SPORTS

HEADLINE

【MLB】田中将大7失点で炎上!全米メディアが強烈バッシング「開幕戦を破滅」「恐ろしい」

ヤンキースの田中将大投手が2日(日本時間3日)、敵地のレイズ戦でメジャー日本人投手として初めて3年連続の開幕投手として先発し、まさかの大炎上で今季初黒星を喫した。

2回2/3で2被弾を含む8安打7失点。開幕戦は自身0勝2敗とまたしても白星をつかめなかった。チームは3-7で敗れ、球団ワースト記録となる開幕戦6連敗。

今春のオープン戦は6登板で3勝1敗、わずか2失点(自責1)で防御率0.38と圧巻の成績を残していたエース右腕の乱調を、米メディアも驚きを持って伝えている。

田中は初回にロンゴリアの犠飛で先制を許すると、その後、1死満塁のピンチを招いてモリソンにセンター前への2点タイムリーを浴びた。

ヤンキースが直後に2点を返して1点差とするも、2回は2死からキーマイヤーに四球に与え、ロンゴリアには落ちないスプリットをレフトに運ばれて痛恨の2ランとされた。

3回もモリソンに右中間スタンドへのソロ本塁打を浴びるなど2点を失い7失点。この回途中で無念の降板となった。

7失点は自己ワーストタイで、自責7は4年目で自己ワースト。エース右腕のまさかの大炎上を地元メディアも続々と速報で伝えた。

新興スポーツメディア「ファンラグ・スポーツ」は、降板直後に「タナカ、ヤンキースがレイズに揺さぶられる」との見出してレポート。

米メディア「スポーティング・ニュース」は「マサヒロ・タナカが恐ろしいスタート、ヤンキースファンはヒヤヒヤ」と伝え、

地元紙「デイリー・ニューズ」は「マサヒロ・タナカがヤンキース開幕戦で難航、レイズに3-7で敗れる」とのタイトルで報じた。

[via:https://full-count.jp/2017/04/03/post63751/]

全米メディアが強烈バッシング

ヤンキースのジョー・ジラルディ監督の

「このように最高のものを持ち合わせていない時もある。彼の制球力なら、それを乗り越えられるのが普通。でも今日は制球力に欠けていた。原因を見つけ出すのは難しい。それにまだ1試合だ。そんなに大げさにしないことだ」

というコメントを紹介しながら、

「今日は2016年に14勝4敗でア・リーグ3位の防御率3.07を記録した田中のようでは全くなかった」とし、「田中はオープン戦で6度先発し、今季サイ・ヤング賞を狙う主要投手と思わせた。

しかし2017年の1度の先発で防御率は23.63。春季キャンプで最高の成績を挙げたヤンキースの勢いを止めてしまった」

と、この日の不調を批判した。

ニューヨーク・ポスト紙は、「ヤンキースは死に物狂いで田中の言い訳を正当にする必要がある」とし、試合後の「シーズン最初の試合で緊張感もあったし、そういう中で、自分でいろいろな部分を制御できなかった」という田中のコメントを取り上げた。《中略》

またヤンキースの先発ローテーションは、田中以外はあてにならないことにも触れ、「つまり開幕戦の(敗戦の)要点は田中の脱線ということになる。ヤンキースはチームで最も頼りになるスターターが、まさかの幕開けを迎えてしまったが、それ以上のことが起こらないことを祈っているはずだ」とした。

またスポーティング・ニュースは「田中将大の恐ろしいスタートはヤンキースのファンをナーバスにさせた」という見出しで、この日の戦評記事を出した。

ESPNは「田中とヤンキースの若手はしょっぱなからつまずき、ピンストライプの興奮は現実に目覚めた」とし、グレープフルーツ・リーグで最高の成績を残し、プレーオフ進出の期待が膨らんでいたヤンキースが、田中のまさかの波乱で現実をつきつけられたことに触れた。《中略》

散々なシーズン開幕を迎えてしまった田中。しかし、それに対するメディアからのバッシングも、ヤンキースを支えるエースとして期待されているがゆえの「愛のムチ」のようだ。

[via:http://news.livedoor.com/article/detail/12886185/]

「自分をコントロールできなかった」

開幕戦の緊張感もあったと話す田中。試合後の会見では気負いすぎていたと振り返り、役割を果たすことができなかったと語っている。

自身の公式ツイッターを更新した田中は、「今日は本当に何も出来なかったです。情けない。映像も見返しましたが、酷すぎますね…」と自分の投球に絶句。

「気持ちもボールも全然コントロール出来ていない」と反省したが、問題点は映像を見てわかったので、次回登板では修正したいと前向きなコメントもあった。

今シーズン初登板を終えた田中にファンからは、「シーズン始まったばかり頑張って」「今日全部悪いものを出し切ったと思いましょう」「まだまだシーズンは始まったばっかりです!」「今シーズンの一番悪い投球が出たと思って頑張りましょう」などの声が寄せられている。

[via:https://cyclestyle.net/article/2017/04/03/46924.html]

ネットの反応

・来年は開幕投手ないな
・オープン戦絶好調で開幕戦炎上とか最悪のパターンでワロタ
・4点ぐらいの炎上なら我慢できるだろうがヤンキースの開幕投手がこれだけ失点したらダメ
・開幕したばかりで、何とも言えんだろ…。
・オープン戦も調子良かった田中でも勝てなかった的なニュアンスじゃん
・手術は近いな
・この1試合で今年のサイヤングはもう難しいな。
・明日はダルもおそろしいスタートを切るだろうw
・低めにいってるなーと思ったらボコボコ打たれてた 完全に狙われてた

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事