SPORTS

HEADLINE

清原和博を援護する中居正広とダルビッシュ 書籍もヒット…それでもタレント復帰が厳しい理由

元SMAPの中居正広が9月1日、ラジオ番組「中居正広 ON&ONAIR」(ニッポン放送)で、元野球選手の清原和博に対する世間のバッシングを「ちょっと責め過ぎ」だとコメントしている。

清原は2016年2月、東京都港区の自宅マンションで法律違反の薬物を所持していたとして現行犯逮捕され、初公判の際には薬物に手を出してしまった要因として“ストレスやプレッシャー”の存在などを挙げていた。

中居は、清原の著書を熟読したことを明かすと「清さんは過ちを犯してしまいました」と前置きした上で、

「以前から思ってたけど繊細はヒトだから。かといってああいう事件を肯定するつもりもないけど」

「罪も悪も、全部いけないものはいけないっていうのは分かるけど、1回の過ちであまりにもちょっと責め過ぎじゃないかなぁとは思いますけどね」

などと主張。

「かといって薬物はダメですよ。大前提よ」としながらも、これまでの社会的貢献や実績がたった1回の過ちで白紙にされてしまうだけでなく、壮絶なバッシングも受けてしまう現在の風潮に複雑な想いを巡らせている。

「過去には自身が司会を務める番組にも清原をゲストに迎え、その半生などを特集していた中居ですが、今回のラジオでの発言には

『たった1回だけだったらね。何百回もやってるでしょ。中居くん、それはダメだよ』

『一回でもすると薬物に関してはダメだと思う』

『この発言は軽すぎると思うね』

『捕まったのが1回。中居わかってない』

との反論がネット上に多く寄せられています。もちろん中居自身も“薬物はダメ”“清原は過ちを犯した”という前提で話をしていますが、やはり清原と同じく、凄まじいプレッシャーと日々戦ってきた中居ですから、どこか“擁護してあげたい”というような想いがあるのかもしれませんね」(芸能記者)

これまでの球界における偉大なキャリアを台無しにする失態を犯してしまった清原だが、中居からのメッセージはどのように受け止めただろうか。

「言いたいことは分かるが…」との苦言が多く集まってしまった今回の中居の持論は、残念ながら世間からの全面的な同意を得るには至らなかったようだ。

[via:アサジョ]
https://asajo.jp/excerpt/58298

ダルビッシュ「セカンドチャンスを」

カブスのダルビッシュ有投手(31)が、自身の公式ブログで、16年に覚せい剤取締法違反で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏への思いをつづり、エールを送った。

清原氏は7月27日に、自身の野球人生を振り返り、薬物使用から更生していく過程での心情などをつづった本「告白」(文藝春秋社)を発売しており、ダルビッシュは早速、それを読了したと報告。

「素直で弱音も吐きながら自分の過去を話していて人間らしさが見れてすごく良かったです!」

と感想をつづり、同氏について

「大好きな人」「自分にとっては特別な人です」「さぁ皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ! 甘いとか自業自得とか聞くけど、そんな理由で人の人生を消してもいいのでしょうか?」

と、熱い思いを吐露した。

ダルビッシュは同氏と、互いに現役だった時代から交流があり、15年には同氏の次男のバッティングピッチャーを務めたことを明かしていた。

同氏の薬物問題が明らかになった16年にも「セカンドチャンスを与える社会に」と意見を述べていた。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201808020000575.html

「清原和博告白」10万部のヒット

PL学園で甲子園歴代最多13本塁打を放った元プロ野球選手でタレントの清原和博が、雑誌の企画で夏の高校野球決勝戦を観戦するために甲子園球場を訪れた。

各紙によると、清原はコメントはしなかったが、関係者席に座り、試合終了まで観戦していたという。

清原といえば、自身の半生を綴った「清原和博告白」の重版(4刷)が決定し、累計発行部数が10万部となったことを先日、版元の文藝春秋が発表。

清原は同社を通じて、「こういう状況にある自分の言葉に、まだ目を向けてくれる人がいるというだけでありがたいです」とコメントしていた。

また、一部スポーツ紙が、20日の甲子園“レジェンド始球式”に登場した、清原の盟友で大魔神こと野球評論家・佐々木主浩の練習パートナーを務めた様子を報じるなど、このところ、清原は積極的にメディアに登場している。

