SPORTS

HEADLINE

【平昌五輪】過酷な極寒、強風に選手は大苦戦、主催者には失望「札束とテレビが選手を危険に晒した」

平昌冬季五輪4日目の2018年2月12日、スノーボード女子スロープスタイルの決勝が行われた。しかし、強風の中での競技に選手たちは苦戦し、日本勢はメダル獲得へは至らなかった。

競技後、世界選手権優勝経験のある鬼塚雅選手(19)はブログで、現地の厳しい天候の中で実力を発揮できなかったことに悔しさをにじませた。

「風の向きが1分ごとに変わる天気でした」

平昌五輪のスノーボード女子スロープスタイルは、11日に予選が行われる予定だったが、強風により中止となり、12日の決勝戦で26人の全出場者が2回ずつ演技して順位を決める「一発勝負」方式へと変更された。

しかし、12日になっても強風は止まず、安定しない風に選手は大苦戦。

日本勢は藤森由香選手(31)が9位、広野あさみ選手(27)が12位、岩渕麗楽選手(16)が13位、鬼塚選手が19位という結果に終わり、メダルには届かなかった。優勝したのは米国のジェイミー・アンダーソン選手(27)で、4年前のソチ五輪につづいて金メダルを獲得した。

競技終了後、鬼塚選手はブログを更新し、

「風の向きが1分ごとに変わる天気でした」

「追い風の時は調節できるからまだ良かったけど、向かい風の時はスピードが乗らなくてかなり危険な状態でした。私は向かい風の時にスタートで、着地まで3メートルくらい足りなかった」

と、現地の風の厳しさを説明し、

「たくさん練習してきたけど、その練習が全く意味のないような気がして辛かった」

との心情を明かした。五輪に「キラキラ」したイメージを持っていたものの、実際には参加者が実力を出せない環境での競技だったと残念がった。ただ一方で、

「少し嫌だなって思ったけど、だからこそいいのかもしれない!」

「自然が味方してくれる人もいるし、味方してくれない人もいる。誰が勝つかわからない状況は少し楽しいね!」

とも書いていた。

葛西「味わったことのない寒さ」

平昌の強風については、冬季五輪に8回の出場経験を持つノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(45)もコメントしている。11日のブログで、

「NORIは下川町育ちなので-15℃くらいはへっちゃらなんですが、この-15℃に強風が付くと-30℃くらいに感じます。
下川町ではあんなに寒い時に強風が吹く事あまりないと思うんだよね。味わったことのない寒さでした」
と、風の厳しさについて触れていた。

海外メディアからも、平昌の寒さと強風についての指摘があった。米ABCニュースは2月11日(米東部時間)の記事の中で、

「実際の日中の気温は氷点下13度ほどで、そこまで悪くはない」としつつも、強風が吹いていることで、「氷点下23度くらいに感じる」。

さらに、気温が下がり始めるまでは人で溢れていた広場にはほとんど誰も居ない、と現地の寒さについて報じている。

[via:J-Castニュース]
https://www.j-cast.com/2018/02/12321036.html

葛西「こんなの中止でしょう」

「もう信じられない。気持ちがひるんじゃう。『こんなの中止でしょう』と心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていた」

8度目の五輪となる45歳の大ベテラン、葛西紀明が強風と寒さに思わず悲鳴を上げた。10日夜のジャンプ・男子個人ノーマルヒルは、時に秒速5メートルを超える強風で競技がたびたび中断。

スタートゲート付近の選手は、スタッフに毛布でさすられたり、コートを身にまとったり。寒風に凍えながら順番を待った。《中略》

スケルトンのケビン・ボイヤー(カナダ)は英BBCの取材に「風が一番ひどい。五輪村を歩くのはまるで悪夢だ。カナダ出身なので寒さには慣れているはずなのに、こんな寒さは初めてだ」と嘆いた。

[via:産経ニュース]
http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180211/pye1802110047-n1.html

主催者には失望

スノーボード女子スロープスタイル決勝は予選がなくなって全選手が出場するため、演技回数は通常の3回から2回に減った。開始時間は1時間15分遅れ、転倒者が相次ぐ荒れた展開となった。

メダル候補ながら、2回とも着地が乱れて15位に終わったアンナ・ガサー(オーストリア)は「風がどうなるかは宝くじのよう。公平な試合だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している」と嘆いた。

