SPORTS

HEADLINE

負傷相次ぐ大谷翔平 メジャーに買い叩かれて契約金が半減!?生涯賃金が激減の可能性も

さすがに監督として、非を認めるしかあるまい。

開幕直後だというのに、日ハムの至宝、二刀流の大谷翔平(22)が負傷し、早くも戦線離脱。栗山英樹監督(55)は、「すべて俺の責任」と言うが、これによって、大谷の生涯賃金は大幅に減る可能性も出てきたのだ。

昨年、日本一に輝いた日本ハムは現在、最下位と伸び悩んでいる。そこへ、痛恨のアクシデントが発生。4月8日、大阪で行われた対オリックス戦でのことだった。

スポーツ紙記者によれば、

「この日、大谷は、初打席で三塁へのボテボテのゴロを打ちました。一塁へ全力疾走したところ、途中でワールド・ベースボール・クラシック(WBC)辞退の原因にもなった右足とは逆の左太腿に、違和感を覚えたそうです」

負傷した右足を庇うがゆえに、左足へ負荷がかかり、今回の怪我に繋がったのではないかと言うのだ。

結局、次の打席で交代となったが、診断の結果は「左大腿二頭筋肉離れ」。

スポーツ医学に詳しい帝京大学医学部整形外科学教室の渡會公治(わたらいこうじ)客員教授の話。

「大腿二頭筋とは、太腿の裏側にあり、膝を曲げる筋肉です。怪我の程度は1度から3度まで分類され、今回の2度というのは、中傷に当たります。

治療方法は、まず、休ませること。大腿筋は治りやすい箇所ではあるので、治ったと勘違いし、再発して長引くという例が多い。ゆっくりとリハビリすることが大事です」

復帰には、早くても4週間ほどかかるというから、チームにとってはもちろん、来年、メジャー行きが実現しそうな本人にとっても、かなりの痛手である。

「私も巨人時代にやったので分かります。全力で走れるようになるには、さらに1カ月はかかりますよ」と言うのは、野球評論家の張本勲氏。

「キャンプの時、右足の怪我を治さないのかと彼に聞くと、“手術は何カ月も休むことになるので”と言っていました。ヤバいなあと思っていたら、案の定です。

栗山が厳しく言えないんでしょうね。出場させないと不味いという空気もあったのかもしれないけど、そこは大谷のことを考えて、出せないと言うべきだった。大事にするのと甘やかすのは違いますから」(同)

采配だけでなく、選手たちの手綱を引くのもまた監督の役割。そこが足りなかったというわけだ。

野球評論家の江本孟紀氏も、

「栗山は、これまでの試合で全力疾走する大谷に、“バカ”と叱っていたわけでしょ。試合に出たら、誰でも全力ですよ。ピントがズレている。だいたい、去年痛めた足のせいでWBCに行けなかったんだから、治療に専念すべきだったんです」

だが、時すでに遅し。今はメジャーを見据えて、治療に専念するほかないのである。さもなくば、

「メジャー行きが延びる可能性がありますし、仮に行けたとしても、金額が半減するほど買い叩かれることだってあり得る。それほどメジャーは身体チェックが厳しいのです」(同)

現在のところ、25歳未満の大谷が移籍した場合は、協定で契約金は最大約6億円だが、3年待てば300億円とも言われている。いずれにせよ、今回の怪我でフイになったとしたら……。とても責任を取るどころではないのである。

[via:週刊新潮]
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/04250558/

ネットの反応

・軽く見積もっても100億は下らないな
・200億が100億になるだけだろw
・嫁入り前に怪我したしな
・ガキじゃね~んだから自分で決めて行動してるだろ 監督の責任とかね~わ
・怪我でWBC辞退してOP戦で無双してやっと念願の本当の怪我になったのだから喜ぶべき 自分で言ったよね?怪我してWBC出れない、て。だからこうなったの。何の問題もないでしょ?今更なにを騒ぐの?大谷は怪我をした。ただそれだけの話
・リハビリと二軍の新二刀流になればいいじゃないですか
・二刀流のツケだね 周りの大人がちゃんとしてないとこうなる 指導者って大事だわ
・その生涯賃金って、どうやって計算したの?
・日本人選手がMLBでコケまくったからNPBの実績だけで100億200億なんて契約してくれないでしょ
・辞退したのにWBC中のオープン戦出まくってたのはホント違和感があった
・仮病の罰が当たっただけ
・結局あの時点で開幕2ヶ月前だったからネズミ除去手術さっさとやっとけば良かったのかねえ
・なんで肉離れが選手生命左右するみたいに書かれてるんだよw
 >癖になったらアウト
・凄く的確な格言を思い出した!二兎負うものは一兎も得ず
・今年ゆっくり体を直して、来年メジャーで爆発すればいいよ
・WBCの欠場の呪いはガチ
・野球選手で肉離れも許されんっておかしくね?なんで球団が責められるんだ?
・いちいち騒ぎ過ぎ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事