「本来ならば、今年の甲子園の“レジェンド始球式”に清原も呼ばれるはずだった。しかし、16年2月に覚せい罪取締法違反で逮捕され、同年5月に懲役2年6月執行猶予4年の有罪判決を受けた。まだ猶予期間が明けていないため、始球式に呼ばれなかった」(野球担当記者)

猶予期間が明けるのは2020年5月。「告白」のヒットで、清原には数千万円の印税が入りそうなだけに、以前のように豪遊しなければしばらく生活には困らないようだが、どうやら、以前のようにタレント活動に復帰するのは難しそうだというのだ。

「タレント時代、マネジャーがころころ代わり、スケジュール管理がとにかくずさんだったそう。ダブルブッキングやドタキャンを散々繰り返したらしく、仕事相手はそのことで懲りているので、もう清原を起用しようとは思わないだろう」(テレビ局関係者)

逮捕前は番長キャラで大暴れしていた清原だが、今後はキャラチェンジが求められそうだ。

[via:週刊実話]
https://wjn.jp/article/detail/2601697/

ネットの反応

・てか、薬物自体はやりまくっただろw
・一回捕まっただけで薬やった回数は数えきれないだろ
・引退後の野球選手に再び表舞台で人を魅了出来るような才能があるのかどうか
・百歩譲って大麻なら一回の過ちで責めすぎってのも判るが覚醒剤はダメだわ。
・中居理論だと100人レイプして捕まっても一回の過ち
・どこに許せる要素があんだよハゲ
・「世間が寛容じゃない」なんて簡単に言わない方がいい。みんな同じ条件で生きているんだし。
・マーシーも1度目の逮捕の後は復帰してたけどなぁ
・儲けさせたらダメだよ、再犯する奴は、大金持ったら、すぐに、買いに行くから
・ダルはわかってないんだよ 清原は気に食わない下の人間をイジメまくってる
・清原の腕っぷしなら旨いうどんが捏ねられるんだがなぁ なんせ白い粉が
・ヤク中からまたオーバーグラウンドで活動できてるのって岡村ちゃんくらいかな
・再犯の可能性もあるから中々難しいと思うよ
・少年野球教室でもやらせて様子見てみればいいんじゃないか
・芸能人有名人は一般人に比べてセカンドチャンスの面では恵まれてるわ
・本とか出したり十分セカンドチャンスもらってんじゃん
・松本人志は一生関わりたくないって言ってたな
・再度の転落を見たいって奴が大半だろ
・あれから色々出てきてるがワイはオマエが一番のヒーローやで 負けるなよ
・一回切りで辞めて芸能活動してる奴はいっぱいいるよ
・マッキー、長渕剛、研ナオコ、いしだ壱成、のリピー、美川憲一、ASKA、井上陽水 俺が知ってんのこんだけだわ。でもこう見るとシャブじゃなくて草が多いな。
・小銭も稼げたしそろそろ売人が近づいてくる頃だな

関連商品

コメント

  1. 2
    名無しさん 2018/09/06 5:35

    中居正広の言う「責め過ぎ」というのは薬物云々を大義名分にしているアンチが騒いでるだけ。
    この場合のアンチは清原の持つ暴力的なキャラへの嫌悪感から来る。
    暴力的なキャラを嫌悪するアンチは暴力的なキャラにそれまでの人生で虐げられてきた復讐心から来る感情論。
    だから異常に芸能人の“元ヤン”情報に過敏に反応する。
    そんな暴力的キャラの清原が薬物で逮捕されたものだから大義名分という武器を振りかざし、我こそは正義なり!とばかりに叩くのだ。
    罪を憎んで人を憎まずという言葉があるが、人を憎んで罪を憎まずとなる。
    つまり、アンチからすれば何をしようが関係なく、叩く大義名分を手ぐすね引いて待ってたのだ。
    それでも薬物は社会悪なのは間違いない。
    セカンドチャンスというのをどう捉えるかだ。
    芸能活動だけがセカンドチャンスではない。
    一般的な仕事に就けない社会ではない。
    食べていけるだけの仕事ならいくらでもあるのだから、そこで従事すれば良いだけ。

  2. 1
    名無しさん 2018/09/05 18:28

    世間から受け入れられないのは諦めるしかないが叩かれない方法は自分次第であると思う。
    セカンドチャンスのチャンスがデカすぎるんだよ。
    普通に働いて地道に更生するチャンスを得て頑張ってる人は叩かれてない。高収入であんまり努力が見れないチャンスを得ようとするから目立つし腑に落ちないから叩かれる。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事