[via:朝日新聞デジタル]
https://www.asahi.com/articles/ASL2D5752L2DUTQP01S.html

札束とテレビが選手を危険に晒した

ヤフースポーツの米国版は「五輪のモラルへの嫌悪。どうやって札束とテレビがスノーボード女子選手を危険にさらしたのか」という批判記事を掲載した。

コラムを執筆したジェフ・パッサン記者は、

「むちを打つような風が選手に襲い掛かった。ジャンプをする前に選手たちは骨折はしないか、じん帯を切らないかと不安におののいた。50度あった滑走のうち、41度でつまづきと転倒があった。幸運だったのは、大きなけが人が出なかったことだ」

と危険だった競技の様子を伝えた上で、「五輪期間は2月25日まであるのだ。女子のスロープスタイルの競技は月曜に行われるべきでなかった」と突風が吹き荒れる中、1時間遅れで決勝を強行した大会運営を批判した。

オランダのシェリル・マースは「これはただのショーだ」と訴え、多くの選手が大会主催者に競技前に懸念を伝えたが、無視されたという。

4位に終わったノルウェーのシリエ・ノレンダルは、「彼ら(FIS)はショーを見せたがっている。大きな怪我が起きるかもしれなかった。アンフェアな競技だった。まだ五輪競技となったばかりのスポーツだが、我々、選手全員が感じたことは、ただただ残念だった」とコメントした。

パッサン記者は「全くの驚きだ。五輪中継のため何十億ドルを支払うテレビネットワークため、選手たちに犠牲を払うように説得したのだ。

想像してほしい。この競技は50フィート(約15メートル)の高さに飛び出して体をねじり、ジャンプで沸かせ、きれいに着地するものだ。彼女たちの命は、運営側との信頼に基づいている。だが彼女たちが信頼を置く人々はそれを売り払ったのだ」と強烈に批判。

「テレビが(競技の強行を)必要だったのだ。大回転が延期となり(テレビ局)NBCのプライム枠に穴が開いた。うまくいったとはいえないまでもスロープスタイルでその枠を埋めた」と、強行された裏事情を暴いた上でこう訴えた。

「五輪の真の目的を忘れないでほしい。だが、今の五輪は札束を生み出し、運営者に富をもたらすために存在している。モラルと衝突しても月曜日の午後のように、勝つ方はいつも決まっている」 《中略》

また記事では、記者が現場をレポート。「『寒すぎる』『風が強すぎる』がこれまでの2018年平昌大会での選手から聞かれる不満のほとんどだ」とした上で、「大会中継に多額を投資している世界各地のテレビ局はぎりぎりでの日程変更を嫌っており、五輪(運営)に多大なプレッシャーがかかっている」と、悪コンディションで競技が強行された理由を分析した。

[via:THE PAGE]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000002-wordleafs-spo

ネットの反応

・まあ、見ている方はスリル満点だろうけど。
 まさに、命懸けやな。
・五輪で難易度の低いただ滑り切った奴が勝つ競技見せられるとはね
 選手達も気の毒だよ
・空中で吹き飛ばされてたな あんなん初めて見たわ
・いつも強風なんだろ  IOCが悪い
・ムンチャン・オリンピックですから
・27人が滑って転倒せずに完走したの9人ぐらいだからなぁ…
・女子スノーボードは下までコケずに滑ってこれたらメダルだったなw
・でも優勝する奴はいるんだよな
・金メダル以外の人は不満しか残らないだろうなぁ
・強風もそうだけど、寒すぎてワックスの融解温度が合わずボードが滑らない
・欧米のテレビの都合で深夜とか早朝になる
・スキージャンプもそうだったけど、どういう環境だろうと結局は前評判通り強い奴が勝ってんだろ
・韓国開催って時点で危険度MAXです
・いやもう銭儲けが唯一の目的だろ
・富と栄光が一番で、世界から集まった選手は二の次。
・金儲けと政治ショー、これが最優先
・札束とテレビがないとこんなボード遊びで飯食えないってことは理解しないと
・暑くて東京のほうが悲惨だぞ

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/02/13 23:51

    W杯といい五輪といい韓国で行われる大会は選手から不満出まくりだなw

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事