SPORTS

HEADLINE

マリ戦の舞台裏 ハリル「蹴れ、蹴れ、蹴れ」宇賀神「はい」蛍「そんな全部蹴れないし」

バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、23日に国際親善試合マリ戦に臨み1-1のドローに終わった。

後半アディショナルタイムにFW中島翔哉(ポルティモネンセ)が代表デビュー弾となる劇的同点ゴールを決めて引き分けに持ち込んだが、マリ戦では選手も困惑の状況が生まれていたようだ。MF山口蛍(セレッソ大阪)は「翔哉のサイドにずっと蹴れ、蹴れ、蹴れと言っていた」と舞台裏を明かしている。

6月のロシア・ワールドカップ(W杯)で対戦するセネガルを想定したマリ戦で日本は苦戦を強いられた。

30歳の誕生日に代表デビューを飾ったDF宇賀神友弥(浦和レッズ)が前半44分に相手を蹴ってPKを与え、先制点を献上。

前半は良い形も作り出せていた日本だが、前半途中に大島僚太(川崎フロンターレ)が負傷交代した影響もあり、後半に入ると思うように攻め手を見いだせなかった。

最終的に後半15分から投入された中島が、後半アディショナルタイムに相手三人を置き去りにする華麗なドリブルを披露。

FW小林悠(川崎フロンターレ)のクロスから、こぼれ球をMF三竿健斗(鹿島アントラーズ)がつなぎ、中島の代表デビュー弾で引き分けた。

仮想セネガルと位置づけた一戦で、選手も困惑する状況が生まれていたようだ。大島に代わって投入された山口は「翔哉のサイドにずっと蹴れ、蹴れ、蹴れと言っていた」とハリルホジッチ監督の指示について言及。

ピッチ内で戦う選手たちは別の思いもあったという。

「そんなに全部蹴れないし、やっぱりタイミングを見ながらやっていかないといけない。こっちは右サイドで時間を作りながらやっていこうという話をしていた。そのなかで蹴れ、蹴れという指示が飛んでいた。そことの食い違いはあると思う」

0-1と劣勢で迎えた後半の早い時間帯からハリルホジッチ監督は選手たちに「蹴れ」との指示を飛ばしていたという。

山口も「昨日は後半の早い段階でずっと言っていた」と振り返った一方、「蹴っちゃうとサコ(大迫勇也)頼りになってしまう。

毎回毎回サコも勝てるわけじゃない。そうなると厳しくなってくると思う」と懸念。前線に蹴るスタイルによって攻撃が単調となり、FW大迫勇也(ケルン)が競り勝つ前提のサッカーになると主張した。

他のメンバーと同様、山口も“臨機応変なスタイル”の必要性を説く。

「前に前にと急いでしまうから、みんなで時間を作っていこうとか話し合う時間がなかった」と課題を指摘しつつ、「もう少し自分たちがボールを持った時にゆっくりして、ブレイクする時間も作れれば、ピッチの中での会話も増えてくると思う」と改善点も口にしている。

ベルギー遠征を通して選手間でも話し合いを進めながら、今まさに共通認識を深めている段階だ。

27日に国際親善試合ウクライナ戦を控えているなか、発展途上のハリルジャパンはどのようなスタイルで臨むのだろうか。

[via:Football ZONE WEB]
https://www.football-zone.net/archives/96007/2

ネットの反応

・また、自分たちのサッカーか
・この時期にいまだに迷走しまくってるのはヤバイよね
・あと三ヶ月しかないのにワラタ
・もうこれ信頼関係ないな おもいっきり不満ぶちまけてるじゃん
・ハリル「蹴れ」宇賀神「はい」
・敵味方含めて全体を俯瞰出来る監督の言うこと無視して勝てるわけねえだろ
・いやハリルは元から選手自身が正しいと思うプレーのためなら俺の指示は無視しろ言うてますし
 だがあの横か後ろにしかパスしないのを正しいと思われても困る ハリルの蹴れのが正しいわ
・ハリルは「遊んでんじゃねーよ。サッカーをやれ、サッカーを」って言ってたんだよ。(意訳)
・ようは前にボールを動かせって当たり前なんだよ
 それをいつまでもDFとGKがコロコロコロコロボール弄っててこいつら絶対馬鹿だろ
・どう考えてもこの前の試合の流れだとハリルが正解だろ
・監督がやれっつったもんを素直にやれや
 それでダメなら監督のせい やらんでダメなら選手のせいだろ
・糞使えねえくせに自己主張だけは強くて上の指示に従わない
・従っても上手くいかないから後半から従わなくなるわけやん
・そもそとハリルに戦略なんかない あるのは戦術だけだよ
・この時期にビジョンを共有化出来ていないのか 弱い訳だ

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事