SPORTS

HEADLINE

【RISE】那須川天心 キス写真流出の浅倉カンナと交際宣言 格闘技界のホープ同士の熱い恋に世間の声は…

「キックボクシング界の神童」那須川天心(19)が22日、都内で行われたインターネットテレビ局AbemaTVの番組「格闘代理戦争2ndシーズン」(日曜午後11時)の「300万円トーナメント」調印式で、一部で報じられたRIZIN初代女子スーパーアトム級女王の浅倉カンナ(20)との交際を認めた。

那須川は質疑応答で、その件について聞かれると「そうですね。真剣にお付き合いさせていただいています」と、照れ笑いを浮かべつつ、堂々と宣言した。

那須川は5月6日に行われたRIZIN10で、日本拳法出身の中村優作(31)とキックボクシングルールで戦い、4度のダウンを奪い2回1分42秒TKO勝ちし、デビュー30連勝を飾った。

さらに17日には、RISE世界フェザー級王座決定戦でロッタン・ジットムアンノン(21=タイ)を延長の末、判定で破り、連勝を31に延ばすとともにRISE初の世界王者に輝いた。

一方、浅倉は17年大みそかのRIZIN女子スーパーアトム級トーナメント決勝でRENA(26)と対戦し、1回チョークスリーパーで締めおとして一本勝ちを収め、初代女王に輝いた女子格闘技界の実力者。

RIZINの7月29日さいたまスーパーアリーナ大会では、RENAとの再戦も決まっている。

日本格闘技界の男女のホープが、熱い恋をたぎらせている。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/battle/news/201806220000652.html


ネットの反応

・お似合いじゃんw
・まじか 天心の好感度上がった
・ベッドの上ではどんな技で攻め合うのでしょうか
・相手がブ…なんでもない
・何でこーいう顔のぶすおんなってかわいくみえるんだろな
・これはなかなか面白い配合です
・ええやんけ 一重でも可愛いぞ
・未来の格闘界明るいぞ
・カンナvsRENA戦でカンナが勝った時に天心がスゲー喜んでたのはこういう訳だったのか
・武尊もRENAと付き合えー
・キス写真は誰がどこから撮ったんだ?
・そのテレビとテレビ台は那須川の部屋で撮ってるやつは同居人だな
・てことはその同居人は写真を週刊誌に売ったということか?w
 >いや 那須川が自分で鍵垢にあげてたとか…

天心「試合中に初めて恐怖を感じた」

6月17日(日)千葉・幕張メッセ・イベントホールで開催されたキックボクシングイベント『RISE 125』で、“最強の敵”ルンピニースタジアム認定スーパーフェザー級1位ロッタン・ジットムアンノン(21=タイ)と6Rにおよぶ死闘を演じた那須川天心(19=TARGET/Cygames)。

本戦5Rを終えた時点での判定は、ジャッジ1名がロッタンを支持し、あわや初黒星かと思われた那須川だが、ジャッジ2名がドローで延長戦へ。死力を振り絞った那須川がぎりぎりのところでロッタンを退けた。

試合直後のリング上では「立っているのがやっとだった」という那須川だったが、約30分後にインタビュースペースに現れた時は元気そうな笑顔を見せ、顔には腫れも傷も見当たらなかった。しかし、左腕と左足には包帯が巻かれていた。

「周りの皆さんに勝たせてもらった感じです。それだけです。試合で勝って勝負に負けた」と試合を振り返った那須川。

「3R以内に倒すと決めていて、1Rからどんどん当たったので倒せると思っていたんですが、3Rに左手を痛めてしまいました。でも打たないと勝てないので気力で打ちました。試合中、初めて頭が真っ白になりましたね」

と、主武器である左手を痛めていたと明かした。何度も手応えのある攻撃が入ったが、ロッタンは効いている素振りも見せず向かってきた

「ロッタンは打たれ強くて、なんでそんなに倒れないんだって思っていました。手応えしかなくて、普通なら倒れている攻撃ばかりだったんです。気持ち、圧力、階級も向こうの方が上だと感じました。

パンチをもらってはダメだと考えていたので、パンチをよく見て自分が当てる練習をやって、それが試合に出たと思います。延長で行けたのは練習でやったことが生きたからです。練習は嘘をつかないと思いました」

と、最後の延長戦で練習してきたことが生きたと話す。本戦の判定でロッタンに一票入った時は、

「自分が全てを出し切った結果なので、仕方がないと思いました」と負けも覚悟したようだが、「ただ、何も考えられなかったですね。気力で立っていただけです。ドローになったのも覚えていなかったくらいです」

と、とにかく必死だったという。

「3Rに初めて怖くなりました。いくら打っても倒れないので、どうしたらいいのか分からなくなりました。左手を痛めたのも3Rだったので、左を打てないで勝てるのかと思いました。最後まで気合いで立っていた感じです。ファン、セコンド、みんなに背中を支えられて戦っていました」

と、試合中に初めて恐怖を覚えた。

「判定後は身体の力が全部抜けて、立っているのがやっとでしたね。世界王座を争うにふさわしい相手と、世界タイトルマッチにふさわしい試合をしてベルトを巻けたことを誇りに思います。ロッタンとはまたいつか、やることになるんじゃないかな」

と、“ライバル”の誕生と歴史に残る死闘を演じたことに喜び、ギリギリの状況で勝てたことに安どの表情を浮かべた。

[via:eFight]
http://efight.jp/news-20180618_294304

ネットの反応

・ロッタンは全くノーダメージw
・結局こんなもんか
・ロッタンは超合金ロボ
・普通に本戦で負けてたな
 延長は単発だからそこだけの判定ならどっちが勝ちでもありな感じだった
・「えー?引き分けなの?そりゃねーわ」ってほどの差ではなかったよ
・キックボクシングとムエタイは判定基準も違うからな。
・本人も「試合に勝って勝負に負けた」って忖度判定を認めてるから
・ちなみに負けたロッタンも泣いてた
・ロッタンはブアッカオとかより格段にレベル上だぞ
・スアキムもそうだが天心の攻撃じゃあまり効かせられないんよな
 >手打ちのしょっぼいパンチじゃ効くわけなかろ
・今ならまだ武尊とやってもどっちが勝つか危ういところだな。

【関連リンク】
那須川 天心 vs. ロッタン・ジットムアンノン Cygames presents RISE125 2018年6月17日 幕張大会|GYAO!配信期間:2018年7月17日 23:59まで

コメント

  1. 4
    名無しさん 2018/06/28 16:14

    ブサイク同士お似合いやねw

  2. 3
    名無しさん 2018/06/26 20:07

    あんなブス選ぶなんて好感度持てるな。

  3. 2
    名無しさん 2018/06/25 2:01

    もっと良い相手が…まぁうん

  4. 1
    名無しさん 2018/06/25 0:24

    おっ格闘家どうしなら子供はサラブレッドじゃないか、と思ったらどっちも小さいのか。これじゃ普通のアスリート止まりだな。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事