SPORTS

HEADLINE

【ラグビー】あの人はいま状態!?五郎丸 世界のラグビー選手の年収ランクで1位に何故の声

ラグビーに興味のない人たちにとってはすっかり“あの人はいま”状態となっているラグビー日本代表の五郎丸歩。

一昨年のワールドカップ後、アスリートとして近年稀に見る社会現象となった「五郎丸ポーズ」だったが、その後は主戦場を海外に移したこともあり、日本人があのポーズを見る機会はほとんどなくなっている。

「昨年2月からはスーパーラグビーのレッズ(豪州)に移籍。

ところが、日本から参戦した5月のサンウルブズ戦で不用意なタックルを試みて肩を負傷。

6月に出場するはずだった日本代表戦もアウトとなり、さらに直後にフランスリーグのRCトゥーロンへの移籍が決まるなど、日本ラグビー界から遠ざかっていきました。

しかも、レッズでもトゥーロンでも出場機会にはあまり恵まれていない。たまに出ても蹴らせてもらえない。ラグビーファンの間でも“過去の人”となりつつありますね」(スポーツサイト記者)

ところがどっこい、先日発表された「世界のラグビー選手の年収ランキング」で、15年ワールドカップでニュージーランド代表(オールブラックス)を優勝に導いた司令塔、ダン・カーターと並んで、五郎丸が1位タイにランキングされたから驚きだ。

「サッカーでいえば、メッシやロナウドと本田圭佑が1位タイにランクされたと想像してください。金額は167万ユーロ(約2億200万円)。

野球やサッカーやテニスなど、何十億円が飛び交う世界に慣れていると『たったそれだけか』と思う人もいるかもしれませんが、ラグビーで1億円プレイヤーは世界のひと握り。

ましてや日本人ではこれまで皆無だったことを考えれば、五郎丸ポーズは金の成るポーズでしたね」(スポーツ専門誌記者)

この報道に最も驚いているのは熱烈なラグビーファン。

「オールブラックスのスターと同じなのはおかしい」

「フランスリーグがリッチとはいえ、試合出てない五郎丸が1人勝ちとは‥‥」

「もう単なるCMタレントだろ」

と、昨年からのふがいないプレーも相まって手厳しい声がネットなどでも書き込まれている。

「実際、いま日本に戻ってきても実力的に代表に選ばれるかどうかボーダーラインと言われています。

プラスになるとしたら集客力だけと揶揄されていますから、ラガーマン五郎丸としては年収1位でバンザイできる状況にはないと思いますよ」(前出・スポーツサイト記者)

とはいえ、日本人が世界的にはメジャーとも言えるスポーツで1位の稼ぎ。青少年に少なからず夢を与えたのは間違いないはずだ。

[via:http://www.asagei.com/excerpt/75343]

ネットの反応

・五郎丸CMをいつまでも流してる企業があるから、一向に「あの人は今」状態にならない
・トゥーロンは何のために取ったんだ やはりマーケティング目的か
・なんか五郎丸なら許せる ラグビーってハードなスポーツだから
・五郎丸は名前のインパクトとビジュアルがある上に五郎丸ポーズが付いてるんだから広告たてやすいよな
・流れ弾が命中してる本田ワロスw
・五郎丸みたいな2流がダンカーターみたいなレジェンドと同じってw
・ラグビーのトップはもっともらわなあかんわ。
・チャーハン食べるだけで年収億越え
 >オニギリも食ってるしビールも飲んでる
・既にチャーハンの人で定着してるな
・まぁW杯までは安泰だろうな
・本人があんまラグビーの普及に興味なさそうなのが駄目だな
・プロは興行なのにな。人気も立派な実力のうちだろ
・あの浣腸みたいなポースのおかげで億のカネが稼げるとは
・キライって人は少ないだろうからそれだけでも成功だ
・ニチレイは五郎丸のおかげで冷凍チャーハンの売上UPしたからまた契約延長したね
・世界のラグビー選手の年収ランキング
(2017年発表、1ユーロ121円計算)
*1位 五郎丸歩(2億200万円)
*1位 ダン・カーター(2億200万円)
*3位 マット・ギタウ(1億3070万円)
*4位 アーロン・クルーデン(9680万円)
*5位 リー・ハーフペニー(7260万円)
*5位 マア・ノヌー(7260万円)
*5位 ジョニー・セクストン(7260万円)
*5位 チャールズ・ピウタウ(7260万円)
*9位 ブライアン・ハバナ(6900万円)
10位 マヌ・ツイランギ(6530万円)

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/02/15 18:40

    体張ってる割にトッププレーヤーですら年収低いんだね。
    野球選手は貰い過ぎぐらいに感じる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事