SPORTS

HEADLINE

【MLB】大谷翔平 トミー・ジョン手術濃厚に全米メディアでも賛否噴出「なぜ投げさせた?」「打者に絞れ」

エンゼルスの大谷翔平投手(24)の右肘の内側側副靭帯に新たな損傷が生じたことが発表され、トミー・ジョン手術を勧められる事態に発展して全米が大騒ぎになっている。

大谷は、右肘の異常で6月8日に故障者リスト入りしたが、手術は選択せず、自身の血小板で組織の修復などを図る「PRP注射」での治療で、7月3日に打者としてメジャー復帰し、この2日のアストロズ戦で3か月ぶりに投手復帰したばかりだった。

なぜ手術遅らせる?

USAトゥデイ紙は「エンゼルスが野球ファンにとって不愉快な大谷へのトミー・ジョン手術の勧め」との見出しを取り「大谷翔平にとって不愉快。エンゼルスにとっても不愉快だ。そして残りの我々メジャーリーグのファン全員にとっても不愉快だ」と厳しい論調で報道した。

「大谷は、レンジャース戦で水曜日に先発メンバーに名を連ねた。手術を受けるまではDHに残ることができるが、なぜ手術を遅らせるのだろうか。

大谷が手術を回避して、エンゼルスの先発メンバーに残ることは可能だが、彼が、1年で50本塁打を打ち始めるようなことがなければ、ベーブルース以来の野球界にとって最大の二刀流の才能をDHの起用だけにしてしまうことは理解できない」

と、今なお、打者として出場を続けさせている球団の方針を批判。

「この男は、確かに打つことができるが、最大の才能はマウンド上にある。例えサイヤング賞を何度も取れなかったとしても野球界でトップ5の1人になることができる」と続けた。

早急な判断できた?

だが、一方で、「ファンは、当初、ア・リーグ西地区での優勝の可能性がなくなったエンゼルスが、今シーズンの大谷の投手復帰を認めたことに対して冷ややかな反応だった。だが、一歩下がって、一呼吸おいてみよう。

エンゼルスは、確かに正しい決断を下したのだ。もし彼らが大谷の投球をもう一度見ることを来春のキャンプまで待ち、そこで彼にトミー・ジョン手術が必要なことが判明したら、2021年とまではいかないが2020年シーズンの後半まで投手として復帰できなかっただろう。

今の判断なら、少なくとも、彼を14から16か月休ませ、2020年にローテーションに戻すことができる」

と、早急な判断を前向きにとらえた。

記事は「これは誰の過ちでもない。誰も責めることはできない」と続け、「大谷が、今日、悲嘆にくれたことはわかる。我々もだ。彼はマウンドに立ち、また打席に向かって歩くだけでも我々を魅了した」と、大谷の気持ちを汲んだ。

また大谷が大リーグの労使協定の適用外となる25歳まで待てば、最低2億ドル(約220億円)を得ることができたのに、メジャーでの夢を追い、最低年俸の54万5000ドル(約6000万円)で契約したという経緯を紹介。

「彼がいつか(その実力に見合った)金額を受け取ることを願っている。また彼が投げ、打ってくれることを願っている。この18カ月があっという間に過ぎることを願っている。大谷は、確かに我々の食欲をそそるが、2020年まで我々はそのメインコースを待っていよう」と締めくくった。

打者として戻れるかも不透明

CBSスポーツは、「エンゼルスの二刀流スター、大谷のトミー・ジョン手術の回避はできないようだ」との見通しを伝えた。

記事は「一度、トミー・ジョン手術を勧められると、大抵の場合、二つ目の診断を待ったとしても実施を意味する」とし、「トミー・ジョン手術により大谷は、2020年まで、ほぼ確実に投手から外されることになる。

2019年に打者として戻れるかどうかも明らかでない。水曜日にチームの先発メンバーに残ったことは、今後すぐは、打者を続けることは大丈夫というだけだ」との見通しを報じた。

なぜ投げさせた?

