SPORTS

HEADLINE

脱いだらスゴい隠れ巨乳【アスリート編】

本来、アスリートに豊かなバストは必要ない。それでも、筋肉だけでなく、オンナっぽいふくらみを持つこともある。魅せることも競技の大事な要素なら、おおいに歓迎したい。

桑井亜乃
(ラグビー・171センチ 推定94センチ・Eカップ)
s20161013-1
美女ぞろいと評判のラグビー日本代表「サクラセブンズ」だが、ルックスだけでなく、ボディの成熟度も加味すれば桑井が最注目。ふだんはデパガというのも親しみやすい。

藤田菜七子
(競馬・157センチ 推定82センチ・Dカップ)
s20161013-2
今年の競馬界は「菜七子フィーバー」で幕を開けた。騎乗する馬場は人があふれ、発走の瞬間に歓声に包まれる。あどけない笑顔だけでなく、実は豊かな胸というのも推奨銘柄。

イ・ボミ
(ゴルフ・158センチ 推定86センチ・Dカップ)
s20161013-3
もはや日本ツアーにおいて敵はなく、昨年は2億円を超える歴代最高賞金額。愛称・スマイルキャンディの人気も独走状態で、胸元ピッチピチのウェアがグリーンの華となる。

キム・ハヌル
(ゴルフ・170センチ 推定88センチ・Eカップ)
s20161013-4
女王イ・ボミを実力の面でも、ビジュアルの面でも激しく追い上げる。グラビア展開にも積極的で、コリアン特有のきめのこまかい肌が、しなやかな体つきとともに光り輝く。

小祝さくら
(ゴルフ・158センチ 推定88センチ・Fカップ)
s20161013-5
また1人、将来が楽しみなアマチュアの新星が登場。7月の「ニッポンハムレディス」で8位に入り、色白のルックスは「ゴルフ界の壇蜜」と呼ばれる。プロになる日が待ち遠しい。

葭葉ルミ
(ゴルフ・160センチ 推定87センチ・Eカップ)
s20161013-6
「指原莉乃に似ている」とゴルフファンに呼ばれていた葭葉が、7月10日の「ニッポンハムレディス」で待望の初優勝。健康的な笑顔だけでなく、スイング時の揺れ具合も魅力。

青木愛
(元シンクロ・173センチ B85・W60・H83)
s20161013-7
シンクロの五輪代表から芸能界に進んだ選手は多いが、最前線で成功したのが青木だろう。気さくなトークも受けているが、グラビアではダイナミックなボディを見せつける。

雪妃真矢
(プロレス・164センチ 推定89センチ・Fカップ)
s20161013-8
最近の女子プロレス界は美貌も兼ね備えた選手が多いが、このところ専門誌のページを飾ることも多い雪妃は、試合中も自慢のプロポーションを積極的にアピールする大胆さ。

坂口佳穂
(ビーチバレー・172センチ 推定87センチ・Dカップ)
s20161013-9
「第2の浅尾美和」としてメディアに引っ張りだこの新星。残念ながらリオ五輪に日本選手の出場はならなかったが、4年後の東京五輪にはぜひとも「佳穂推し」で願いたい。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/66422]

関連商品

関連キーワード

コメント

  1. 3
    名無しさん 2016/10/27 7:49

    藤田菜七子の右側の巨乳の写真、別人。これは牧原由貴子騎手の現役時代の写真やわ。残念でしたな。

  2. 2
    名無しさん 2016/10/26 18:49

    東京女子体育大学 水球部の、諏訪部早紀ちゃんが入ってないとか・・・
    まぁ”隠れ”てないけどw

  3. 1
    アカサカサカア 2016/10/14 0:09

    菜七子が巨乳とかww 断崖絶壁だろ!普段サラシでも巻いてるん?

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事