SPORTS

HEADLINE

【リオ五輪】辞退を決断した松山英樹の苦悩。プロゴルファーにとってオリンピックとは・・・

s20160705-1

リオのメダル候補が1人消えた。男子ゴルフの松山英樹(24=LEXUS)が3日(日本時間4日)、米オハイオ州アクロンのファイアストーンCCで行われたブリヂストン招待最終ラウンド後、8月のリオデジャネイロ五輪出場辞退を表明した。

世界ランク日本勢1番手につけ、出場権獲得は確実となっていたが、ジカ熱や治安に対する懸念、虫刺されに対するアレルギー反応などから、苦渋の決断を下した。

「やめます。出ません」。松山はきっぱりと言い切ったが、心は割り切れていなかった。「難しいですけど。いい選択かどうかは分からないけど。もう時間もないですし、早めに決断した方がいいと。やめた方がいいと」。

11日付の世界ランクで代表が決まる。大会開幕まで1カ月。自らの辞退で出場枠が回ってくる選手のことを考えれば、ギリギリのタイミングだった。

ジカ熱は大きな理由の1つだが、それだけではない。

「ジカ熱もありますし、自分が虫に刺された時のアレルギー、反応の仕方がまだ良くなっていない」。

13年9月、フジサンケイ・クラシック最終日に虫に刺され、ほおが腫れ上がった状態で会見に臨んだこともあった。6月の全米オープン直前にも右腕を刺されて変調をきたし、黒いテープを巻いていた。

s20160705-2

「そういう不安があるところでは、まだプレーは避けた方がいいのかなと。行って刺されて、腫れてプレーできないというと、もっと良くないと思う。ジカ熱に加えて治安の問題もある」

と説明した。

メジャー制覇を目標に掲げる中で、112年ぶりに復活する五輪競技としてのゴルフの位置付けは難しかった。日本のゴルフ界活性化、そして4年後の東京五輪につなげる意味で、リオに行く価値はあると考えていた。

しかし、懸念を払拭(ふっしょく)しきれなかった。現地の情報提供など、覚悟を決めるだけの後押しもなかった。「五輪に出るのが一番いいのかもしれないけど、そこまでリスクを背負っていくのは、という感じはある」と言った。

メダル候補が自らの都合で五輪出場を辞退することは、日本のスポーツ界では極めて異例のことだ。

それでも、欧米ツアーのトップ選手が続々と不参加を表明する中で、悩み抜いた末の選択。残る2つのメジャーとツアーでの戦いに全力を傾けることになる。

[引用/参照/全文:http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1673504.html]

五輪ゴルフの意義とは

世界のトッププロの間では、この“五輪ゴルフの意義”への懐疑的な目が少なくなかった。

松山もその一人である。五輪でのメダル争いについて、かねて「小さい頃からメジャーでの優勝が目標だった。オリンピックがすごい大会だというのは分かるが、プロゴルファーにとってはどうか…」と話していた。

その言葉を補足するようなコメントを、数日前にデイが残している。

「国を代表し、4年に1度しかない特別なイベント(五輪)で金メダルを獲ろうと懸命に準備してきた選手たちと、毎週にわたって(特別な試合で)プレーしている僕らは少し違う」

1シーズンに4回のメジャー大会、さらに4回の世界選手権(WGC)。毎年のシーズン後に開催される「ライダーカップ」や「ザ・プレジデンツカップ」といった地域別対抗戦。

世界の一流選手にとっては、それらすべてで国を背負う気持ちで戦っている

松山にとっては、五輪メダルの価値はたった一つだった。今年の初め、練習ラウンドの最中にふと、漏らしたことがあった。

s20160705-3「オリンピックに出る意義って何なんだろう…。メダルを取れば、確かに日本のゴルフ界が盛り上がるかもしれない。俺のモチベーションはもう、そこにしかない」。

