SPORTS

HEADLINE

イニエスタは日本に来るのか?47億!?三木谷氏交渉済み!?神戸はオファー否定!?錯綜する報道まとめ

神戸47億円用意
三木谷氏交渉済み!?

J1のヴィッセル神戸が、今夏でバルセロナを退団するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(33)の獲得へ、親会社楽天の三木谷浩史会長兼社長(53)が同国で交渉を行ったことが8日、分かった。

最大でJリーグ史上最高額を大幅に超える推定年俸3500万ユーロ(約47億3000万円)を用意。

バルセロナ一筋で欧州CL4度の優勝など多くのタイトル獲得に貢献してきた英雄が、昨年の元ドイツ代表FWポドルスキに続いて神戸に加入する可能性が出てきた。

◆高額1年目年俸とされるJリーグ主な大物外国人(年俸は推定)

・C大阪フォルラン(ウルグアイ、14~15年)6億円

・神戸ポドルスキ(ドイツ、17年~)6億円

・名古屋ジョー(ブラジル、18年~)3億5000万円

・C大阪カカウ(ドイツ、14~15年)3億5000万円

・名古屋リネカー(イングランド、93~94年)3億円

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/soccer/news/201805080000904.html

スペイン地元紙は

地元紙『El Confidencial』は、神戸行きを裏付ける情報として、イニエスタ側と楽天の三木谷浩史社長が行なった交渉について明かしている。

同メディアによれば、イニエスタに対して最初にオファーをかけたのは中国の重慶力帆だったという。しかし、それが口約束だけで、書面で契約を交わしていないことを受け、神戸と三木谷氏が動き出したようだ。

「楽天は、中国のチームに金銭レースで叶わないため、イニエスタが望む条件を受け入れることを申し出た。その条件は自身の肖像権を含めた3年合計1億ユーロ(約135億円)という年俸、さらに所有するワイナリーの商業権利の受け入れだった。神戸はこれを受け入れたようだ」

34歳となって家族の生活の安定も望んでいるというイニエスタ。『El Confidencial』は、「中国よりも日本で暮らす方が妻と3人の子どもにとっても快適であると考えている」と綴っている。 《中略》

さらにイニエスタにとっては、楽天の三木谷社長と、バルサとスペイン代表でのチームメイトであるジェラール・ピケの親交が深いことも、決断するうえで心強いようだ。

『El Confidencial』は、ピケを交えて行なわれた交渉についても明らかにしている。

「イニエスタは日本でバルサの3倍に及ぶ給与を得るオファーを受けた。交渉は先週に行なわれ、楽天の社長と彼の友人であるピケも同席していたようだ。

この交渉が成功すれば、イニエスタは神戸でプレーする。楽天とバルサの密な関係、さらにピケの存在が影響を与えそうだ」

ここまでの報道を加味すれば、イニエスタの神戸入りはもはや秒読み段階にあり、メガクラックのJリーグ参戦が日の目を見ることになりそうだが、はたして……。

[via:サッカーダイジェスト]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180509-00040106-sdigestw-socc

イニエスタ可能性認める

ヴィッセル神戸への移籍が噂されるバルセロナのMFアンドレス・イニエスタが、現地時間9日に行われたリーガ・エスパニョーラ第34節(延期分)のビジャレアル戦終了後、自らの将来についてコメントした。スペイン紙『マルカ』などが伝えている。

すでに今季限りでのバルセロナ退団を表明しているイニエスタの新天地候補には、日本の他に中国やオーストラリアも挙がっている。

33歳のベテランMFは「ヨーロッパ以外であればあらゆる可能性がある」と述べた上で次のように語った。

「中国はすでになくなった。今は日本という話が出ていて、オーストラリアのことも読んだ。まだバルセロナを楽しむ時間が1週間半ある」

日本やオーストラリア移籍の可能性があることは認めている。一方、加入の噂が立っていた重慶力帆が公式声明で獲得を否定したように、中国行きの可能性は低くなったようだ。

移籍先をワールドカップ前に決断するとの報道もあったが、近いうちに将来について決断を下すかもしれない。

イニエスタは「シーズンが終われば僕の頭は代表チームや自分の将来にことに移っていく。まだ詳細を詰めなければならない。自分にとってベストなオプションを選びたい」と、リーグ戦終了後に今後のプランを明かす意思を示した。

果たしてイニエスタのJリーグ参戦は実現するのか。スペイン代表として臨むワールドカップも控えているだけに、最終決断までにはもう少し時間がかかりそうだ。

[via:フットボールチャンネル]
http://news.livedoor.com/article/detail/14694692/

神戸がオファーを否定!?

