SPORTS

HEADLINE

貴乃花親方引退届提出も…相撲協会の「圧力」は誤解の可能性も!?NHK刈屋氏が会見で異例の説得

元横綱・貴乃花の貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、都内で記者会見を開いた。日本相撲協会に「引退届」を提出したことを改めて報告し、決断に至るまでの経緯を説明した。

発端となった貴ノ岩への暴行問題について、協会側から

「告発状は事実無根の理由だと結論づけられた」

「私は告発状の内容は事実無根でないと説明したが、認めないと親方を廃業せざるを得ないと有形、無形の要請を受け続けた。

さらに協会理事会において、すべての親方は、一門のどこかに所属しないと部屋を持つことができないとの決定がなされ、いずれかの一門に入る条件として『告発の理由は、事実無根の内容に基づくものと認める』よう言われ続けた」

と告白。圧力を受けたことを主張し

「真実を曲げてまで告発の内容が事実無根だと認めることは私にはできない」、

「これでは貴乃花部屋に所属する力士たちは相撲を続けることが困難になり、安心して鍛錬、精進することができません。

このような状況において、断腸の思いではありますが貴乃花部屋に所属している力士、床山及び世話人は、全員継承者である千賀ノ浦部屋に所属を変更させて頂き、私貴乃花光司は年寄りを引退させていただくことが最善の道であると苦渋の決断をするに至った次第です」

と明かした。

今後の相撲への関わり方を問われ

「私は、土俵に育てられたので、土俵には携わっていきたい。住まいでもある相撲部屋に土俵はあるので、できる限り存続のままいきたい」

と語る一方で、「協会に残る考えはあったか?」との声には「ありません。相撲には携わっていきたいが、弟子たちがかわいいですので、これからも柔らかな気持ちで見守ってあげたいという思いが強くある」。

新団体設立の可能性についても「ございません」と答えた。

[via:ORICON NEWS]
https://www.oricon.co.jp/news/2120228/full/

相撲協会「圧力ない」

これに対し、協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は同日夜、「(貴乃花親方が)圧力を受けた、と言っているが、そのような事実は一切ない」と反論した。

協会は、退職を届け出た文書の形式に不備があるとして受理していない。

貴乃花親方が告発状を内閣府の公益認定等委員会に提出したのは今年3月の春場所直前。

前年秋に日馬富士が起こした傷害事件に絡み、対応の責任を問われて懲戒処分を受けていたが、その際に協会の調査が親方ら内部の関係者で行われたことなどが不透明であると主張。

内閣府に対し、協会への立ち入り調査などを求めていた。しかし、春場所中に弟子が暴行問題を起こした責任を取る形で告発状を取り下げていた。

貴乃花親方側の主張によると、この後、告発状の内容について協会が独自に調査。8月に、貴乃花親方側に「訴えは事実無根だ」とする内容を通告したという。

協会理事会は親方衆に対し、五つある一門のいずれかに所属するよう決めており、貴乃花親方が一門に所属して協会に残るには、告発状の内容が事実無根だったと認めるよう迫られた、と訴えている。

これについても、芝田山広報部長は「一門に所属して一緒にやろうと何回も説得した。事実無根だと認めなければ一門に入れない、と圧力をかけた事実はない」と説明した。

[via:朝日新聞]
https://www.asahi.com/articles/ASL9T4H2DL9TUTQP00W.html

協会の追放工作か

協会は7月下旬の理事会で、全ての親方や力士は9月27日の理事会までに5つある一門のいずれかに所属しなければならないと決定した。

協会から各一門に助成金が支給されている以上、無所属の親方が複数いるのは体裁が悪いとの理由だった。

一門所属を義務づける決定は公表されず、各一門代表の理事から親方衆に通達されただけ。貴乃花親方がこの事実を知ったのは、今月の秋場所序盤としている。

電話で伝えた中堅親方は「彼(貴乃花親方)には何も情報が入っていない。“本当ですか?”と驚いていた」と明かした。

協会は「圧力」の事実を否定したが、無所属のままならば部屋閉鎖や一代年寄剥奪とする案もささやかれており、あらゆる条件を付けて「追放工作」を図ったようにも映った。

[via:スポニチアネックス ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000013-spnannex-spo

「圧力」は誤解の可能も

突然の貴乃花親方の引退宣言の裏で、何があったのか。協会の内情に詳しい関係者は語る。

「貴乃花親方は6月に貴乃花一門を自らの意思で離脱し、現在は無所属となり、旧貴乃花一門は阿武松グループに名称を変更していました。

しかし、一門ではない阿武松グループは協会から助成金も得られず、知名度も現役時代の実績もある貴乃花親方を、協会としてはいつまでも“浮いた存在”にしておくわけにもいかない。