その上で「なぜエンゼルスは日曜日に大谷を投げさせたのか?」とアストロズ戦の先発復帰を批判した。

「大谷は、トミー・ジョン手術は必要ないと確認され、彼は、リハビリを終わらせ、医師からはっきりと投球再開を認められた。彼の靭帯はすべての必要な検査をパスしていた。9月の間、投球をして健康でいて、平和な気分で2018年のオフシーズンへ向かうこともできた」と、これまでの経緯を説明した。

同メディアは、「しかし、エンゼルスと大谷は、来春よりも早く(故障を)見つけることとなった。もう一度言おう、彼の靭帯は、元々、そうなる危険な状態にあったのだ。靭帯は強くなることはない」と、暗に復帰登板が間違っていたとの指摘を行った。

復帰登板には実験だった?

オレンジカウンティ・レジスター紙も「エンゼルスの大谷はトミー・ジョン手術へ向かう模様」との見出しを取り、「レギュラーシーズンの優勝争いから落ちた今シーズンに大谷を投げさせたエンゼルスに対し、野球界の内外から多くの批判が集まっている。だが、ビリー・エプラーGMは、医師のアドバイスに従って行っていたことを明かしている」と説明。

そして「大谷の肘が本当に回復しているのかを知る唯一の方法は、実際に投げさせることだという考え方もあった。この場合だと発見が早まることになる」と、アストロズ戦の復帰登板には、実験的な意味合いがあったこともほのめかした。

また「エプラーGMは、大谷は医師から許されて投球したが、こうした結果になる可能性があることを認識していた。大谷が投球を開始すれば力強く投げることで(肘を)痛めるリスクがあることも認識していた」という事実も明かした。

「何年も激しく投げれば靭帯にストレスがかかり、リスクを負うことになる。激しく投げることは良いことか。そうだ、打者を打ち取る上では、助けになる。激しく投げることは危険か。その通りで、それは靭帯にストレスをかけることになる」とのエプラーGMの声を伝えた。

いずれにしろ二刀流がしばらく見られないというショックが全米に広がっている。

[via:THE PAGE]
http://news.livedoor.com/article/detail/15269646/

「打者に絞れ」米でも大報道

米メディアが、エンゼルス大谷翔平投手(24)に新たな靱帯(じんたい)損傷が判明したことを大きく伝えた。

地元紙オレンジカウンティー・レジスター電子版など多くのメディアが「恐らく手術になる」と報じ、ニューヨーク・ポスト電子版は「悲痛なニュースだ」とした。

一方米ヤフースポーツは「大谷の肘手術が半分だけ悪い知らせである理由」との見出しで、肘靱帯手術の経験がある医師4人の匿名意見を元に「もし手術をしても、来季は打者としてプレーできる」と前向きな記事を掲載した。

しかし、6月に右肘の内側側副靱帯損傷が3段階で中程度の「グレード2」と診断されてから2日に投手復帰するまでの過程を検証し「球団が今季の故障にどう対処したかを擁護するのは難しい。過去から何も学んでいない」と手厳しかった。

ESPN電子版は「大谷は肘手術後も我々を驚かせる活躍ができるか?」の見出しで「エンゼルス軍が強いチームを作るための第1歩は、大谷は1つ(打者)に絞らせることかもしれない」と論じた。

[via:日刊スポーツ]
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201809060000981.html

ファンが球団に激怒

早期復帰に懐疑的な声が多い中での登板となったアストロズ戦では、初回には最速99.3マイル(約159.8キロ)を計測した速球が3回には89マイル(約143キロ)まで低下。さらなる怪我の可能性が懸念されていたが、悪い予感が的中する形になってしまった。

球団が新たな損傷の発覚と手術の可能性をツイッターで伝えると、ファンは怒りのコメントを寄せた。

「エンゼルスのメディカルチームは、数か月前に手術に踏み切るべきだった」
「一体全体どうしてアストロズ戦で投げさせたんだ」
「文字通り、こうなることはみんな分かりきっていた」
「アストロズ戦で投げるべきじゃなかったんだ」
「ノーーーー!」
「私が今までに受けた最悪の知らせ」
「これで来年も台無しだ」
「いい仕事だったな。集客力があるからって、こうやって選手の腕を壊していくんだ」
「なんだって?」
「最悪」
「寂しい球団だな」
「よくやったよ。復帰を焦らせるなんて」
「ショックだ」
「ホントに最悪な球団だな」
「驚かなかったよ。だって分かっていたし」

