SPORTS

HEADLINE

イチローが3000安打で泣いた!偉業達成の瞬間、脳裏に浮かんだ人物とは・・・

s20160808-1

マーリンズのイチロー外野手(42)がロッキーズ戦でメジャー史上30人目の通算3000安打を達成した。

大台まで1本としていたイチローは「6番・中堅」で8試合ぶりに先発で出場し、七回の第4打席で右越え三塁打。メジャー16年目、通算2452試合目でアジア出身選手では初となる偉業を成し遂げた。

s20160808-2

敵地ファンはイチローをスタンディグオベーションで祝福。さらに、マーリンズの三塁側ベンチからは仲間たちが走り寄り、祝福のハグ。

イチローは感激の表情を見せた後、ヘルメットを取って球場全体を見渡しながら感謝の意を表した。イチローも感極まったのか、サングラスの奥には涙が光っていた。

s20160808-6

「達成した瞬間、あんなにチームメイトが喜んでくれて…」と仲間に感謝。「3000という数字より、僕が何かすることによって、僕以外の人が喜んでくれることが、今の僕にとって何より大切なことだと改めて認識した」と語った。

さすがのイチローも産みの苦しみを味わった。7月28日のカージナルス戦で2998安打目を放ったが、以来7試合無安打。

12打席目となる6日のロッキーズ戦で2999安打を放ち、8試合ぶりの先発となるこの日、ようやく3000安打を決めた。

「これだけ長い時間、特別な時間は僕にとってのプレゼント。考えてみれば、この時間の使われ方はよかった」と振り返った。

また打球が上がった瞬間は「超えて欲しいと思った」と素直な気持ちを吐露。

三塁打での大台到達はポール・モリター(ブルワーズ)が96年9月16日にロイヤルズ戦で達成して以来の史上2人目。「三塁打で決められたのは、2人だけだからね。その方がよかった」と喜んだ。

さらに福本豊の持つ三塁打の日本プロ野球記録も超えた。「(福本さんには)ごめんなさいとしか言えない」とイチローらしい言葉で締めくくった。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000044-dal-spo]

脳裏に浮かんだのは仰木監督

s20160808-3

イチローは試合後に明かした。

「この2週間、随分、犬みたいに年をとったんじゃないかと思うんですけど……。人に会いたくない時間もたくさんあった。僕はこれまで自分の感情をなるべく殺してプレーしてきたつもりなんですけど、なかなかそれもうまくいかず、という苦しい時間でしたね」

その苦しさを乗り越え、偉業を成し遂げたとき、脳裏に浮かんだのはオリックス時代の恩師、仰木彬さん(故人)と過ごした時間だった。

すでに日本のプロ野球数々の記録を残した後の2000年秋、神戸市内でイチローは当時の仰木監督に会っていた。メジャーに挑戦したいという熱い思いを伝えようと考えたからだった。

s20160808-5

イチローは酒の力を借り、仰木監督を説得した。「仰木さんの決断がなければ何も始まらなかったと思う」。イチローはこの日、改めて感謝の言葉を口にした。

[via:http://mainichi.jp/articles/20160808/k00/00e/050/241000c]

ジーターが感服したブレない姿勢

ヤンキース時代のチームメートであったデレク・ジーター氏(42)が祝福のコメントを寄せた。ジーター氏のコメントはヤンキース球団を通じて発表。

「友人でありチームメイトのイチロー、3000安打クラブへの入会、おめでとう。

私は、敵として対戦する喜び、仲間としてプレーする光栄を両方味わえる幸運に恵まれました。

彼にとってベースボールは単なるスポーツ以上のものであり、職人の工芸品のようなものです。

非常にハードな鍛錬をたゆまず繰り返し、磨き上げてきました。

文字どおり、真のプロフェッショナル。

彼が野球選手として築き上げる遺産の中では、この記録は数ある金字塔の1つに過ぎません

― デレク・ジーター」

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00010009-fullcount-base]

s20160808-4

ジーター氏は自身が運営するスポーツ専門メディア「プレーヤーズ・トリビューン」にイチローに関するコラムを寄稿。

「3000本以上のもの」とのタイトルで、2012年途中から2014年シーズンまでともにプレーした盟友への思いを綴っている。

「私が何よりもイチローについて称賛したいことは、一貫性ということに関するモデルであるということだ。

自分の中では、一貫性とは世の中の人々にとって最も過小評価されている能力の一つだ。

それは(その人が)いなくなるまで、見過ごされてしまいがちだが、重要なものなんだ」

ジーター氏はイチローが持つ特筆すべき資質について、そう評している。

コラムの中で、同選手が備える高度な打撃技術、スピード、強肩、隠れた長打力についても触れてはいるが、そのブレない姿勢が最も同氏の心を打っているようだ。

「ベースボールは彼にとっては単なるスポーツ以上のものだ。彼は野球をするために生まれてきたのだ。最も印象的なことは、彼は42歳だが、故障者リスト(DL)に入っていたという記憶がないことだ。

素晴らしい自己管理を続けている。野球に対して、いつまでも完成することのない作品を作り続けるようなアプローチを継続しているのだ」

[via:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160807-00010003-theanswer-base]

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/08/11 0:46

    はよマイナー落とせ

  2. 2
    名無しさん 2016/08/08 18:54

    ジーターはgreatだ

  3. 1
    名無しさん 2016/08/08 17:58

    イチローの映画化はないのかしら?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事