受けている可能性が高い」(事情通)

s20160311-2

笠原元投手は週刊文春3月3日号の独白記事で、「多くの方に迷惑をかけたぶん、きちんと仕事をみつけて前向きに頑張っていきたい」と語っていた。

当然、野球賭博常習者との縁をすっぱり切ったのかと思いきや、2人はいまだにズブズブの関係だというのである。

[引用/参照/全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000028-nkgendai-base]

【関連リンク】

博多中洲 うに屋 将 |ぐるなび

黒幕の飲食店経営者B氏とは?ネット探偵団

・よく噂になってる飲食店雲丹のオーナーか
・×飲食店経営者B ○暴力団関係者B
・B氏達も自分から文春に情報リークして高木を社会的に抹殺して他の心当たりのある紳士たちから高木のようになりたくなかったらあとはわかるな
・Bは、選手側と文春と両方からガメたのか。高木がビビってもう使えないから文春に売ったのか。
・B氏は斉藤聡さん。神楽坂に店がある。
・ウニ屋やってた齊藤聡が行き詰まって、ウェブサービスと勝敗予想サイトやってる佐藤卓二に泣きついたんだっけか?齊藤の「海栗屋」が、佐藤のところの「いちりん」に名前変えたのもそれだよな
・斎藤聡(推定B氏)のツイッター
https://twitter.com/530217satoshi
・フォローしてる巨人選手 笠原 松本 河野 江柄子 澤村
・笠原が紹介してたラーメン屋の大人和食グループ掘ってたらうにしゃぶ扱う他の店出てきてそこには笠原の店と同じ画像を使い回すうに屋が

いちりん 新宿店
s20160311-3
笠原の店
s20160311-4
・B氏の顔と思われる
s20160312-5
・上田桃子と古関美穂もフォローしておりゴルフ賭博の可能性も出てきた
s20160311-6

・確変に入ったあとどれだけ出るか楽しみやね
・巨人の投手陣終わったな もはや菅野がやってても全く驚かんわ澤村とかノーマークやったし
・正直今回の騒動擁護してる巨人ファン見るとマジで頭おかしいと思ったわ
・澤村 坂本 宮國 江柄子 河野 ほぼ黒
・ちゃんと処分しないとヤクザの八百長の道具にされるで
・文春からしたらシーズン長いからいつ攻めてもええからな
・球団のトップ3人が辞めるって、相当ヤバい案件が残ってるんだろうな

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事