SPORTS

HEADLINE

宇佐美貴史がブンデス再挑戦 アウクスブルクへ完全移籍

s20160620-1

G大阪は20日、日本代表FW宇佐美貴史(24)が、ドイツ1部アウクスブルクへ完全移籍すると発表した。

25日の第1ステージ名古屋戦(ホーム)がラストマッチとなる。試合後には、セレモニーが予定されている。

宇佐美は19歳だった11年途中で、今回のアウクスブルクと同じドイツのBミュンヘンに移籍。翌年にはホッフェンハイムにも在籍したが、なかなか出場機会をつかむことができなかった。

s20160620-2

13年夏にはJ2だったG大阪へ復帰。14年度の国内3冠達成、15年度の天皇杯連覇に貢献した。昨冬は欧州クラブから正式オファーを受けながらも残留を決意。日本代表の常連まで成長し、3年ぶりの欧州挑戦を決めた。

契約期間は4年で20年の6月末まで。メディカルチェックは今月末の渡欧後受けるという。

アウクスブルクのシュテファン・ロイター社長は「獲得がうまくいってうれしい。宇佐美貴史は若いが、既にブンデスリーガの経験があり、ここ数年はG大阪で非常に成長している。彼がそのクオリティーでチームを助けてくれると確信している」とコメント。

宇佐美はアウクスブルクを通して「アウクスブルクはこの数年素晴らしく成長している。またブンデスリーガでプレーすることができるのをすごく楽しみにしています」と意気込んだ。

21日に移籍会見が吹田市内で行われる。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/soccer/news/1666258.html]

広島FW浅野にもオファー

s20160620-3アウクスブルクは今夏に浅野拓磨(21=広島)を獲得するため300万ユーロの移籍金を用意していることが判明。これはマインツが昨夏、武藤獲得のためにFC東京へ支払った額とほぼ同額だ。

移籍市場では若い選手ほど移籍金が高くなる傾向もあるが、浅野は広島で準レギュラー的な存在だけに、武藤と同等の評価を与えたアウクスブルクの高い期待がうかがえる。

[引用/参照/全文:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000002-spnannex-socc]

宇佐美貴史が考える、
「EUROで一番うまいヤツ」

s20160620-4EURO2016をとことん楽しむヒントを探ろうと、ドリブルが一番うまいヤツは誰? トラップが一番うまいヤツは? シュートが一番うまいヤツは? あるいはパスをもらってみたいヤツは? ……

そんな質問リストを携えてNumber904号(「EURO 2016 FRANCE 日本代表が語る優勝国予想。」)の取材のため、ガンバ大阪の練習場を訪ねた。

多くのサッカーファンはもちろん、多くのJリーガーが口を揃える“うまいヤツ”宇佐美貴史の視点を拝借するためだ。

「ボールの置きどころ」が一番参考になる理由。

“そもそも、こいつはうまいなという雰囲気は、いったいどこを観て感じ取っているのか?”、そんな抽象的な質問に、宇佐美は「ボールの置きどころ」と単刀直入に即答した後に続けた。

s20160620-5「例えば、バイエルンの練習でよく対戦したラーム(元ドイツ代表)。もう置きどころが絶妙すぎて、無理して突っ込むと逆にいる、また無理してついていこうと思うともう逆にいる。

ユニフォームを引っ張ることすらできないほどなんです。あの身長とあのスピード、あのフィジカルなのに1対1も強い。結局それは頭がいいから。その意味で、ボールの置きどころは一番参考になるので、ラームにはサイドハーフとかもやって欲しいぐらいです。いったいどうやって仕掛けるのか、めっちゃ観たい」

残念ながら、ドイツ代表を引退したラームを今回のEUROで観ることはできない。

だが、普段から欧州サッカーを頻繁にチェックする宇佐美の口からは、質問を重ねるたびにEURO出場選手の名がよどみなく出てきた。

2011年から2シーズン在籍したブンデスリーガに加えて、最もよく観ているというプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、セリエAからも。

s20160620-6まず、一番注目している選手として名が挙がったのはフランス代表のマルシャルだった。彼のドリブルの仕掛け方、なかでもボールの持ち方について、宇佐美は極めて詳細に言葉で表現していく。

マルシャルのドリブルは、フィジカルの強さや速さを生かすのみととらえられがちだが、日本を代表するテクニシャンの目を通すと、その高度なテクニックの秘密が見えてくる。

続いてトラップ、シュート、パスと“EUROで一番うまいヤツ”を項目ごとに詳しく答えてもらうと、インタビューの終了時刻が近づいてきた。

ところが、最後にこのEUROで台頭してほしいサッカーのスタイルについて聞くと、予定を越えてヒートアップ。サッカーファンなら誰もがニヤリとしてしまいそうな、彼らしいメッセージをもらうことができた。

さっきまでのトップ選手らしい技術論とは打って変わって、まさにサッカー小僧の熱い想いだ。

「チャンピオンズリーグで、バイエルンもバルサもやられてしまったじゃないですか。いや俺は、アトレティコも好きですし、見ていて感動するレベルにすごいと思いますよ。でも、スタイル的に認めることはできないんですよね。

だからEUROでは、堅守速攻とは相反するスタイル、技術で相手を圧倒するスタイルで波乱を起こすチームに出てきて欲しい。そんな期待を持って、もちろんEUROは観ます。絶対観ますよ」

果たしてEUROで観るべきうまいヤツは誰なのか? じっくりと考えてくれた宇佐美のセレクト、そして明瞭な解説は、Number904号(「EURO 2016 FRANCE 日本代表が語る優勝国予想。」)でお愉しみください。

[引用/参照/全文:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160617-00825885-number-socc]

ネットの反応

・年齢的に最後の挑戦かもな ここで成功してステップアップしないと
・俺はまだまだ宇佐美には期待してるから、今度こそ結果出して欲しい
・さて活躍できるかね
・所属選手見たら、韓国人ばっかやん なんだこのチームw
・韓国人どもにいじめられそう
・海外で同クラブ所属の日本人、韓国人がもめたことはない。むしろ、結構仲良くなることが多い。
・チーム選びが大事って学ばなかったのか
・山口みたいに逃げ帰るのだけはやめてくれ 最低2年は頑張れよ
・前よりは色々とタフになってると期待してる
・子供生まれたばかりだけど単身赴任か?
s20160620-7

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事