SPORTS

HEADLINE

【EURO2016】ポルトガル初Vの原動力!クリロナ負傷退場も指揮官の横で・・・監督が2人に!?

s20160711-1

ポルトガルが、欧州選手権(ユーロ)決勝(日本時間11日午前4時キックオフ)でホスト国のフランスを破って初のユーロ王者に輝いたが、その原動力となったのは「クリスティアーノ・ロナウド監督」の存在だった。

前半7分にアクシデントが起こった。

フランスMFペイェがロナウドに猛アタックを仕掛け、コンタクトした瞬間にロナウドの左ヒザがグニャッと内側に曲がった。

s20160711-2
s20160711-3

ピッチ外でテーピングを巻いて復帰したが、24分に自らピッチに座り込み、涙を流しながらタンカで医務室に運ばれていった。

相手大黒柱不在に乗じてフランスが優位に試合を進めたが、後半34分にフランスリーグでプレーする188センチFWエデルを投入したポルトガルが盛り返していき、0─0から延長戦に入ると完全に息を吹き返した。

「治療を終えたクリスティアーノが延長前半開始前にベンチに戻り、監督のように選手を鼓舞し続けるとチームに活気が戻った」と話すのは現地取材のサッカージャーナリスト元川悦子氏である。

s20160711-4

「ポルトガルベンチのちょうど真後ろの記者席の最上段から一部始終を見ていましたが、ベンチに戻った彼はテクニカルエリア内のサントス監督と横並び状態になり、身ぶり手ぶりで選手に指示を送り続けた。

延長後半に左SBのゲレイロが負傷し、フランスベンチ付近で治療を受けている時には、その場まで行ってゲレイロに対して早くピッチに戻るように促す場面もあった。その立ち居振る舞いも選手への影響力も“指揮官も同然”だった。

s20160711-5

そもそも選手は試合中、決められたエリアでのアップ以外はベンチに座っていなければならない。テクニカルエリア内で指示を送るなんてありえないし、もちろん相手ベンチ付近で動き回るなんて前代未聞と言っていい。

しかし、近くにいた予備審判は何も言わなかったし、主審からも何のおとがめもなかった。

彼はゴールという形でユーロ初優勝には貢献できなかったが、圧倒的な存在感を放ちながら“指揮官として”働くことでFWエデルの延長後半4分の決勝ゴールを呼び込み、そしてユーロ初制覇を手繰り寄せる原動力となったのです」(元川氏)

前半序盤にロナウドがツブれて“勝って当たり前”の状況になり、これでフランス選手は余計なプレッシャーを背負い込んだのかも知れない。

ポルトガルのシュート9本(枠内3本)を上回る18本(枠内7本)はムダ撃ちに終わって84年、00年に続いて3度目となるユーロ優勝を逃した――。

[引用/参照/全文:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/185437]

s20160711-6

チームメート、監督も賞賛

その威光はチーム内でもポジティブに作用していたようだ。決勝点をあげたFWエデルは、後半に途中投入される際、「ロナウドに『決勝点を決めるのはおまえだ』って言われた。彼が信頼してくれた」と試合後に明かしている。

マン・オブ・ザ・マッチに選出されたポルトガルのDFペペは「ロナウドはいつでもゴールを決める、チームの希望だった。彼が負傷交代したとき僕はチームメートに、ロナウドのために勝たなければならないと伝えた」とコメントした。

お株を奪われた形のサントス監督も試合後、

「ロナウドには信じられないスピリットがある。彼がベンチにいることも大きな助けになった。彼に感謝したい」
と最大限の賛辞を贈っている。

[引用/参照/全文:http://www.j-cast.com/2016/07/11272183.html]

 
ネットの反応
s20160711-6
・信じられないな、ロナウドがポルトガルの代表監督としての初試合でユーロのトロフィーを掲げることになるとは
・ロナウドの方が監督としてホジソンよりも上だな
・ロナウド監督誕生の瞬間であった
・これでメッシとは永遠に埋まらない差がついたな
・名将ロナウド
・MVP ロナウド監督
・この男は本当に情熱を持った監督になるわ
・監督が2人も居たら強いわな(´・ω・`)
・クリロナ監督おめw
・ロナウド活躍してないけど面白いから許した
・選手として決勝に導き、決勝は監督として指揮するロナウドw
・クリロナw笑って泣いて感動したわイイ試合だった
・MVP:蛾
s20160711-7

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事