ヴィッセル神戸への移籍が取り沙汰されているMFアンドレス・イニエスタについて、『デイリー・メール』や『ザ・ネーション』など各国メディアが「神戸がオファーを否定した」と報じている。

年俸2500万ユーロ(約32億円)にも上るビッグディールの行方には、世界中から関心が寄せられているようだ。

各メディアの情報ソースとなっているのは、神戸の三浦淳寛スポーツダイレクター(SD)の発言。

9日に神戸市内で取材に応じた同氏は「正直に言って、金額が現実的ではない。もし来るのであれば、彼は素晴らしい選手だが、現実味はない」といった主旨の発言をしたという。

この件について、世界中のニュースを配信する通信社『AFP』が記事を出したため、同社に加盟する各国メディアが一斉に報道。もっとも、AFPはクラブに公式なコンタクトを取れていないという。

これまで報道されたクラブの公式見解としては、三浦スポーツダイレクターの発言が唯一となっており、後ろ向きなものとなっているのが現状。

だが、国内外で水面下での動きを示す報道が出ているのは事実だ。今後の動きに注目が集まる。

[via:ゲキサカ]
http://news.livedoor.com/article/detail/14693245/

ネットの反応

・どっちやねん
・やっぱりガセw
・アツはこんなところにいたのか
・SDとか小者に話すわけないだろ
・現場はスルーで完全に本社主導なんだろうな
・一般紙の毎日だと楽天関係者が「獲得濃厚」と言ってたし
・競争相手がいないのに値段釣り上げたのか
・どないやねん
・やっぱ飛ばしか 短い夢だった
・三浦はタッチしてないだろ。知ってても喋るわけないじゃん…
・こんなトップシークレットを現場の人間に話すわけねーだろw
・アツも機転がきかないな「ノーコメント」でいいのに
・ヴィッセルの年間売上が40億いくかどうかだからな
・なんだよつまんねーな
・ポドルスキも三木谷が勝手にやってネルが激オコ
 大型案件でクラブ関係者は蚊帳の外なんじゃね
・楽天自体が三木谷のトップダウンで何事も決まる企業じゃん。
 三浦アツが知らなくても、何も不思議じゃない。
・こんなワンマンだから糞弱いのか
・つか飛ばしにしてももう少し現実的な金額にしろよw
・ほら、現状じゃなんも決まってないんだって。向こうでよくやるメディアに情報流して金釣り上げるための手法をやってるだけ
・こんなに払ったら癪だろ 中国米国が突っぱねてんのに
・ミキティ金持ってるなあ
・チームの強化というより楽天ビジネスの宣伝目的だろう
・そんな金あるんなら本田、香川、原口、武藤、もう一人くらい神戸に呼べるんじゃね?
・チーム戦力的にはその予算があれば十億で複数人欲しい
・ガンバのユースでも引っこ抜いた方がまだ優勝すると思うが
・可能性としてここまでの高額ではないが交渉はしてるはある
・3年で約32億なんじやね?バルサでもそんなもんなんでしょ?
・年俸じゃなくて総額でもありえない数字に思える
・ガセだったか、正直ホッとした 日本にだけは行ってほしくないわ
・Jリーグって人気ないし、行っても盛り上がらず日本が嫌いになって帰りそう
・まだこの記事だけじゃ弱いな
・イニエスタって単語を見るにつけ土田のイエニスタが頭に浮かぶ
・ガセに決まっとるわ ヴィッセル神戸はポドルスキのせいで営業収支が赤字になったから特別利益として三木谷マネーを22億円ぶっこんで最終収支をなんとか黒字にしてるくらいなんだぞ
・だよな でも来てほしいw
・イニエスタとろうがクリロナとろうが神戸が中位以上になる事はないからな 悲しい
・この錯綜っぷりが移籍市場の醍醐味

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事