SPORTS

HEADLINE

イチロー引退に涙したゴードンが地元紙に異例の全面広告「愛してるよ」 ちょっと危険な師弟愛w

マリナーズのディー・ゴードン内野手が米国での開幕戦を迎えた28日(日本時間29日)、同日付の地元紙「シアトル・タイムズ」に“師”と仰ぐイチロー外野手への感謝を綴った全面広告を掲載した。

メジャーでは、移籍した選手が古巣へのメッセージを全面広告で伝えるケースは少なくないが、引退したプレーヤーに同僚が惜別の思いを綴るのは異例だ。

「シアトル・タイムズ」に掲載された全面広告には「THANK YOU, ICHIRO.(イチロー、ありがとう)」の文字が大きく刻まれている。

その上には、21日のアスレチックス戦(東京ドーム)でイチローとゴードンが抱き合う写真を配置。

この試合、いったんは8回の守備に就いたイチローは、交代を告げられるとダグアウトまで走って戻り、迎えたマリナーズの選手やスタッフ一人一人と抱擁を交わした。

東京ドームが大きな拍手に包まれた、イチローの感動的な“ラストシーン”だ。抱擁の輪から離れ、頭を抱えながら二塁方向に一人歩いたゴードンが、大粒の涙を流す姿もファンの心を打った。

さらに、広告の右下にはイチローがマーリンズ時代の2016年にメジャー通算3000安打を達成した時の写真も。これもゴードンとの抱擁写真。

イチローが三塁打で金字塔を打ち立てた場面で、ベンチから飛び出して真っ先に抱きついたのがゴードンだった。どちらもゴードンの背後から撮影された写真で、対照的なイチローの表情も印象的だ。

「親愛なるイチロー。まず最初に最高の友達でいてくれて、そして今でも一番好きな選手でいてくれたことにありがとうと言わせてください」

とスタートする長文のメッセージは、イチローとの思い出や感謝の気持ちで埋め尽くされている。

2015年にマーリンズで同僚となってからの5年間で、どれだけイチローに助けられたかも綴っており、“レジェンド”への敬意が溢れている。

最後は「Your brother」と締めくくったゴードン。

米国に帰国後、ファン感謝イベントでは「はっきり言って、最後になってほしくなかった。この5年間、毎日、彼と一緒にいたから。とても特別なシーンだった」とイチローへの思いを吐露していたが、地元紙の全面広告というサプライズで感動を呼んでいる。

[via:Full-Count]
https://www.excite.co.jp/news/article/Full_count_330213/

粋な計らいの舞台裏


マーリンズ時代の二人

2015年からマーリンズで3年間、昨季からマリナーズでチームメートとなったゴードン。敬愛するイチローへの愛情は本物だった。

思い立ったのは21日のアスレチックスとの日本開幕戦後だったという。イチローの現役ラストゲームとなったこの試合では8回の守備時に、背番号51の交代が告げられると、ファンファーレが鳴り響いた。

チームメートと抱擁を交わす中、ゴードンは深々と一礼。「ノー! カモーン」とイチローに言葉をかけられた愛弟子は笑顔で抱擁。そこから、二塁ベース近くで号泣した。

「時差ぼけのような感じだったある夜に、眠れなくて、真夜中に代理人にメッセージを送ったんだ。これがしたいんだ、と彼に伝えたんだよ」

代理人を通じて、新聞社に3月23日に全面広告の打診を済ませたゴードン。米国ではSNSを通じて、選手たちはイチローへの思いを表明していたが、2人の師弟愛はそこに止まらなかったという。

「インスタグラムの投稿で書いたりすることは考えなかった。本当に意味のあるものにしたかった。彼はおそらく見ないだろうからね」

異例の行動に出たゴードンだが、決断の直後にも細やかな心遣いを見せている。

「これはちょっとやり過ぎかもしれないと思ってね。だから、彼(イチロー)にメッセージを入れたんだ。

『ヘイ、ちょっと色々やってしまったことがあったんだけど、もしも気に入らなかったら、ごめんなさい。でも、もうやっちゃったよ』ってね」

ゴードンはこう語ったという。記事では「ゴードンは凄まじいほどにプライベートを見せないイチローが気に入らずに、怒るのではないかと心配していた」と報じている。

師匠は異例の感謝を素直に受け入れたという。「彼は気に入ったんだ。驚きだったよ」粋な計らいの裏側を語っていたゴードン。背番号51に対する尊敬の気持ちは本物のようだ。

[via:Full-Count]
https://www.excite.co.jp/news/article/Full_count_330213/

ゴードンのメッセージ全文

親愛なるイチローへ

まず最初に。私の素晴らしい友達で、今でも一番好きな選手でいてくれてありがとう。

私が野球を始める前、「自分みたいに痩せた選手がいるんだ。だったら自分も出来るはず!」と思いながら、あなたを見ていたことを覚えています。あなたは、私が野球を始めるきっかけを作ってくれました。

あなたは、エイボン・パーク(米フロリダ州、ゴードン選手の出身地)に住む少年のアイドルでした。野球のテレビゲームの選手に、あなたにちなんだ名前をつけたこともありました。

