SPORTS

HEADLINE

【RIZIN】山本美憂にMMAの洗礼!RENAに絞め技で敗北。2人の勝負を分けたのは・・・

s20160926-1

総合格闘技のイベント「RIZIN」が25日、さいたまスーパーアリーナで1万5011人のファンを集めて行われ、セミファイナルで、レスリングの元世界選手権王者で、山本“KID”徳郁、山本聖子の実姉である山本美憂(42)が、シュートボクシング王者、RENA(25)とMMA(総合)ルールで対戦。

美憂は、レスリング仕込みの高速タックルで見せ場を作ったが、RENAがグラウンドから繰り出したキックで形勢逆転、最後は、本来打撃系のRENAが、アームトライアングルチョークという締め技を決めて、1ラウンド4分50秒に美憂がタップ、注目の最強の新旧美人ファイター対決を制した。

美憂の息子の山本アーセン(20)は、元K-1戦士からMMAに転向、妻がタレントのあびる優で話題を集めている才賀紀左衛門(27)を判定で下し総合初勝利を果たしていたが“親子勝利”の夢をデビュー戦で実現することができなかった。

火傷しそうなほどピリピリする空気が流れた。

MMAデビュー戦となる美憂の緊張と「試合データがなく、どこまでやれるのか、、何をしてくるのかわからなかった」というRENAの緊張が、そのまま序盤の攻防に現れる。

両者は、これ以上ないほどの遠い距離を取りながら、2分間以上の長い時間、互いに出方を伺っていた。RENAが放ったジャブ2発だけだ。

s20160926-2

緊迫の時間を破ったのは42歳の総合ルーキー。

RENAのローキックを外すと高速の両足タックルでテイクダウンを奪う。その後、スタンディングとなったが、再びテイクダウンを奪って、上になり右の拳を振って、慣れないパウンドを浴びせた。だが、ここからの攻め手とアイデアに欠けた。

「タックルに入れたのはよかったがグラウンドになってからコントロールできなかった」とは、美憂の回想。

一方のRENAは、倒されても、「タックルは、さすが世界女王だけあった、速くてとられたが、抑え込む力が思った以上になかった」と言う。

s20160926-3

元レスリングの世界王者。身体能力はズバ抜けていて、その参謀には総合でトップを張った“KID”がいるのだ。試合前には、どんどんRENAの中では、美憂の存在が大きくなっていた。

「すごく大きい存在に感じていたから、それより下回っていたので冷静に対処できたと思う」

体重を預けながら隙を狙えばよかったのが、両足で胴部分をロックされ動きを封じられた。美憂が上からパンチを振り下ろそうと、中途半端に立ち上がると、そこに寝転がっていたRENAの下から突き上げるような強烈なキックが顎に炸裂した。

「あれで流れも集中力もどっかにいってしまった。MMAの洗礼を受けたかな」

試合後、美憂は、「痣が残っている」と、その蹴りを受けた顎の下部分を示したほどのダメージだった。

RENAは、得意のスタンディングになると、左ストレートをヒット。

くらっとした美憂は、なんとかグラウンドの展開に持ち込もうと、頭を下げた低い姿勢から足にしがみついたが、上からパンチを重ねたRENAが、その無防備となった首に右手を下から絡みつけた。

それを左手でしっかりとロック。体重をかけて、フロントからチョークで締め上げると、しゃがみこんだまま美憂は左手でタップした。

s20160926-4

美憂は、その場にしゃがみこんで、しばらく動けない。RENAは歓喜のジャンプ。 

「対戦できて良かった。試合前、試合中、試合後と緊張感を楽しめた。常に冷静な自分がいて、狙った技で決めることができた。成長できたかなと思う。

正直、負けることはありうると考えていた。でも対戦することに意味があると思っていた。負けても盛り上がる。絶対に負けたくないという気で臨んだけれど」

試合後、RENAは、そう本音を語った。

総合での確かな必殺の武器を持ち、作戦を実行できたRENAと、まだ何が武器かを見つけることができずに総合でのフィニッシュを描くことができなかった美憂。

2人の勝負を分けたのは、プロという名のリングで経験した修羅場の数の違いだった。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000001-wordleafs-fight]

藤田和之 涙で引退表明

s20160926-5

“野獣”藤田和之(45)が元大相撲大関のバルト(31)と対戦。巨体を崩せず判定0―3で敗れた。

「覚悟をもって臨む。自分の中ではけじめのつもり」。

大一番に向け悲壮な決意を口にしていた藤田だが、その思いは結果に結びつかなかった。約70キロの体重差で圧力をかけられ有効な攻撃を繰り出せない。タックルを仕掛けても潰され、打撃を返された。

結局、藤田は判定で敗北。試合後、吹っ切れたような表情で会見に現れると「結果は結果なので。試合前から言っていたとおり、スキルが高い。ただ、余計な肉がついているな。稽古が足りないんじゃないかな。ただ、悔しいというのはない。体もあるし、もっと稽古したらもっともっと強くなる」と相手を褒めたたえた。

さらに今後について問われると、その目から突如涙がこぼれ始める。

「スッキリした。MMAとかじゃなくて“もう、いいんじゃないか”という気持ち」と話すと言葉を詰まらせた。

さらに「猪木さんに拾ってもらってちょうど20年なんですよ。入った時はもう…、こんな、しょうもない…、今でもしょっぱくて、それでもこうしてチャンスをもらえたことに感謝している。引退式とかいらない。やりきった感がある」と続けた。

続けて、大粒の涙をこぼしながら「皆さんに迷惑をかけながらいろんな経験をさせてもらったことに感謝しています。本来ならリングで引退式やったり、というのがあるのかもしれないけど、おれはこれでいい。引き際はこれでいい」と言い切った。

総合格闘技はもちろん、プロレスも引退することを表明した藤田。最後は深々と頭を下げて、会見場を去った。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000030-tospoweb-fight]

ミルコvsシウバ10年ぶり再戦が電撃決定

s20160926-6

ミルコは韓国のミョン・ヒョンマンに何もさせない完勝を収めた後、リングサイドにいたシウバに対戦をアピール。

2回戦の組み合わせは抽選で決めるルールだったが、急きょRIZINの高田延彦統括本部長がリングに上がり、2回戦で2人が対戦することを認めた。

高田本部長は「やれんのか!」と決めゼリフで2人に問いかけると、ミルコは「やる」、シウバは「やります」と日本語で答えた。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12063417/]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事