そのため、協会は今週27日の理事会で貴乃花親方と阿武松グループをどこかの一門に引き取らせる方向で協議する予定でした。

各界や一部マスコミ関係者の間では、どこが引き取るのかと密かに話題となっていましたが、まさか貴乃花親方が突然引退を発表するというのは予想外の展開で、みな驚いていますよ。

正直、今の貴乃花親方は完全に暴走している感があり、各界内に援軍が出てくるとは考えにくいです」

「圧力」はあったのか

では、貴乃花親方が主張するように、協会からの「圧力」はあったのだろうか。

「協会としては、貴乃花親方を今のような不自然な立場に置いておくと、また何をしでかすかわからないので、旧貴乃花一門と一緒にどこかの一門に入れることでコントロールできる状態にしようとしていたのです。

なので、結果として貴乃花親方が排除されたかたちになったとはいえ、協会側が意図的に排除しようとまでは考えていなかった。

もっとも、協会内、さらにいえば理事会の内部も一枚岩ではなく、貴乃花親方に共感する人もいれば、逆に“貴乃花親方憎し”の人もおり、なかには『貴乃花親方を絶対許すべきではない』と話す人もいます。

そういう声が貴乃花親方本人の耳にも入り、さらには、告発状は事実無根とする報告書や、一門に入らなければ親方ではいられないという理事会の決定なども重なり、『圧力を受けた』と感じたのではないでしょうか」(別の関係筋)

相撲ジャーナリストの荒井太郎氏は、次のように語る。

「なぜ突然、貴乃花親方はこのタイミングで拙速に引退を発表したのか、真意が図りかねます。

芝田山広報部長は会見で、貴乃花に圧力をかけた事実はないと言っていますし、27日の理事会で所属する一門が決まっていない貴乃花親方の処遇について協議する予定だったとしており、協会側はきちんと手続きを踏もうとしている。芝田山広報部長の説明は具体的だと感じました」

25日時点では、協会は貴乃花親方に引退届ではなく退職届を提出するよう求めており、今後の展開が注目される。

[via:Business Journal]
https://biz-journal.jp/2018/09/post_24898.html

会見で“異例”のお願い

質疑応答で、アナウンサーとして大相撲中継も担当し、現在は解説委員のNHK刈屋富士雄氏(58)が「親方、かなり誤解しているんじゃないかと思って今(質疑応答を)聞いているんですよ」と切り出した。

「告発状の内容をすべて事実無根と認めなければ、親方としてやっていけないとか、一門に所属できないということを、相撲協会が総意として決めることは、まず考えられないと思って。

8月7日の文書を協会側の調査によって事実無根と結論付けたわけですが、告発状を出した親方には親方なりの真実があるわけで。でも告発状を取り下げて、その騒動の処分を受けているわけですよね。

その上で、事実無根と認めなければ、親方としてやっていけないなんてことは、たぶん協会の総意ではなく、一部の理事、一部の役員の考え方じゃないかと思うんですよね。

引退届を受け取った協会の人が『これは誤解だ』と、あるいは『ちょっと話し合おう』という形で、いろいろな話し合いを求めてくる可能性もあると思うんですよ。その話し合いには是非、応じてほしい」

「貴乃花親方が一門に所属しない件も含めて、僕は今場所中、いろいろな親方の話を聞いて、やはり(貴乃花)親方を残したい、応援したいという人は半分以上いると思うんですよ。

だから、今はもう辞めると思っているかもしれませんが、もう1回、もし協会が『話し合おう』という時には是非、話を聞いてもらいたい。30年来の付き合いとして、これは質問というよりはお願いです」

貴乃花親方はうなずくように聞き入り、頭を下げた。

貴乃花親方に“翻意”を促すような刈屋アナの“異例の説得”に、インターネット上でも「胸熱」「相撲愛が伝わる“質問”だった」などの反響があった。

[via:スポニチアネックス]
http://news.livedoor.com/article/detail/15356011/

退職願提出に応じない意向

大相撲の元横綱 貴乃花親方は、日本相撲協会から改めて提出が求められている退職届について、現時点では提出しない意向であることがわかりました。貴乃花親方の代理人の弁護士が明らかにしました。

[via:NHK]
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180926/k10011644531000.html

