SPORTS

HEADLINE

【MLB】ダルビッシュ今年活躍で年俸10億→34億円の可能性も…今後を左右する大事な1年

「2017年に最も重圧がかかるのは」

今季終了後にレンジャーズとの6年契約が満了し、フリーエージェント(FA)となるダルビッシュ有投手。

好成績を残せば大型契約を勝ち取ることは確実なだけに、トミー・ジョン手術からの復帰2年目を迎える右腕への注目はシーズン開幕前から高まっている。

米スポーツ専門局ESPN(電子版)では、「2017年に最も重圧がかかるのは誰だ?」と題した特集記事を掲載。17組を挙げており、その中で日本人右腕の名前が登場する。

ダルビッシュは昨季、5月に復帰して17試合に先発し、7勝5敗、防御率3.41。右肩違和感での一時離脱はあったが、復帰初年度としては上々の数字を残した。

2015年は全休となったが、5年間で通算100試合に登板し、46勝30敗、防御率3.29の成績をマークしている。

そんな日本人右腕について、特集記事の寸評では「2012年シーズン前に結んだ契約は最終年を迎え、2015年にトミー・ジョン手術を受けてから初のフルシーズンとなる今季活躍すれば、ダルビッシュはFAとして大金を得ることになるだろう」と指摘。

今シーズンの投球が今後の野球人生を左右することになりそうだ。

ダルビッシュは2012年に日本ハムからポスティングシステム(入札制度)でレンジャーズに加入。当時は落札額に上限がなく、最高額を入札した球団に独占交渉権が与えられていた。

そのため、落札額は約5170万ドル(現在のレートで約58億6000万円)と史上最高額を記録したが、逆に年俸は6年総額5600万ドル(約63億5000万円)と抑えられた。

年平均933万ドル(約10億6000万円)という基本年俸は、メジャーのエース級の投手としてはかなりリーズナブルだ。

活躍すればメジャートップクラスの年俸に?

しかし、新たな契約では、ダルビッシュは現在のメジャートップクラスのスターターが手にしている年平均3000万ドル(約34億円)規模の契約を手にする可能性があるとされている。

地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」でレンジャーズ番を務めるエバン・グラント記者は、ダルビッシュの引き留めに必要な資金として「6年、総額2億ドル(約227億円)近く」と予測。

球団公式サイトも、現在のメジャーのスーパーエース級の投手が年平均3000万ドルの大型契約を結んでいることから、「ダルビッシュがシーズンで成功を収めれば、市場でこのくらいの額を手にする可能性がある」とレポートしていた。

もちろん、まずは今シーズン、レンジャーズを初の世界一に導くことが最大の目標になる。

ESPNの記事でも「ローテーション後半に不安のあるレンジャーズとしては、ダルビッシュとハメルズの2人による著しい活躍が必要となってくる」と指摘。

昨季のポストシーズンで炎上したダルビッシュ、左腕コール・ハメルズの「2枚看板」がフル稼働しなければ、チームの躍進もないとの見方だ。

サイ・ヤング賞に絡むような投球でレンジャーズを牽引し、オフには超大型契約を結ぶ―。

ダルビッシュは「重圧」の中で、最高のシーズンを送れるだろうか。

[via:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170126/k10010853271000.html ]

ネットの反応

・今季のダルには期待感しかないね。
・日本で1度も取れなかった最多勝をメジャーでとって欲しい
・トップクラスは34億って、、、引退したら球団買えちゃうね。
・サイ・ヤング あなたが獲らんで 誰が獲る
・フルに働いて、まーくんとプレーオフの投げ合いが見たい
・ポストシーズンがパッとしないんだよなぁ。
・めちゃ活躍しても5年100億程度で止めとかないと危険だと思う
・一流だけどトップクラスにはなれない。なぜならコントロールが悪いから
・四球 失投ホームランはさすがにもう治りません この先防御率3を下回る事はないでしょう
・トミージョンは術後1年半程経過してから効力を発揮するらしいからね。期待に応えらたらいいね。
・一般的にTJ手術からの完全復活は24か月後だと言われている。一昨年3月に手術受けたダルにおいては来月。
・20の7で2.8期待
・けがさえなければ間違いなくいい成績をあげれると思いますけど

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事