(16歳だった)2004年、ヒューストンで開催された球宴で初めてあなたと会いました。午後3時ごろ、父とグラウンドに出たら、あなたはすでにウォームアップをしていましたね。球宴なのにですよ!?そんな選手、あなた以外にいませんでした。

パワーヒッター全盛期のなか、あなたは自身の信念、そしてなにより、あなたを作り上げた文化に忠実でした。他の選手より、身体が小さくても、なんだって出来る!あなたは、そう教えてくれました。

そして2012年。ドジャース(ゴードン選手が過去に所属)がシアトルに遠征したときのこと。私は遊撃のポジションから、あなたの動きをずっと見ていました。あなたの通算安打の積み上げにも貢献しましたよね。

あなたに夢中になって守備に集中できなかったのです(ドジャースのみなさん、ごめんなさい。でもイチローだもん。わかるよね?)。

翌日、あなたはヤンキースに移籍してしまいました。ショックでした。でも2015年、私がマーリンズに加入すると、数日後、あなたもやってきたのです!

興奮しました。「イチローと一緒に野球ができるなんて、マジかよ? 俺が?」と。あなたに会いたくて、ジュピター(フロリダ州、マーリンズの春季キャンプ地)に予定より早く向かいました。

あなたにドキドキしながらあいさつすると、「君の助けになるよ」と言ってくれましたよね。うれしかったです。「オレは“イチ”と一緒にプレーしたんだぜ!エイボン・パーク出身のオレがだよ??」。私の自慢です。

この5年、あなたの存在が私にとってどれだけ大きかったのか、みんな分かっていません。イチ。これまで、私の人生にはうれしいこと悲しいこと……いろいろなことがありました。

でも、あなたの友情はまったく揺らがなかった。いつだって私のそばにいてくれた。私が不当な扱いを受けたときだってね。

あなたへお礼を伝えるのに、ツイッターやインスタグラムは適していないと思いました。だから、わたしはこういう形(新聞広告)であなたへの気持ちを表現しました。

あなたの友情、教えがなかったら、そしてあなたが“秘密”を教えてくれなかったら(誰にも言わないよ)、いまのディー・ゴードンは存在しません。

愛しているよ、ブラザー!あなたはいつまでも、私の人生の一部です。これからもオフの日は、私と一緒に打撃練習をしてくださいね。それが出来なくなることは、さびしいから。あなたを頼ることが出来なくなることも。

あなたのブラザー
ディー・ゴードン

[via:https://www.asahi.com/articles/ASM3Y2P89M3YUTQP001.html]

ゴードン イチローとの出会いを語る

米大リーグ、マリナーズのファン・フェスタ(ファン感謝イベント)で、ディー・ゴードン内野手が強烈なエピソードを披露し、爆笑を誘った。

会場を爆笑の渦に巻き込んだのはファンとの質疑応答の時だ。「イチローとの一番お気に入りの思い出は?」との質問にゴードンはニヤリと笑い、「この話は僕の度肝を抜いたんだけどね」と前置きしてから同氏がマーリンズに入団した年、2015年のキャンプでの出来事を話し始めた。

「僕はすぐにあいさつするためにキャンプイン1週間から施設で待ち続けたんだけど、結局、やって来たのは1日前だったんだ。

彼がロッカーに入ってきた時、僕以外には誰もいなかった。僕は彼の方へ近づいて行き、『ミスター・イチロー、初めまして。ディーと申します』って言ったら、『WHAT‘S UP, MY NIZZLE?(調子どうよ、兄弟)』って返してきたんだ」

『NIZZLE』は黒人同士が親しみを込めて使用する俗語だが、人種が異なると差別発言になりうる言葉とあって会場は大いに沸き、司会進行役は笑いが止まらず。

ゴードンも思い出し笑いしながら「それ聞いた瞬間、『えーっ』みたいな。『これで俺たちは友達だよね。それいいね』って」と話すと、再び、会場は笑いに包まれた。

[via:デイリースポーツ]
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00000157-dal-spo

ネットの反応

・これは恋やなもう
・完全に恋文
・これはずるいww
・おいおいプロポーズか
・もう黒い川崎だろ
・泣いた(ノ_・。)
・まじでイチロー選手を敬愛してて凄いわ
・引退時にお辞儀してイチローに来いよって言われるまで抱きつけなかったのもゴードンかわいいw
 >マーリンズ時代に3000安打達成した時に真っ先に抱きついたのがゴードンな
・ステロイドでムキムキだらけのなかで勇気づけられるよなイチローの存在は
・イチローが草野球はじめたら、助っ人として来日しそうなレベルw
・これはもうホ◯とかそんな次元を超越してますね…
・最初は洋風川崎やんと笑って読んでたけど普通に感動する文章やったわ
・川崎は負けじと神戸新聞の一面を買い取るべき
・イチローは自虐で人望ない言うとるけどそんなことないよなあ

【関連リンク】
ジーター氏がイチローへの想い綴る 「何よりも胸に刻まれている」時間とは | Full-count

関連商品

コメントする

関連記事

このカテゴリの最新記事