SPORTS

MF長澤和輝(25)ブラジル戦トップ下で初先発!?ボールキープは世界レベル、ロシアW杯の秘密兵器!?

日本代表に初招集されたMF長沢和輝(25=浦和レッズ)が、10日のブラジル戦でデビューする可能性が高まった。

王国相手にトップ下での起用が急浮上した。日本はブラジルに国際Aマッチで過去0勝2分け9敗と未勝利。4得点31失点とまったく歯が立たないが国際Aマッチ経験ゼロの未知、いや無限の力で王国に挑む。

秋も深まり、ここリールにも黄金色の落ち葉が舞っている。パリの北、ベルギーに近いこの地に自宅があるハリルホジッチ監督によれば、この時期は曇りばかり。

8日もそうだった。だが6日から2日間は珍しく昼間に太陽が。何と2日連続で日が照った。7日の非公開練習後、ハリルホジッチ監督は「太陽が出ていますね」と上機嫌だった。

機嫌がいい理由は、太陽だけではないはずだ。練習で新星・長沢の輝きを認めたからかもしれない。

初招集の長沢に、いきなりブラジル戦でデビューの場が用意される可能性が高まった。8日も、公開された練習冒頭のビブス分けは主力と目される組だった。

7日の練習後に「チーム(浦和)でやっているところと近い、1・5列目が攻守で良さが出せるかなと思います」と言ったまさにその位置での起用が浮上。

7日の非公開練習では中盤を三角形にする、ダブルボランチ+トップ下の布陣をテストしたようだ。先発抜てきの可能性もある。

背番号は25。招集25人の“最後尾”になるが、かつてケルンでプレーした元海外組。

初招集でも「海外でやっている時に、オフで一緒にご飯食べた選手とか、知っている選手が多くいるから、そこまで気を使うことなく入れた」とすんなり溶け込んだ。プレーも海外仕様に微調整するだけでいい。

「サッカー選手として代表にいくのはすごくうれしいことですし、チャンスでもある」。王国相手に猛アピールしロシア行きのチケットも狙う。

[via:https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201711090000030.html ]

ボールキープは世界レベル!ポスト本田だ

長沢和輝 専修大学時代

日本の“ポスト本田”はズバリこの男――。そんな期待が高まるのが、J1浦和で彗星のごとく現れたMF長沢和輝(25)だ。

専大在学中に横浜Mの特別指定選手としてプレーしたが、卒業後はJリーグを経由せずにドイツで当時2部だったケルンに入団。

長沢和輝 ケルン時代

1部昇格に貢献するなど武者修行を積み、高い技術とドリブルの突破力に目を付けた浦和に引き抜かれ、2015年12月に完全移籍で加入した。

だが、すぐに千葉へ期限付き移籍で出され16年はJ2でプレー。今季から晴れて浦和の一員となったものの、ミハイロ・ペトロビッチ監督(60)体制ではベンチを温める日々が続いた。

長沢和輝 ジェフ千葉時代

そんな中、成績不振でペトロビッチ監督が解任されると、長沢にチャンスが巡ってきた。10月18日のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦の上海上港(中国)戦で先発メンバーに名を連ね、攻撃陣の要として活躍。

さらに同22日のG大阪戦でリーグ戦初先発を果たすと、視察に来ていた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)から「良い発見になった」と絶賛され、今回の欧州遠征招集につながった。

長沢和輝 [ACL 浦和-上海上港 2017/10/18]

長沢の武器について、同僚のMF武藤雄樹(28)はこう解説する。

「ボールを失わないことが一番の魅力。攻守において球際に強いし、ACLでFWフッキやMFオスカル(ともに元ブラジル代表)がいてもボールを取られない。そこは世界基準だと思うし、特別な能力を持っている」

世界レベルの強敵相手にもボールをキープできる選手といえば、長年代表を支えてきたFW本田圭佑(31=パチューカ)。その“後継者”としての才能が長沢には備わっているというわけだ。

長沢は初代表の舞台へ向け「自分の特長であるゴールに直結するプレーを出したい」と意気込む。ハリルジャパンの攻撃陣でニューヒーロー誕生の予感が漂う。

[via:https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201711090000030.html ]

・日本代表 vs ブラジル代表
試合日:2017年11月10日(金)
会場:スタッド・ピエール・モーロワ(フランス/リール)
キックオフ:13:00(日本時間21:00)

・日本代表 vs ベルギー代表
試合日:2017年11月14日(火)
会場:ヤン・ブレイデルスタディオン(ベルギー/ブルージュ)
キックオフ:20:45(日本時間04:45)

※2試合ともテレビ朝日系列で全国生中継

長澤和輝 プロフィール
(ながさわ かずき)
生年月日:1991年12月16日(25歳)
出生地:千葉県
身長/体重:172cm/68kg
利き足:右
八千代高から専大に進学。
専大在学中の13年には特別指定選手として横浜でプレー。
13年12月、当時ドイツ2部のケルンに加入。
15年末、浦和に完全移籍も、16年はJ2千葉に期限付き移籍。
今季から浦和に復帰し、10月29日の広島戦でJ1初得点。

ネットの反応

・またそうやって不要な期待するから
・ここで怪我したら浦和はたまったもんじゃない
・ACL準決勝では確かに一人ずば抜けてたわ
・長澤は圧倒的なんだよなぁ

 >これはデュエルモンスター長澤くん
 >香川とかいうもやしには絶対に出せないスタッツだな
・柴崎清武もクラブやE1でアピールへ必死になるだろうし
 この中盤中央の攻撃寄りな駒は激戦区だね
・ACLの上海戦しか見てないけど、あの試合を見たら長澤に惚れるのもわかる。
・この監督は行き当たりばったりのギャンプラー
・これはやらかす前のフリ満載
・ボコボコにされるなこりゃ
・先日の鹿島戦では全然ダメだったけどハリルは知ってるのかな
・長澤の魅力は体幹を生かしたキープと守備
 得点力がどうこう言ってるのはアホ
・結局ドイツでダメだったのになぁ
・連係も今さら厳しいだろう
・本当ハリルは見る目がねーな
・この選手は今回の欧州遠征の結果でサッカー人生が大きく変わりそう
 今後の代表の中心になるのかそれともポッと出で終わるのか
・まあ香川の代わりにスタメンで出た選手は大概香川よりマシだからな。
 長澤もそこそこやるだろうよ
・中立地でのブラジル戦に出て活躍できる可能性なんてゼロに等しいだろう
・今までの監督から評価されなかったってことは扱い注意なのか一芸オンリーなのかどちらやねん

関連商品

コメント

  1. 1
    名無しさん 2017/11/09 20:51

    Jで通用しても世界では分からない。
    でも楽しみ。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事