【動画】貴乃花親方 引退会見ノーカット版

ヤフコメの反応

・これは、刈屋さんにしかできない説得。そして、記者会見での質疑の形を借りた、協会側への呼び掛け。これで話し合いにならないようなら、本当に悲しい。

・刈屋さんの人の意思が伝わってることを願いたい。

・貴乃花の事を思う人も居ることは確か。貴乃花が続けられないようにした感じが強く感じる。

・貴乃花親方の性格を考えると…確かに誤解なのかもしれないな。まあ実際にあったことはないからわからないけど…。ここまでに至る経緯を考えると間違いなく相撲界に問題があるんだろうなとは思う。

・刈谷委員の言葉は貴乃花だけでなく、親方たちにも向けられた言葉です。

・刈屋さんは日馬富士事件の時に、協会寄りのコメントをしているのを聞いて、心底失望をしたのを覚えています

・NHKは相撲協会と癒着してんじゃん。NHKやマスコミは、日馬富士の傷害事件を隠蔽しようとした八角をなぜ批判しないんだ?ことの発端はここだぞ。これで八角が解任されたら状況も変わっただろうに。

・刈屋氏は立場ではないことを重々承知しながらも思わず出てしまった、ということだろう。これはNHK職員として、あるいは長年相撲に関わってきた者として、というよりもいち相撲ファンとして貴乃花という稀有な存在を失いたくないという率直な気持ちだったに違いない。

・貴乃花は良くも悪くもただ一本道を行く事しかできない人なのかもしれないが、頑なになりがちな所で視野が塞がれることのないように…と願うばかりです。

・貴景勝は嫌がらせで三賞もらえなかった。これに貴乃花はこのままでは弟子の出世を自分が阻むことになると思ったんだと思うよ。

・弟子のことを第一に考えればこの道しか無かった。相撲に対する想いがそれほどに強いということなのかもしれない。

・真実だからこそ職を辞してまで考えを曲げなかった。貴乃花親方はガチンコ相撲や日本相撲協会はやっぱ八百長集団やわ

・刈谷さん曰く「協会が総意として決めたとは考えづらい」でも協会のお得意の「理事らの総意」があったからこうなったんで、会見の場で言われてもと思います。NHKは相撲の放映権を我々の受信料から支払っているわけで、貴ノ岩の暴力事件以降も協会寄りで放送し続けていました。今更 親方に涙声?で「お願い」しても遅すぎませんか?協会をつけ上らせた 公共放送としてのNHKの責任も大きかったと思います。

>一部の理事、一部の役員の考え方
・第三者委員会で明確化しましょ、そこが未来に持ちこしてはいけない膿だ。

・貴の岩暴行事件の実行犯は日馬富士だが、教唆した主犯は白鵬という事実を相撲協会が隠蔽しようとしていることが問題と思うわ!

5ちゃんの反応

・協会の代弁者なだけじゃんw
・日馬富士暴行事件のときは、協会擁護、貴乃花批判を繰り返してたくせにな
・散々叩いてたクセに何を言ってるんだか…
・いいのか、わるいのか、分からんけど 刈谷アナは、ちょくちょく私見を挟むよな
・突然何言ってるんだ・・・と思ったけど世間の反応は違うんだな
・普通に考えて一記者が自分の考え押し付けて質問終わるとかありえないだろ
・総意でないって言うのならその親方や理事の名前あげてみなよ どうせできないでしょ
・協会はこんな回し者を会見に忍ばせてたのか!ほんとドン引きだわ
・一部の理事の暴走ならそれはけしからんて当時から反対の声があがらないとおかしい
 >一部の人間とやらが一番上にいたらどうしようもないからな
・だったら退職願いなんか出すわけないわな 総意でほぼ間違いないよ
・いや、もうキチガイ協会には関わりたくないだけだろ
・こいつもそうだが、NHKは相撲協会よりが露骨すぎだろ
・NHKって協会のスポークスマンなの?
 >外部理事にNHK出身者が歴代入ってる
・貴乃花は話が通じる相手じゃないよ
・聞く耳を持つって大事なこと
・だれもこいつがあっさり止めちゃうとは考えてもなかったんだろうなw
・協会的には貴乃花が辞めるのは喜ばしい事。問題は協会がバッシング受ける事。なので、あくまで貴乃花が悪いと印象づけるために正式書類も書けないとバッシングする事で逸らそうとしている。
・一門とか親方とか部屋とか何もかも狂っている
・貴ノ花は元気になったら大日本相撲というガチの別団体を立ち上げてほしい。

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事