SPORTS

HEADLINE

【文春】元巨人・越智大祐がW不倫の末、結婚サギで訴訟沙汰!闇スロット&古銭詐欺疑惑も!?

読売巨人軍で中継ぎエースとして活躍し、2014年オフに引退した越智大祐氏(33)が「婚約不履行」で訴えられることが週刊文春の取材で分かった。

越智氏は2011年の宮崎キャンプの際、地元のキャバクラに務めていた平石梢さん(仮名)を気に入り、口説きはじめた。

しかし越智氏が2010年に結婚していることを知っていた平石さんは交際を拒否し、しばらくは客とホステスの関係が続いた。

そんななか、2014年に転機が訪れる。

平石さんが振り返る。

「お店で越智君に『離婚したから付き合って欲しい』と言われました。押しに負けて、2014年春のキャンプのときから交際することになりました」

当時、平石さんは別の男性と結婚していたが、シーズン中は毎週のように上京して越智氏と会っていたという。

越智氏は引退後、平石さんに求婚し、宮崎に移住する。

「越智君から『俺は離婚しているんだからお前も離婚しろ。離婚したら一緒になれる』と言われて、結局2015年12月に夫とは離婚しました。越智君から名前の入った婚姻届も渡されて、いずれ結婚するつもりでした」(同前)

ところがその後、平石さんは越智氏の行動を怪しむようになる。

「やがて越智君が東京に頻繁に行くようになったり、別れたはずの奥さんから凄く電話が来るようになった。そこで昨年8月に私の友人と二人で彼を問い詰めたら『実はずっと結婚しています』と言い出して……。

翌朝、越智君は宮崎から姿を消してしまいました」(同前)


越智氏と平石さん(ベッドの中)©文藝春秋

週刊文春は愛媛県松山市にいる越智氏を見つけて話を聞いた。

──結婚しているのに平石さんに求婚するのはおかしいのではないか。

「彼女(平石さん)とは世紀の恋だったんですよ。いずれそうなれば(結婚できれば)いいと思っていたけど、タイミングが合わなかった」

平石さんは「2月中にも婚約不履行で訴訟を起こす予定」だという。

2月9日(木曜日)発売の週刊文春では、越智氏が現役時代に同僚選手と闇スロットに通っていた疑惑なども報じる。

[via:http://bunshun.jp/articles/-/1336]

W不倫&結婚詐欺疑惑 時系列まとめ

・2011年、宮崎キャンプの際、キャバクラの既婚女性を口説き始める
 →越智大祐が既婚者と知っていたため、客とホステスとの関係が続く

・2014年、『離婚したから付き合って欲しい』と言われ、不倫関係に
 →2014年の春キャンプから交際開始

・女性は既婚者にも関わらず、シーズン中毎週のように上京し通い妻状態に
 →この時闇スロットに通っていることを知る

・2014年のオフに引退後、宮崎に移住しその女性に求婚

・2015年12月、離婚を要求されたその女性が離婚し、同棲を開始
 →越智大祐から婚姻届を渡される

・同棲中、越智は定職につかずパチスロの毎日
 →女性の三人の息子には優しく接していた

・2016年8月、越智大祐が離婚していなかったことを打ち明ける
 →東京での賭博問題から逃げるために利用されたと気付く

ネットの反応

・越智… 病気して残念だなって思ってたら何やってんだ
・まあ越智はかなり怪しい人間ではあった、引退前から
・野球選手らしいな、芸人みたいにファンでなく水商売に行くのが
・なんで「別れた」て嘘をついたんだろうか
・被害者ぶってるけどこの女も既婚者だったのか
・どっちもどっちだろこれw
・ていうか裁判で勝てないのを自覚してるから週刊誌に話を売ったんだろ こうでもしなきゃ気が済まないって感じ
・コーチになれない時点でお察しなんだな
・闇スロットの件もっと追及してほしい 多分巨人の今の主力の名前が出るんじゃないか?
・これ、詐欺と言うより単なるゲス不倫じゃない?
・そのままW不倫でいいだろうに なぜ女を離婚させたんだよw

全盛期には優勝の立役者

越智氏といえば現役時代、中継ぎ投手として活躍。一時は同僚の山口鉄也選手とともに風神雷神と呼ばれるなどファンから親しまれ、また獅子奮迅の働きで上層部の信用も厚い選手として知られていた。

