SPORTS

HEADLINE

【ロシアW杯】日本代表コロンビア撃破に海外メディア、ネット民が驚きと絶賛の声【まとめ】

日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨み、大きな勝ち点3を手にした。前半6分にMF香川真司がPKを決めて先制し、後半28分にFW大迫勇也が決勝ゴールを奪って2-1で勝利。

海外メディアは「日本が歴史的勝利」「コロンビアが日本戦でハラキリ」「ユウヤ・オオサコが衝撃の勝利をもぎ取る」と称賛している。

W杯史上、アジア勢が南米相手に飾った記念すべき初勝利を、海外メディアも高く評価した。

CNN(米)

「日本が10人のコロンビア相手に歴史的勝利」

「数多くの話題をもたらす試合だった。W杯初レッドカード、ペナルティー(キック)、クレバーなFK、そしてコロンビア相手の日本の歴史的な初勝利」

マルカ紙(スペイン)

「日本戦でコロンビアがハラキリ」

[via:Football ZONE web]
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00113250-soccermzw-socc

FIFAランキング61位の日本がワールドカップグループHの初戦で同16位で前回大会8強のコロンビアを2-1で下す大番狂わせを演じた。45位をひっくり返すジャイアントキリングを海外メディアも一斉に報道した。

スカイスポーツ(英)

「日本が大迫勇也のヘディング弾で10人のコロンビアから感動的な初戦勝利を決めた」

「日本は後半に試合を支配、コロンビアのGKダビド・オスピナが好セーブを2度強いられた後、大迫が73分に決勝のヘディング弾を決め、ベンチと、モルドヴィア・アリーナのスタンドに大きな感動の火花が散った」

「日本の初戦は、3人(現在5人)の死者が出て200人以上のけが人を出した大阪の大地震という暗い背景を受けて行われた。

だが、西野朗監督のチームは、勇気づける結果を見せた。ノックアウトステージ進出へ向けて希望に満ちている」

この試合で日本がマークした記録についても連記した。

「日本はアジアのチームとしてワールドカップで初めて南米チームを破った(18試合で1勝3分け14敗)」

「ワールドカップで1974年大会以来、初めて南米の4チーム以上が初戦勝利を逃した」

「本田圭佑がワールドカップの3大会でアシストを記録した初のアジア選手となった」

インディペンデント紙(英)

「審判は仕事をこなしてビデオ判定は必要とせず、ハメス・ロドリゲスの途中起用のギャンブルは失敗、日本は評論家の度肝を抜く」

「日本が、試合開始早くからの数的有利を生かし、グループHをこじ開け、2018年ワールドカップで、また大きな番狂わせを起こした」

「1-1の同点の局面で、ぺケルマン監督は賭けに出た。得点を挙げたキンテロに代えて明らかにフィットしていないロドリゲスを投入した。

ボールを日本に支配されていたコロンビアにとって、この采配は不可解で、すぐ後に決勝弾を許すことになった。

ロドリゲスにもゴール前でチャンスが訪れたが、ほんの一瞬だが、ボールを持ち過ぎたことで、守備の接近を許し、至近距離からのシュートはクロスバーの上にそれた。ぺケルマン監督は、キンテロを下げたことを後悔したのかもしれない」

一方、日本では同点FKを許したGK川島永嗣について「川島は再び日本の負担となる」と厳しく指摘した。

「日本にとってデジャブのようだった。4年前、日本はコートジボワールにリードをしていながら、わずか3分間で2ゴールを許した。その2点目は、川島がジェルヴィーニョのヘディングシュートで体の下を抜かれてゴールが決まったもの。今回はコロンビアの番だった。

フアン・キンテロの前半終了間際の壁の下を通したフリーキックは賢明なものだったが、大会においては厳しく放たれたシュートとは言えず、本来であればセーブされるべきものだった」

「ワールドカップが始まる直前にハリルホジッチ監督が解雇され、今大会に向かう中で、ぞんざいに書かれてきた選手たちは、まるで別チームだった。日本は大変面白いチームだった」

デイリー・メール紙(英)

「大迫が、カルロス・サンチェスが前半3分にハンドで退場となった後、10人で抵抗したコロンビアを打ち砕く勝利のヘディング弾」

日本が、4年前のブラジル大会のグループリーグの第3戦で1-4でコロンビアに完敗していたことを引き合いに出して「4年前に喫した敗戦から胸のすくリベンジを果たした」と表現した。

ミラー紙(英)

「香川と大迫が10人で戦った南米チームを沈める」

「コロンビアのカルロス・サンチェスは、2018年のワールドカップで最初の退場選手となり、日本はサランスクで愉快な2-1の勝利を手に入れた」

ガーディアン紙(英)

「大迫が日本のために10人のコロンビアから驚きの勝利をつかむ」

「コロンビアの人数的な不利は、前半の時間帯ではそれほど見受けられなかったが、ハーフタイム後には異なる展開となった。もしかしたらキンテロの同点ゴールで刺激された日本がより攻撃的な野心を持ってプレーし始めたのかもしれない。