彼の中での五輪は“自分が出たいもの”ではなく“別の誰かのために出るもの”になって久しかった。

だからこそ、決断に時間がかかった。この日「(日本のゴルフのために)オリンピックに出ることが一番良いかもしれないですけど、そこまでリスクを背負っていく必要があるのかという感じはありました」と話した松山は終始、伏し目がちだった。

[引用/参照/全文:http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/pga/article/63978/1/]

丸山茂樹ヘッドコーチは

「相当、悩んだだろうし、本人も苦しかったと思います。彼の性格を考えると、熟慮を重ねて出した苦渋の選択だったと思うし、彼の思いを尊重したいという一言です」と理解あるコメント。

青木JGTO会長は

「会長として非常に残念に思います。しかし松山選手自身も悩んで悩んだ末の、考えて考えた末での結論だと思います」と落胆の様子。

池田勇太「俺は出る!」

s20160705-4

112年ぶりにオリンピック競技に復活するゴルフは、危機に陥っている。

リオデジャネイロでの開催で、ジカ熱感染、治安、過密日程などの懸念が広がり、世界ランク上位のジェイソン・デイ(オーストラリア)、ロリー・マキロイ(北アイルランド)らに続いて、日本の松山英樹も出場辞退を表明した。

日本勢で2番手の谷原秀人も回避を示唆。代表入りが濃厚になった池田勇太(日本勢3番手)は4日、国内メジャー「日本プロ選手権」のコースで「(本来の圏内の)2番手まで上げたい」と意気込んだ。

晴れやかではない。自分でも認める頑固者は「出るべき人(上位選手)が出ると思っていた」と努めて冷静に断言した。だが、本来出場権を獲得する上位2選手にその意思はない。

自身は「やっぱり、スッキリ決めたいね」と改めて出場の意思を示し、代表決定前最後の試合となる今週の試合で世界ランクを日本2番手まで上げるつもりだ。

[引用/参照/全文:http://news.golfdigest.co.jp/news/gdoeye/jgto/article/63993/1/]

錦織も!?「出たくなくなった」

s20160705-5テニスのウィンブルドン(ロンドン)は4日、左脇腹の痛みにより男子シングルス4回戦を途中棄権した第5シードの錦織圭は試合後の会見で、ゴルフの松山英樹がリオ五輪の出場を辞退したと聞いて

「僕もあまり出たくなくなった」
「(松山と)会えるのを楽しみにしていたのに」

と苦笑いで話した。

[引用/参照/全文:http://news.tennis365.net/news/today/201607/110421.html]

ネットの反応

・虫アレルギーならゴルフ自体が無理だろ
・そもそもゴルフやるなよ
・もういいよ、こいつの試合はもう見ない
・まあ、言い訳だな でもプロ何だから、オリンピックより金儲けで当然
・お前はメジャー優勝だけ考えればいい
・プロゴルファーにとって五輪なんてなんの価値もないしリスクとらないのは当然
・プロが五輪に出る必要ないだろ 金が必要なアマチュアが出ればそれで十分
・強化費と全日空から盗んだ金は返すんでしょ?
・アレルギーの薬飲んでたらIOC基準だと間違いなく黒判定だな
・ウチの嫁はオレアレルギーなのかな…結婚してから年々体が腫れてきている。腹周りとか。
・ちなみにハニカミはランキング全然届かないので五輪なんかありえません
・残念がってるのはメダル数に執着してる協会とマスコミくらいだろ

関連キーワード

コメント

  1. 1
    名無しさん 2016/07/05 15:48

    ゴルフのトッププロなんて他のスポーツ選手くらべてお金持ちだらけだから用具の盗難、スタッフも含め誘拐のリスクが高すぎる
    確実に蚊に刺されることを考えたらジカ熱にかかるリスクも高いし周りのトッププロもほぼ参加しない状況を考えると、メダルを狙うより周りに迷惑をかける行動はしないほうがいいと思う

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事