SPORTS

HEADLINE

【WBC】メンバーから外れた大谷 足首故障の原因はキックボクシング!? ダルのインスタ動画に疑念

開いた口が塞がらないとは、まさにこのことか……。

日本ハムの大谷翔平選手のWBC欠場で揺れる日本プロ野球界に、さらなるショッキングな「疑惑」が判明した。

その原因となっているのは昨年の日本シリーズなどで痛めてしまったとされる、大谷選手の「右足首」だ。現在は全力疾走すらできない深刻な状況で、先日発表された投手によるWBCの辞退だけでなく、野手としての出場さえ危ぶまれている。

それどころか、3月31日に予定されている日本ハムのプロ野球開幕戦にさえ間に合うかどうか……一部のメディアが「最悪の場合、手術による長期離脱まである」とまで報じる極めて深刻な状況である。

述べるまでもなく大谷選手は、今や日本球界の宝。4年に一度、いや、一部の報道では「今回限り」とさえいわれているWBCは、日本の野球界にとっても確かに重要な大会だ。

だが、それ以上に大谷選手の野球人としての将来を鑑みれば、大事を取る姿勢は充分に理解できるものだろう。

実際にニュースを知ったプロ野球ファンの多くも、今回の決断に理解を示しており「ゆっくり休んでください」「一番悔しいのは本人」「それでも日本代表を応援する」とネット上には、大谷選手を励ますような暖かいコメントが並んでいる。

だが、その一方でそんな思いを根本から覆すようなショッキングな情報が舞い込んできた。

昨年末から年明けにかけて、大谷選手はヤンキースの田中将大投手や阪神の藤浪晋太郎投手、楽天の則本昂大投手などと共に、レンジャーズのダルビッシュ有投手の元で自主トレに励んでいたことは、多くのプロ野球ファンが知るところだ。

主催のダルビッシュ投手は自身の『インスタグラム』を通じて、日々のトレーニングの一部を何度も一般公開。その都度メディアが拾い上げてニュースにするなど、オフシーズンの野球界の話題を独占したことは記憶に新しい。

実はその中に、あろうことか足首を痛めているはずの大谷選手がキックボクシングをしている動画がアップされていたのだ。

「4週間前」と書かれていることから、おそらく年末年始の時期にアップされた映像だろう。

黄色いマットの上で両手にグローブを付けた大谷選手が、打撃用のミットを付けたトレーナーと思われる人物と向き合うと、そこから強烈なハイキックが飛んだ。振り抜かれたのは、患部であるはずの右足だ。

何かの間違いではないかと思う間もなく、今度は強烈なミドルキックが小気味のいいミット音を上げる。すべて右足で、周りからも歓声が上がるほどの見事なキックだ。

大谷選手も笑顔で、この時点では何の問題もなさそうに見えるのだが……。

その映像から1カ月後の1月末、大谷選手は「右足首の故障」が原因で、投手としてのWBC参加を正式に辞退している。

一体、この間に何があったのか……もしも、このキックボクシングのトレーニングが患部を痛めた原因なのだとすれば、あまりに軽率な行動だったと述べざるを得ない。

逆に本当は足首など痛めていないとすれば、かつて故障による休場届を提出しながらもネット上にサッカーを楽しむ動画が流出した元横綱の朝青龍以来の疑惑といえるだろう。

昨年末、ダルビッシュ投手がチームの垣根を超えて選手を集め、自主トレの様子をファンに公開する”サービス”は多くの人々の関心を引き付けた。

オフシーズンにおけるプロ野球のあり方を変えたと述べても過言ではない、画期的な試みといえる。

だが、それがこのような形で”疑惑”の要因となったことは、非常に残念だ。この事実について日本代表、もしくは球団や大谷選手自身から説明があるかは定かではない。

ファンとしてはWBCに出場するにしろ、しないにしろ「納得して見守りたい」という気持ちがあるのではないだろうか。

[via:http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2476_2.html]