大迫は体を使ってコロンビアのエリアで穴のあったダビンソン・サンチェスの回りを動いた。それをアーセナルのゴールキーパーのオスピナがセーブ、3分後にも乾のシュートを素晴らしい守りで防いだ。

コロンビアはしがみついた。酒井宏樹のシュートもポストの反対側にそれたが、本田圭佑のコーナーキックから大迫が、サンティアゴ・アリアスの上からヘディングを決めてリードを奪った。

(試合開始から)ちょうど1時間が経つ前にキンテロに代わりに投入されていたロドリゲスが同点を狙ったが、この試合は開始3分からコロンビアの一日とはならなかったようだ」

タイム誌(米)

「この感情的な選手よりも日本の勝利に熱狂した人はいないだろう」との表現でヘディングシュートを決めた大迫を絶賛した。

[via:THE PAGE]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000002-wordleafs-socc

Dziennik Baltycki(ポーランド)

「ポーランドのグループで大サプライズ!

「ポーランドが入ったグループHの開幕戦で、日本が本命視されていたコロンビアに2-1で勝利し、大サプライズが飛び出した。この結果は決勝トーナメント進出をかけた戦いに日本が絡んでくることを明確に示している。

コロンビア代表が明らかな本命であった。この試合に限った話ではない。殆どの専門家はコロンビアをグループHの本命としていたからだ。しかし、初戦で既に苦杯をなめ、コロンビアの突破はかなり困難となった。」

eldorsal(スペイン)

「前テネリフェの柴崎岳がワールドカップデビュー戦で圧巻のパフォーマンス」

「理想的なデビュー戦。前テネリフェ所属の柴崎岳が、これ以上ない形で、ワールドカップのデビュー戦を飾った。

ハメス・ロドリゲスとファルカオを擁するコロンビアに日本が2-1で勝利し、グループHの首位に。ヘタフェに加入した選手はスタメン出場し、日本代表の中で最も卓越した選手の一人であった。」

[via:http://blog.livedoor.jp/aushio/archives/52133895.html]

コロンビア地元紙の反応

エル・ティエンポ(コロンビア)

「コロンビアにとって大打撃」

アス・コロンビア(コロンビア)

「コロンビアはハラキリをした」

エル・パイス(コロンビア)

「守備の不注意……。日本が弱いコロンビアに先んじた」

エル・ヘラルド(コロンビア)

「試合後に日本人のサポーターはスタジアムのゴミを拾っていた。2014年に行われたブラジルでのワールドカップに続き、日本的文化と規律を示した。ゴミを拾う日本人サポーターを祝福するコロンビアファンの姿が多く、スポーツマンシップに溢れる光景であった」

[via:https://www.msn.com/ja-jp/news/sports/]

Ole(アルゼンチン)

「Tiki Tokio」

「Tiki Tokio」の元ネタは、スペイン代表やバルセロナの細かいパス回し「Tiki Taka」(チキタカ)。日本がW杯の大舞台で披露したサッカーは、強豪国にも驚きを与えた格好だ。

FIFA公式サイトのデータによると、日本はパス本数で565―354と圧倒。パス成功率は87%でだった。

なお本家「Tiki Taka」のスペイン代表は初戦のポルトガル戦でボール保持率61%。パス本数は727―366と圧倒し、パス成功率は93%だった。

[via:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000023-sph-socc]