だが、12年に難病である黄色靭帯骨化症が判明。手術を受け、リハビリに専念するも一軍のマウンドは遠く、その2年後に球団から戦力外通告を受け、引退を表明。引退時にはファンから「ケガさえなければ…」と惜しまれていた。

「越智氏は、全盛期には優勝の立役者としても名前が挙がるほどでしたからね。引退後は都内某所で焼肉屋を経営しているのではないかと噂もありましたが……、まさかこんな大事になっているとは思いもよらなかったファンも大勢いるはずです」(記者)

蒸し返されたくない野球賭博事件

越智氏が関与していたとされるさまざまな疑惑の中でも、元所属していた球団である巨人にとって特に頭が痛い問題は、野球賭博への関与だろう。

15年に起こったこの事件では、読売ジャイアンツ(巨人)の3選手(16年に4人目も摘発)が関与していたことが発覚。「球界のドン」といわれた渡辺恒雄氏が巨人の最高顧問を辞任するなど、選手球界全体を揺るがす事態にまで発展している。

「これを受け16年のシーズンでは巨人に対し、なにかしらの『ペナルティを受けさせるべき』だという声も上がりました。ですが特におとがめはなく、なし崩し的にシーズンがスタートしています。

巨人にとっては忌むべき汚点であり、なんとか”過去のこと”、”終わったこと”にしたかったはずです。巨人に向けて、球界はおろか世間からも再度冷ややか目が向けられることは避けられないでしょうね」(芸能ライター)

[via:http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2539.html]

闇スロット疑惑

「越智君は裏カジノとか闇スロの話をよくしていた。同僚選手の名前を挙げて、『●●なんて世間知らずだから、(闇スロ店で)隣の客にちょっかい出すんだよ。後ろに怖い黒服が立っているのを知らないからさ』なんて笑い話を聞かされた(越智氏の知人談)」

[via:週刊文春 2017年2月16日号]

越智大祐が通っていた闇スロ店「S」は渋谷のホテル街にある古びた洋館風のビルにあった(現在は閉店)。

闇スロ店関係者の話では、SはX氏というヤバイ筋の元幹部の息子が経営しており、他にも渋谷でバカラ店なども経営していた。

越智大祐はX氏とも仲が良く、元巨人の福田聡志(=野球賭博問題で無期失格処分)は越智大祐に紹介されてよく通っていたそう。当時のことを福田聡志氏は次のように話している。

「ほんと昔ですね、何回か。(渋谷の)百軒店だったかな、店の名前は看板がなかったし覚えていない。Xさんも越智に紹介されて知っていますよ」

[via:週刊文春 2017年2月16日号]

週刊文春が巨人の広報部にその同僚の名の選手が本当に闇スロ店に通った事実はあるのか問い合わせたところ「(通った)事実はない」と回答があった。

古銭詐欺にも関与?

文春はさらに越智大祐が古銭詐欺にも関与していた疑惑を報じている。

『古銭詐欺』とは”古銭を買ってくれたら後で高く買い取る”などと偽って老人などから現金をだまし取る手口のことです。

越智大祐が現役を引退した翌年の2015年、親交の深かった市原大輔氏という人物が古銭詐欺グループの一味として逮捕され、越智大祐も警視庁から事情聴取と家宅捜索を受けたのです。

越智大祐は市原氏から携帯電話やICチップ、そして現金3000万円などを預かっていたそうなのです。その時のことを、交際していた女性は次のように証言してる。

「市原さんが逮捕されたときは越智君はかなり焦っていました。(中略)預かっていたモノを『○○に隠した』とか電話で話していて。

証拠隠滅に加担していたら犯罪じゃないの?と私も怖くなって。彼に聞いたら『逃げ切ったから大丈夫、大丈夫』とか言っていました」

[via:週刊文春 2017年2月16日号]

ちょうどその頃、福田聡志の借金問題が明るみになり巨人軍の「野球賭博問題」へと発展。そこで名前の上がった松本竜也などとは越智大祐は親密な関係だった。

そして越智大祐は忽然と東京から姿を消し、宮崎に移住した。結局は、東京でのゴタゴタを回避する一つの手段としてその女性を利用して宮崎に逃亡したということなのか…。


野球賭博で解雇された元巨人・松本竜也氏とツーショット

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事