ダルビッシュの見解

フォロワーからの「大谷選手の足首の怪我の原因は年始のキックボクシングでは?と一部で言われていますが、実際どうなんでしょうか?」との質問に反応。

ダルビッシュは

「あれは正月で身体の状態もかなりいい感じでしたよ(^^) しかもそのあと1月下旬まで鎌ヶ谷で調子良さそうに走ったりしている動画を確認していますし。もしあれで痛めていたら年始から走れていないはずですね」

と投稿。自身が行ったトレーニングと大谷の右足首の故障との関係を否定した。

続いてファンからの

「大谷投手は日本シリーズで右足首を痛めたと言っていたみたいなので、正月にキックボクシングをやっていること辞退に違和感を感じるのですが。。」(原文ママ)

との指摘には、

「普通に本人の状態が悪ければやらせるわけないでしょう。しかもメニューの一つではなくあくまでやりたければどうぞ的な感じだったので」

と説明した。

「つまり仮病ってことですか??」

との投稿には

「1月の下旬に痛めたのではないでしょうか」

と回答。1月下旬に悪化させたと推測している。これまでに大谷は病院での検査で「三角骨の骨棘」の痛みと診断され、1月31日には右足首の故障のため3月のWBCを辞退すると発表していた。

別のツイートではダルビッシュは「単純に特定の動きに痛みがでるだけでは?」と推測。さらに、「三角骨を痛めているようですね。痛め方によりますが特定の動きで痛みがでることが多いようですよ」とも投稿した。

その後もフォロワーとのやり取りは続き、

「1月24日の鎌ヶ谷でランニング中に異変があってランニングを切り上げたと報道にありますね。大谷選手の場合、底屈した足の甲を伸ばす時のみ痛むらしいですが」

と聞かれると

「でしたら投げる時は痛いでしょうね。 バッティングは出来ていますから仮病とかはないでしょうね」

と言及。蹴ることやウェイトトレーニング、バッティングに影響はないが、投球やランニングにだけ影響することがあるのか問われると「もちろんありますよ」と答えている。

時系列については「日本シリーズで軽く痛めたのが強化試合でも痛く、オフに入り良くなってきていたが1月下旬の強度を上げてきたときにまた痛くなったということでは?」としたダルビッシュ。

1月2日に自身のインスタグラムにアップした動画では、大谷がキックボクシングに挑戦し、スパーリング相手の持つパットに向けて右足を強打する動画が残されているが、思わぬ形で大先輩に飛び火する事態となってしまった。

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00010001-fullcount-base]

ネットの反応

・何やらせてんだよ
・オコエも怪我したし、何かダルとトレーニング一緒にやってる選手がどんどん壊れて行くw
・いろいろと情報のつじつまが合わなくなってきたなw
・やりたければどうぞ的なって完全に責任逃れw
・ダルは悪く無いだろ、やった大谷に問題ある
・この怪我は日本シリーズ辺りから引きずってるやつだろ 無理矢理ダルのせいにするのは頭悪い
・日本シリーズっちゅうのがまず怪しい
・脚に不安がある奴があのキックボクシングとか自殺行為
・そもそも怪我なんてしていないのか
・仮病確定でワロタ
・ダルビッシュもたいしたもんだな わざわざイラッとくるような質問にも答えてるし
・飲み屋の言いがかりレベル対ダルの冷静な答弁

大谷 侍のメンバーから外れる

第4回WBCに出場する侍ジャパンの小久保裕紀監督(45)が3日、視察に訪れた西武のキャンプ地である宮崎・日南市内の南郷スタジアムで取材に応じ、右足首の故障で調整が遅れている日本ハムの大谷翔平投手を28人の登録メンバーから外すことを明言した。

小久保「昨日から今日にかけて、NPBと日本ハムのやりとりの情報を見させていただいて、本人とも話した結果、28名の登録から外すということを伝えました。

100%で動けない選手を使うというリスクを考えると、とても無理はさせられない。ファンの皆さんも期待して楽しみだと思いますが、28人からは外します」

[via:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000119-sph-base]

関連キーワード

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事