海外の反応

・試合中ずっとコロンビアが10人だったのは分かっている でも、日本に称賛を送らないといけない 日本は本当に強いように見えたよ<バイエルンサポ>
・日本はブラジル、ドイツ、アルゼンチンを足した勝ち点よりも多い<ブラジル>
・まじで最高だああああああ、汚いコロンビア人が負けた!
・長友をたったの200万ユーロで獲得しようとしていたガラタサライに幸運を祈るよ<ドイツ>
・大迫はあらゆるところに現れていた 決勝ゴールを決めて失点するところでブロックもしていた<レアル・マドリーサポ>
・やっとアジアのチームがワールドクラスのパフォーマンスをしたよ 良くやった
 >俺は日本贔屓だけどワールドクラスのパフォーマンスではなかったな
・これは悪い結果だが、うちは絶対にまだ勝ち進める 日本、おめでとう<コロンビア>
・コロンビアが1人少ないとかあまり関係なく、日本のパス回しは完璧だった。日本はすべきだったプレーをしたよ。なので、日本を祝福するよ。<コロンビア>
・久しぶりにこんな恥ずかしいパフォーマンスを見たわ このチームには気持ちが入っていない<コロンビア>
・日本代表が大好きだ。シミュレーションをしないし、見事な規律と戦術がある。後半は全くファウルをしていない気がするよ。
・冗談抜きで、どの強豪もやらかして うちを目立たなくしてくれて感謝しているよ<ドイツ>
・後半の日本のプレーはバルセロナのサッカーを見ているようだった<インドネシア>
・ここで日本が勝ち点3を獲得したのは驚きではない 日本はダークホースだよ、どんなことも起こせる能力がある<ロシア>
・日本が傲慢でお喋りで自信過剰なコロンビアに勝って本当に嬉しいわ<イギリス>
・2012年五輪のスペイン戦で完勝した試合以来の目覚ましいパフォーマンス<リバプール>
 >あの時のメンバーで残っているのは酒井宏樹、吉田、山口だけだな。
・ハーフタイムで物凄いメンタルの切り替えをしたな 遅いビルドアップのスピードを上げさせた西野監督に称賛を
・退場したサンチェスがコロンビアに帰る時はボディーガードをつける必要があるぞ<イギリス>
・日本のあのユニフォームが欲しいなぁ、本当にイケてる<ハンガリー>
・大迫はなんてパフォーマンスをしたんだ 今のところ大会屈指の9番のパフォーマンスだ<イギリス>
・柴崎と昌子をメンバーに入れたのは西野監督の最善の決断だったな!<ドイツ>
・相当に楽しめたわ。今大会の中でもお気に入りの試合の1つだよ 日本はとても勇敢で、香川真司はクオリティーが高かったと思う。<イギリス>
・香川をドイツ代表に<ドルトムントサポ>
・もっと活躍する彼を見たいね、そして怪我なく帰宅してくれ<ドルトムントサポ>
・おめでとう!この瞬間、歴史が刻まれた。日本とアジアに誇りをもたらしてくれてありがとう!<フィリピン>
・誇りだ 日本は誇り 俺らを誇らしい気持にさせてくれてありがとう<インド>
・うーん、日本は強いし、これはきつい3試合になるな<ポーランド>
・日本に負けたんなら、スペインやポルトガルを相手にどうすりゃいいってんだよ<コロンビア>
・俺が怒ってるのは、ペケルマンが日本を過小評価してたってことだよ<コロンビア>
・大迫はすごく冷静だし、学生みたいに純真な笑顔を見せるね ケルンではずっと俺のお気に入りの選手の一人だった。こんな風に活躍しなかった時でもね。<ブレーメンサポ>
・日本のサポーターが涙してるところ見て、すっごい感動したよ<インドネシア>
・香川真司。どうしてうちは彼を手放してしまったのか<マンチェスター・ユナイテッドサポ>
・長友がクアドラードを圧倒して、次はファルカオもかよ。うちのディフェンダーすげぇ<インテルサポ>
・長友とガラタサライが成長していく、インテルじゃなくて<ガラタサライサポ>
・本田圭佑は未だに綺麗なセットプレーを蹴れるね。<アメリカ>
・うわぁ、マジで日本の素晴らしい試合だったね。本当に勝利に値するし、アジアのチームがこれだけ誇らしい試合するとか信じられん<サウジアラビア>
・サムライブルーは日本とアジアの魂と誇りを見せてくれた。 勝利に相応しいよ。この大会で世界に日本の実力を見せてやってくれ。<インド>
・俺らが間違ってたよ岳、寂しいよ岳、これをどうぞ岳、考え直してくれ岳、岳の為に日本語を勉強してるよ、12時にご飯を食べたよ岳、愛してるぜ岳<テネリフェサポ>
日本は決勝トーナメントいけそうだね。酒井しっかりプレーしてた、決定機さえあったよ!来シーズン、なんとし・ても慰留しないと!<マルセイユサポ>
・大迫には二種類しかないんだ 糞迫か神迫か。今日は神迫だった<ケルンサポ>
・日本はグループステージを突破したわけじゃない…試合に勝っただけ。さあ、この調子でいこうや…<イングランド>

ネットの反応
・2点目の直前の崩しっていい攻撃だよな ザック時代を思い出した
・ハリルの時にこれやってたら血管ぶちきれてそうだなw
・長友のスローインからパス22本?くらい繋いでで原口以外全員ボールタッチしてる
・素晴らしい横の揺さぶり
・まるでスペインみたいだぁ
・ザックサッカーだな
・ザックは本番駄目だったけど、人格も戦術も本当に日本にマッチしていた外国人監督だったと思う
・ケイスケホンダが入ってからのプレーじゃん
 >本田が右サイドに入ったことでゴリが攻撃参加出来たんだよ

コメント

  1. 1
    名無しさん 2018/06/20 21:52

    「マイアミの奇跡」の時と同じ西野監督だから同じように“奇跡”だの“持ってる男”だのと讃えているけど、マイアミの奇跡の96年アトランタオリンピックはブラジルに勝ち、ナイジェリアに負け、ハンガリーに勝って2勝1敗という成績ながらグループリーグ突破出来なかった不運の将なんだけどな(笑)
    今回も南米、アフリカ、ヨーロッパという順番で対戦する訳だが…
    今度は得失点差で敗退しないように頑張れ日本!

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事