二刀流完全復活の期待から一転、最悪のシナリオを叩きつけられたファンは、複雑の気持ちのやり場がないようだった。

[via:Full-count]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00197172-fullcount-base

右肘再負傷も2発4安打に米記者呆然

エンゼルス大谷翔平投手は5日、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。

球団は、試合前に新たな右肘靭帯損傷でトミー・ジョン手術を勧めていることを発表したばかりだったが、打席では2本塁打・4安打・1盗塁と怪我を感じさせない圧巻の活躍を見せつけた。《中略》

今季2度目の1試合2本塁打で、城島健司氏(マリナーズ)が持つ日本人メジャー1年目最多本塁打記録に軽々と並ぶと、米スポーツ専門局「ESPN」のデビッド・スコーエンフィールド記者は、思わず「Ohtani!」ツイート。

「トミー・ジョン手術を回避できない可能性が高いという打ちひしがれるような知らせを受けたショウヘイ・オオタニは、今夜の試合で2本塁打4安打。選手が個人レベルで見せる今季最も素晴らしいパフォーマンスの1つだ。何て素晴らしいアスリートなんだ」と脱帽している。《中略》

米全国紙「USAトゥデー」のボブ・ナイチンゲール記者は、「ショウヘイ・オオタニはエンゼルスがトミー・ジョン手術が必要と発表してから、4打数4安打で2本塁打、3打点。彼が健康だったらどんなことをやってのけるのか、想像できる?」とツイート。

米3大ネットワークの1つ「ABCテレビ」のブラッド・ガッリ記者も、「ショウヘイ・オオタニは昼間、トミー・ジョン手術が必要と知った。その夜にホームラン2本。現実離れしている!」とツイッターで衝撃を伝えている。

ショッキングな悲報を知った当日に、最高の打撃を見せた大谷の底知れぬ凄みに、地元記者も呆然とするしかない様子だった。

[via:Full-count]
https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-197946/

ネットの反応

・どうしてこんなことになったんだよ
・所詮使い捨てなんだよ
・手術をするかしないか見極める為の登板
・これで今年は投げる事は無い オフにじっくり治療出来る 手術はしないよ
・年俸安いから色々やってみて、たとえ失敗してもダメージ少ないんだろうな
・ソーシア監督「日本人にベーブルースの記録越えさせたくなかった」
・使用球の違いの弊害だな 日本もメジャー球に統一しろよ
 >滑りやすいから力が入るんだって
・投げさせたというより、本人が投げたくて仕方がないんだろうし、球団としてはどうしようも無いんじゃね?
・契約で2刀流を最優先でやらせて貰える球団を選択したんだろうし、言ってみれば自業自得と言わざるを得ないわけで
・さっさと手術した方が良いだろ
・給料が激安なのにかなりのインパクト残したな。
・もう30歳まで打者に専念してホームラン王取ればいいよ それからピッチャーしよう
・打撃には支障ないんだろ?もう打者1本でやれ
・手術すると打撃にも影響ありそうで怖いわ
・中4日ならまだしも細心の注意を払って週一登板だったのに壊れちゃうんだもんなあ
・右肘靱帯に新たな損傷って書いてあるから、既存の損傷がひどくなったわけではないだろ 来シーズンまで待っても結果は同じ
・さっさと手術しときゃよかったのに
・よう言うわ、こないだ投げる前までそろそろピッチャーとしての大谷が見たいとか呟いてたくせに
・160キロで投げると、人間の体が壊れることがわかった
・日本人がメジャーに行くとことごとくぶっ壊れるな
・トミージョン手術って一時持ち上げられていたけど最近は復活例少ないよな

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事